実践経営学

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

①初学者が興味をもって楽しく経営学を学べるような工夫に努める。②経営学の基本的な概念をわかりやすく具体的に説く。③経営学の全体像をつかむことで企業活動の理解度を増す... 詳細へ

今日の企業が抱える実践的課題に即して学ぶ。これにより、受講者が現実の経営課題はどのような構造をなしているかつかみやすくする。また、各自が経営課題に立ち向かう際、そうしたことを自らの力で解く経験の一助に... 詳細へ

国際経営を理解するには、多岐にわたる学習が必要であり、全15章(回)で国際経営のすべてを網羅することは困難である。したがって、この科目の目標は履修者にグローバルな企業経営活動を知る上で、最も重要と思わ... 詳細へ

管理会情報の意義や役立ちについて理解し、意思決定と業績評価という2つの役割に資する管理会計情報の生成と利用について習得する。... 詳細へ

受講者が、大学問題に関心のあるすべての人々に加え、現職の大学職員あるいは役員や管理職にある教員であることが多いとの前提の下、従来の大学論を超えて、できる限り実践的かつ実際的な教育内容を提供するよう努め... 詳細へ

農業のグローバル化が進む中で、変化の目覚しい日本の農業経営及び関連産業である食品製造業、外食産業の現状を理解する。グローバル化した競争的環境下で産業としての農業発展の観点及び地球環境問題や人口増加と信... 詳細へ

本授業は、とくに理工系や学際系の視点から、人間、情報、環境に関連する法システムに関する内容を編成したものである。本授業の目標は、人的資源マネジメント、情報マネジメント、社会環境マネジメント等に関わる労... 詳細へ

グローバリゼーション(グローバル化)という現象が、広い視野に立って考えなければならない現象であるということを理解する。また、そのために、基礎的な学習の段階から、自分が最も関心のある専門分野だけでなく、... 詳細へ

本講義では、財政と経済、そして社会との相互関係が理解しやすいよう講義する。また、われわれにとって財政システムとは何なのか、一見、遠く思える財政システムが、実は我々の生活と密接にかかわっており、その分析... 詳細へ

「教養としての会計学」を習得することを目標とする。具体的には経済活動を記録し、集計、整理して会計情報が作成される仕組みを理解し、その会計情報が社会のなかでいかに利用されるのか、すなわち社会的インフラと... 詳細へ

企業の営業活動がどのように進められるかを理解する。そして、この営業活動を記録するために、仕訳→転記→検証→決算という簿記の手順を正しく進められるようにする。... 詳細へ

現代社会においては、物流とそのネットワークが戦略経営の要となっている面があろう。なかでも海運は、わが国においては特に重要性が高い。日本企業がグローバル展開する現代では、高度な物流が果たしている役割は想... 詳細へ

地域や社会に関わり営利目的でない活動を始めようとする際の基本的知識を提供する。NPO法人を中心にわが国の非営利活動団体の概略を述べ、活動経験を積んだ事例を紹介する。国際協力NGOの事例も含め、わが国の... 詳細へ

内部監査は組織におけるインフラ的な存在である。組織運営が順調な時には、改めてそれを意識したり、感謝したりすることはないが、一旦、不祥事等問題が生じたときには、その存在がクローズアップされるのである。し... 詳細へ

本講義では、マーケティング論をはじめて学ぶ学生を対象に、マーケティングの全体像を理解するとともに、その基礎的な用語や考え方を習得することを達成目標とする。... 詳細へ

ファイナンスは、ノーベル経済学賞を数多く受賞している分野でもある。その理論の一例を挙げれば、ポートフォリオ理論、CAPM、MM理論、ブラックショールズモデル、行動ファイナンス等をあげることができる。そ... 詳細へ

技術や専門知識を活用して活躍している社会人やイノベーション創出に興味がある個人を対象として、効果的なイノベーション創出に関わるマネジメントについてグローバルな視点から知的滋養を養うのが目標である。... 詳細へ

このページの先頭へ