自治体ガバナンス(’13)

主任講師: 稲継 裕昭

自治体のガバナンスを分析するための様々な知見を紹介し、そうした分析方法を理解し身につける。そのため、多くの研究者へのインタビューを想定している。また、先進的自治体で試みられている様々な自治体ガバナンスの取り組みを紹介し、新たな自治体間のネットワークの構築を試みる。 検討中リストに追加

各回のテーマと放送内容

※テーマをクリックすると授業内容が表示されます。

第1回 自治体ガバナンス
講義全体のイントロダクション。住民とその公選代表である首長やその他の執行機関、もう一つの住民代表である議会。自治体の活動は誰がどのように行っているのか、誰がガバナンスの責任者なのか、ひいては、自治体は誰のものなのかを考える。また、自治体の活動はあるサイクルを持って展開される。4年毎に行われる選挙のサイクルと、1年毎に編成される予算のサイクル、個別政策のサイクルがある。これらがどのように交錯するのかについて検討する。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)
第2回 国と地方の関係
国と地方の関係は、1990年代以降大きく変わりつつある。包括的地方自治ガバナンス改革としての分権改革の実績と課題について検討する。今後の国と地方の在り方を考える。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)
第3回 自治体の制度
憲法と地方自治法にある現行の自治体の制度とその歴史的背景を説明する。とくに、都道府県と市町村の制度とその特例、中央政府と自治体の関係などを中心とし、自治体制度と民主主義の発展の関連について考える。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)
第4回 議会と議員
自治体議会の制度と議員の役割などについて考える。これとの関連で自治体の選挙制度やその実際、法律と条例の関係、住民投票や直接請求などの制度的な直接参加の仕組みについても考える。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)
第5回 首長と執行機関
自治体の首長と執行機関の関係について考える。公選首長の意義と実際について説明し、内部部局の編成原理や自治体の政策過程、意思決定プロセスなどについても言及する。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)
第6回 自治体の組織
首長を支える行政機構について考える。組織編制はどのような観点からなされるのか。県や市の実例を示すと共に、県レベルにおける組織が多様化していることを見る。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)
第7回 二元代表制
二元代表制のもとで、首長と議会はどのような抑制・均衡の関係にあるのかをみる。また、首長選挙では国政与野党の相乗り候補が多いことを、上の抑制・均衡の観点から考える。さらに、議会代表を首長にするような議会内閣制の議論を紹介する。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)
第8回 人事行政
自治体職員の採用・研究・昇進・退職など、人事全般に関する問題を、自治体職員と国家公務員との対比などを盛り込みつつ考える。自治体職員に必要な専門能力との関連で、政策法務の問題なども扱う。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)
第9回 税財政構造と予算管理
マクロな税財政構造を説明した上で自治体の予算編成をめぐる問題を考える。歳入と歳出について基本的な理解を得ると共に、予算編成のスケジュールと決算過程、および最近の自治体における予算改革について理解する。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)
第10回 自治体改革
分権改革と並行して進められた自治体自体の改革の諸様相を考える。NPM理論に基づく考え方、エージェンシー化、指定管理者制度などの具体的事例についても検討する。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)
第11回 自治体と市民参加、コミュニティ
自治体とコミュニティの関係を、住民組織やNPOの役割、住民参加と情報公開のあり方、などについても検討する。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)
第12回 福祉政策と自治体
自治体の福祉行政をめぐる問題を考える。これからの高齢社会と少子社会における福祉政策の中心となる、地域福祉計画と介護保険事業との関係を考える。さらに、福祉におけるガバナンス改革とボランタリズムについて理解を深める。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)
第13回 自治体のネットワーク
自治体の近隣自治体との関係、市長会や議長会など自治体間の水平的全国組織や国際組織など、自治体の「ネットワーク」と政策との関連をめぐる諸問題を検討する。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)
第14回 地方自治の歴史
「地方自治は民主主義の学校」という理念が語られるが、実際の地方自治の歴史はどうであったのか。地方自治の歴史をたどりながら、理念と現実について検討する。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)
第15回 国際比較
日本の地方自治のあり方の特質を明らかにするには、諸外国の地方自治との比較検討が必要である。ヨーロッパにおける地方自治をめぐる動きやアジアでの動きと比較しながら、日本の自治体の特質を考える。そのうえで、最終回として自治体ガバナンスは誰の責任か、誰のものかについて改めて考える。
担当講師: 稲継 裕昭 (早稲田大学教授)

放送メディア:

テレビ

放送時間:


2016年度 [第2学期] (木曜)
13時00分〜13時45分

単位認定試験 試験日・時限:

2016年度 [第2学期]
2017年1月21日 (土曜)
2時限 (10時25分~11時15分)

開設年度:

2013年度

科目区分:

大学院科目

科目コード:

8930651

単位数:

2単位
このページの先頭へ