数理科学(’15)

主任講師: 石崎 克也

数理モデルの中で数学がどのような役割を演じているかを理解し、さらに一般的なモデルを構築する場合にどのような数学が必要か考える習慣を身につけることを目指す。講義の中では、離散方程式の数学の理論構築を体験する場面もあるが、具体例や、微分方程式と比較しながら地に足を付けた学習を身につけることを目標とする。考え方を整理する際の図式化などの工夫や、定理や命題を可視化するよう心がける。 検討中リストに追加

各回のテーマと放送内容

※テーマをクリックすると授業内容が表示されます。

第1回 離散方程式・実数の性質
基本的な数理モデルの紹介をして、本講義の流れや問題意識を解説する。反復合成によって描かれるフラクタル図形やMathematicaによるグラフィックスなどを紹介する。本節の後半では、実数変数関数を取り扱うために必要な実数の基本性質を学ぶ。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)
第2回 差分法
離散方程式の学習のための第一歩として、差分法の演算について学ぶ。微分法との比較を心がけ、類似点や相違点を整理する。差分法における、差分演算子表現とシフト表現を体験する。線形関数方程式論で重要な関数の一次独立性について学ぶ。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)
第3回 級数・ポアンカレの方程式
1章で学んだ数列の無限和(級数)を考える。離散的な独立変数をもつ関数方程式として知られる数列の漸化式は、微分方程式やq-差分方程式における形式級数解の係数問題で登場し、ポアンカレの方程式に含まれる。ポアンカレの方程式の解法や解の性質について学ぶ。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)
第4回 和分法
差分法の逆演算として和分法を学ぶ。微分積分学に現れる性質との類似点と相違点の把握につとめる。特に、和分法で重要な役割を果たすガンマ関数、プサイ関数の性質を理解する。また、1階線形微分方程式と比較しながら1階線形差分方程式の解法を説明する。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)
第5回 離散変数の数理モデル
離散変数関数(数列)を解に持つ差分方程式で記述される数理モデルを取り扱う。平衡値や安定性などを学習し、解の大域的性質を特徴づける方法を学ぶ。たとえば、種の単一モデルなどはその典型的なものである。モデルでは種を取り巻く環境変数などを調節することで、安定した状況を作り出せることを学ぶ。また、人口の増加・減少を記述するモデルや、景気循環のモデルも紹介する。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)
第6回 連続変数の差分方程式
微分方程式と差分方程式の関係を考察する。それぞれの方程式性質を損なわないように他方の方程式を導き出すことを問題意識におく。ゲージ変換を用いて、リッカチ方程式から差分リッカチ方程式を導き出す方法を紹介する。また、連続極限法を用いて差分パンルヴェ方程式からパンルヴェ方程式を導く操作を学習する。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)
第7回 複素関数論からの準備
離散方程式の解の性質、関数の反復合成による軌道の振る舞いを調べるために、複素関数論からの準備を行う。複素数平面上での関数の微分積分、ベキ級数やローラン展開による関数の表現や、孤立特異点の分類や解析接続を学習する。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)
第8回 関数の近似と増大度
超越関数の表現にベキ級数展開があり、ある点の近くで、多項式で超越整関数が近似できる。微分方程式では、ベキ級数を利用することは、解の構成の有力な手段のひとつである。差分方程式の取り扱いに有効な展開として、2項級数を学ぶ。古典的なヴィーマン-バリロン理論を再構築し差分方程式に適用できるように試みる。複素平面での関数のとりうる値を記述したネバンリンナ理論を学習し、差分作用素に対応した形への理論構築も学習する。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)
第9回 線形方程式とニュートンの折れ線
微分、差分、q-差分の3種類の多項式係数複素線形方程式を概説する。これらの方程式は、係数の多項式から定まるニュートンの折れ線の傾きによって解の性質が運命づけられている。図形的な性質と整関数解の増大度について、3種類を比較しながら分析する。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)
第10回 超・超越性
有理関数、指数関数、三角関数などの初等関数は代数的微分方程式を満たす。一方、ガンマ関数は1階の差分方程式を満たすが、いかなる代数的微分方程式も満たさない。このような性質を超・超越性といって、新しい超越関数を見いだす時のひとつの指標になる。ここでは、ガンマ関数を通して、超・超越性を解説する。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)
第11回 非線形差分方程式
リッカチ方程式は、非線形微分方程式の中で最も基本的なものの一つである。特に、線形2階同次微分方程式との関わりは重要である。この章では、微分方程式論と比較しながら、差分リッカチ方程式と線形2階同次差分方程式の関係を学ぶ。また、代数的常微分方程式の中で解の存在と次数の関係をあたえるマルムクィストの定理に対応する非線形差分方程式論の中での議論を学習する。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)
第12回 フラクタル図形
部分が全体であり、全体が部分からなっている自己相似図形(フラクタル図形)について解説する。このような図形は、自然界にも多く存在する。また、複素平面上のグラフィックスを利用して、複素関数の反復合成で描くことのできるフラクタル図形も紹介する。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)
第13回 複素関数の反復合成
複素関数で描かれるフラクタル図形は、幾何学的美しさのみならず、数学としての研究対象としてもきわめて重要である。ここでは、有理関数と超越整関数のジュリア集合やファトウ集合をとりあげ、そこにある興味深い問題を紹介する。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)
第14回 合成関数方程式
複素力学系を議論する上で、重要な役割を演じる周期点を分類する。複素関数の反復合成で記述される軌道の振る舞いを、関数方程式を利用して解き明かしていく。後半では、ファトウ集合の特徴づけを行い、関数列の極限関数と、これに対応するジュリア集合の関係を見ていく。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)
第15回 複素関数の振る舞いの可視化
実関数はグラフを用いてその振る舞いを可視化することが可能である。しかしながら、複素関数においては必ずしも容易ではない。2つの複素関数がある関数方程式で結ばれている場合の両者の複素力学系的性質を考察する。また、関数に含まれる媒介の変化によるジュリア集合などの変化をグラフィックスを通して観察する。
担当講師: 石崎 克也 (放送大学教授)

放送メディア:

ラジオ

放送時間:


2017年度 [第1学期] (日曜)
1時30分〜2時15分
2017年度 [第2学期] (日曜)
13時00分〜13時45分

単位認定試験 試験日・時限:

2017年度 [第1学期]
2017年7月22日 (土曜)
3時限 (11時35分~12時25分)

単位認定試験 試験日・時限:

2017年度 [第2学期]
2018年1月19日 (金曜)
4時限 (13時15分~14時05分)

開設年度:

2015年度

科目区分:

大学院科目

科目コード:

8960623

単位数:

2単位
このページの先頭へ