福祉コーディネータ

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

本学で開講する家族に関連する複数の科目のベースとなる家族社会学の骨格を示す。家族の基礎理論、歴史、親子関係、夫妻関係、ジェンダー、社会変動と家族、地域と家族、国家と家族など、家族を理解するうえで欠かせ... 詳細へ

現代の家族生活のポジティブな面とネガティブな面の双方に目配りしつつ、日常的な家族生活で生じる具体的家族問題について取り上げ、その実態の理解を深めるとともに問題への現実的な対処や支援に関する方法を検討す... 詳細へ

① 知識としての国際ボランティア活動ではなく、自らも参加できる国際ボランティア活動であることを知る。② 国内外における国際ボランティア活動の多様な実践を知り、身の回りでも自分の... 詳細へ

この授業を、政策論や援助技術論「以前」のところで、貧困を静かに考える機会にしたいと思う。なぜ彼はあのように言うのか、なぜ彼女はあのようにふるまうのか、そうしたことには必ず理由がある。それを理解する手掛... 詳細へ

公衆衛生学は、組織された地域社会の努力を通して、疾病を予防し、生命を延長し、身体的、精神的機能の増進をはかる科学であり技術である。15回の講義を通じて、公衆衛生学について理解することを目標とする。... 詳細へ

認知症とはどのような状態であるのかなど、認知症に関する基本的な理解を得ることができる。認知症の人とかかわる上で重要となる知識を身に着けることができる。認知症の人、家族、介護者が地域の中でどのように暮ら... 詳細へ

社会福祉は、すべての人が生きていく上で必ず利用する制度やサービスです。できるだけ身近なものを紹介しつつ講義を展開していく予定です。受講生の方も、子ども時代に自分自身が身近に経験した状況を思い出し、そこ... 詳細へ

超高齢社会における人生の生き方を、自分自身の問題として考えると共に、人々が支えあって暮らしていく社会を作るにはどうしたらよいのかを、みんなで議論し、行動する姿勢を身につけることができるようにすることが... 詳細へ

現在のグローバリゼーションの進展下での各国のダイナミックな対応を示し、海外の社会保障・社会福祉への理解を深め、また、わが国への示唆を得る。... 詳細へ

講義を通して、保育・教育の専門職者(保育士、教諭)が保育所や幼稚園で担当している乳幼児の指導をより豊かなものにするための基本原理と指導方法を学ぶとともに、乳幼児にかかわる父母ӥ... 詳細へ

女性たちの多様な生き方や働き方を学びながら、個人がキャリアを形成していくうえで直面する障害や課題、それを乗り越えるための支援やネットワーク、必要な情報の収集・活用方法についての基礎知識を... 詳細へ

・事実としての社会福祉が、なぜ現代社会に存在しているのかを、人々の生活と社会のあり方から理解する・現代の社会福祉の課題を多様な側面から理解する・社会福祉の手段... 詳細へ

社会保険というしくみの基本的な構造と歴史的な展開過程、現在の5つの個別領域の具体的なしくみを説明できるようになる。その基礎知識の上に立って、現在の社会保険が直面している主要な改革課題について、その問題... 詳細へ

本教材は、社会福祉学と法律学をまたぐものであり、難しく感じられるかもしれない。しかし、この科目は放送大学において、福祉領域の専門科目をほぼ修得した学生や法律・政治学関連の専門科目をほぼ修... 詳細へ

国際移動・国内移動に関する理論や実証的な研究動向の理解を通じて、現代社会についてのより深い洞察力を獲得することを目標とする。... 詳細へ

地域、都市、防災に焦点をあてた全15回の講義を通じて、都市の防災対策を進めるうえで最低限必要な用語を理解し、各種の都市災害のメカニズムと対策の基本を学ぶ。また、この講義を通じて過去に発生した災害とそこ... 詳細へ

1.少子高齢化、人口減少を理解するための基礎知識を身につける。2.現代社会とくらしの動態と、それにともなう課題の所在を知る。3.人口減少社会に対して、学生自ら、それぞれの場で主体的にプランニングできる... 詳細へ

健康問題をもちながら在宅で生活する人々とその家族を理解し、対象者の生活の質の向上を目指した看護を実践するために必要な基本的な考え方と基礎知識を理解することを目的とする。... 詳細へ

本講義を通じて、障害者を特別視せず、ひとりの人間としてとらえ、芸術などの余暇活動も含め、障害者の生活についての知識を得ることを目標とする。また共生社会の実現に向けて、障害者権利条約に現れている近時の人... 詳細へ

雇用社会の変貌の実態を知るとともに関係する法的紛争に関する知識を得る。具体的紛争についての裁判例や考え方を知ることは、職場において自分や仲間の権利・利益を守るために不可欠である。同時に、... 詳細へ

この講義は、初学者にも法律学が身近に感じられるよう工夫しながら、家族に関する基本的な法律の知識、高齢社会における制度と法律の知識及び法律の背後にある法の精神(Legal Mind)を学ぶことを目標とし... 詳細へ

私たちの健康や生活をとりまくさまざまな社会状況について取り上げながら、納得のいく医療を受け、社会や環境を健康的によりよく変えていくための視点、考え方、行動、スキルについて、学生らが自分自身の問題として... 詳細へ

1.事例を通じて現代社会における多様な女性のライフコースや直面する課題とその乗り越え方、背景にある社会構造について、女性のキャリア形成事例を通じて学ぶ。2.学習者同士の意見交換を通じて、自身のキャリア... 詳細へ

運動に関わるヒトの機能や運動・スポーツに対する身体の応答や適応について、運動生理学的な基礎知識を習得するとともに、運動・スポーツを計画・実践する基礎を身につけ... 詳細へ

社会福祉実践の理論的な枠組みとして、ソーシャルワークの基本理念や生活支援の方法を学ぶとともに、実践事例を知ることで、現代社会における社会福祉実践の意義と課題を理解する。... 詳細へ

①「地域福祉」とは何か。その成り立ちや実践事例などから、「地域福祉」の考え方を学ぶ。②少子高齢化、情報化、グローバル化が進展する中、暮らしの諸課題を解決し、個人の生活を守ってい... 詳細へ

化学と生物学に基づき、食品の栄養性ならびに生理機能性を理解する。また、食品の健康維持、ならびに疾病との関連を学習し、病気の予防についての理解を深める。... 詳細へ

都市社会学に関する基本的な概念と理論、考え方等を理解し、身近な地域社会の諸現象等について的確に考察できるようにする。... 詳細へ

さまざまな死生の現場で直面する問題について知識を習得するとともに、自らが直面する生き死にの問題について避けることなく取り組み、人生を切り開いていくための死生観や問題対応能力を養うことをめざす。... 詳細へ

先進地域の事例を参考にし、自分の居住する地域、自治体で、実践できることを目標とする。... 詳細へ

このページの先頭へ