健康福祉指導

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

この授業では、受講者が、自身の健康を決める力を身につけ、健康にかかわる問題が起きて選択にせまられた時に、こうした力を活用しよりよい生活を送れるようになることを最終目標とする。... 詳細へ

リハビリテーション医学の基礎知識を身につけ、リハビリテーション概念、評価およびアプローチと、実施上の留意点を理解する。... 詳細へ

公衆衛生学は、組織された地域社会の努力を通して、疾病を予防し、生命を延長し、身体的、精神的機能の増進をはかる科学であり技術である。15回の講義を通じて、公衆衛生学について理解することを目標とする。... 詳細へ

認知症とはどのような状態であるのかなど、認知症に関する基本的な理解を得ることができる。認知症の人とかかわる上で重要となる知識を身に着けることができる。認知症の人、家族、介護者が地域の中でどのように暮ら... 詳細へ

メンタルヘルスの領域における基礎知識を身につけ、さまざまな問題にとりくむための基本的な能力を養うことを目的とする。... 詳細へ

超高齢社会における人生の生き方を、自分自身の問題として考えると共に、人々が支えあって暮らしていく社会を作るにはどうしたらよいのかを、みんなで議論し、行動する姿勢を身につけることができるようにすることが... 詳細へ

1. 看護学の基本となる概念について理解する2. 看護学における対象論を理解する3. 看護学領域における倫理上の諸問題を理解する4. 看護実践の基礎理論と展開方法概論を習得する... 詳細へ

1.Evidence based Nursingについて理解を深める。2.わが国における看護専門職者として役割を果たすために必要な基本的看護技術に関する知識と理解を深める。3.わが国における保健... 詳細へ

在宅看護の目的や役割、対象や看護の特徴、在宅看護に関連する制度やケアシステムなどを体系的に理解し、対象者の特徴に応じた看護の提供方法や技術について、事例や実践の映像をとおして学ぶ。... 詳細へ

本講義を通じて、障害者を特別視せず、ひとりの人間としてとらえ、芸術などの余暇活動も含め、障害者の生活についての知識を得ることを目標とする。また共生社会の実現に向けて、障害者権利条約に現れている近時の人... 詳細へ

私たちの健康や生活をとりまくさまざまな社会状況について取り上げながら、納得のいく医療を受け、社会や環境を健康的によりよく変えていくための視点、考え方、行動、スキルについて、学生らが自分自身の問題として... 詳細へ

睡眠不足や睡眠の不規則性に伴う日中の眠気や作業能力の低下、あるいはストレスなどで眠れなくなる不眠は、誰しも日常的に遭遇する問題である。適切な睡眠を得ることは、身体にとって栄養補給と同じく不可欠である。... 詳細へ

運動に関わるヒトの機能や運動・スポーツに対する身体の応答や適応について、運動生理学的な基礎知識を習得するとともに、運動・スポーツを計画・実践する基礎を身につけ... 詳細へ

化学と生物学に基づき、食品の栄養性ならびに生理機能性を理解する。また、食品の健康維持、ならびに疾病との関連を学習し、病気の予防についての理解を深める。... 詳細へ

交通機関の発達、生活様式の変化、そして医療技術の進歩や医療行為に伴い現代社会に脅威を及ぼしている感染症の特徴を正しく理解するとともに、これら感染症などに対処するためにヒトが有している免疫システムの特徴... 詳細へ

さまざまな死生の現場で直面する問題について知識を習得するとともに、自らが直面する生き死にの問題について避けることなく取り組み、人生を切り開いていくための死生観や問題対応能力を養うことをめざす。... 詳細へ

このページの先頭へ