心理学基礎

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

心理と教育コースに入学した学生がコース全体の学問体系を見通しながら、教育学、心理学、臨床心理学の三領域の基礎知識を学べるようにする。三領域それぞれの研究的意義、研究方法、研究対象を学ぶとともに、三領域... 詳細へ

心理学が対象とするのは、人間の営み全てである。自分たちが日常的に考えたり、行ったりしていることを、改めて研究の俎上に上らせようとすると、どうしても先入観に捉えられ易い。それを回避するために、心理学者... 詳細へ

認知機能をになう脳メカニズムについて理解する。具体的には、(1) 脳の活動時に細胞レベル・分子レベルで起こっていることを具体的に理解し、(2) さまざまな認知機能の生物学的基礎に関するこ... 詳細へ

この授業の最大の目標は、人間の認知を実現している仕組み、および、その特性について、知識を広げ、理解を深めることです。何故そのような仕組みになっているのかという認知の適応的な機能についても考えてみたいと... 詳細へ

この講義の目標は、あなたなりの「教育心理学」を育て、あなた自身が学び続ける社会の一員になることである。講義前半では人が賢くなる仕組みを扱う。その中からあなたが納得できるものを選び出し、それらを組み合せ... 詳細へ

錯覚とは客観的には「誤った」認知であるが、それは必ずしも人の認知の欠陥や能力不足のために起こるものではない。より効率的で適応的な認知を実現するために、人はあえて世界を歪めてとらえることがある。こうした... 詳細へ

実験法、質問紙法、面接法、観察法、心理検査法といった基本的な研究法の実証的論理をしっかりと把握すること。さらに自然科学を始めとする隣接諸科学と比べて、心と行動を明らかにする心理学の実証性について、どの... 詳細へ

社会心理学の主要な知見を、知識として習得するとともに、それを日常生活に応用し、日々の問題解決に社会心理学を利用できるスキルを身につける。... 詳細へ

学習・教育に関わる認知心理学の基礎概念を理解し、それを通して、教育現象の説明やコミュニケーション、教育方法の評価・立案などができるようにすること。具体的には、授業を設計し、... 詳細へ

臨床心理学の基礎的知識を身につけ、臨床心理学への理解を深める。... 詳細へ

今日、社会生活のあらゆる局面で著しい本離れ、文字離れが指摘されている。遠隔高等教育もその例外ではない。そこには、多様な情報や知識がネット上で誰でもごく簡便に入手できるという時代状況がある。ネット上の手... 詳細へ

乳幼児における心理メカニズムの発達を学び、あわせて乳幼児を対象とした心理学の方法を学ぶこと。視覚・聴覚という基礎的なメカニズムからどのように社会性と言語の萌芽へと続いて行くのか、その発現... 詳細へ

本人がそれを望まなくても、誰もが危機に巻き込まれる可能性がある。危機にはさまざまな種類のものがあり、個別の危機には特有の問題が存在しているが、その危機に対面する人間という視点から捉えれば、あらゆる危機... 詳細へ

ヒトは動物界において特別な存在だと考えられてきた。道具を使う、道具を作る、言葉を話す、文化を持つ、これらはいずれもある時代のヒトの「定義」だった。しかし、ヒト以外の動物の研究が進むにつれて、これらはい... 詳細へ

心理学の研究で利用される代表的な統計手法として「データの記述」「正規分布」「独立した2群の差」「相関係数」「対応ある2群の差」「実験計画法」「比率・連関」「回帰分析」などを学習します。座... 詳細へ

1.受講生が交通心理学の基礎的な概念と主要な研究について理解できるようになる。2.観察法やフィールド実験法など交通心理学の分野で発達してきた心理研究法について理解する。3.事故防止など社会問題を解決す... 詳細へ

受講者が自らの人生を振り返り、将来を展望しながら、人間の発達全般についての理解を深めることをねらいとする。... 詳細へ

このページの先頭へ