社会生活企画

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

履修者が、社会調査に基づく分析結果を読み取るために必要な基礎知識を習得すること、およびいくつかの分析技法を学習することを通して、自らがデータ分析を行うときに、どのような方法や手順ですすめていくかの指針... 詳細へ

本講義は、初学者むけの法学入門です。その主要な目的は、①法学の基礎知識を教える、ことと②具体的なケースや問題を通じて法的なものの考え方を伝える、ことにあります。市民生活において... 詳細へ

①初学者が興味をもって楽しく経営学を学べるような工夫に努める。②経営学の基本的な概念をわかりやすく具体的に説く。③経営学の全体像をつかむことで企業活動の理解度を増す... 詳細へ

この科目では、都市社会の中で主体的に生きるための手がかりを受講生が得るために、都市社会の歴史的変動過程を捉え、それに基づいて現代的都市問題にアプローチすることのできる知識を提供し、問題を検討する能力が... 詳細へ

この授業では、受講者が、自身の健康を決める力を身につけ、健康にかかわる問題が起きて選択にせまられた時に、こうした力を活用しよりよい生活を送れるようになることを最終目標とする。... 詳細へ

不動産は、生活でもビジネスにも基本となる。本科目では、生活に必要な不動産学の基礎知識を学ぶ。... 詳細へ

本学で開講する家族に関連する複数の科目のベースとなる家族社会学の骨格を示す。家族の基礎理論、歴史、親子関係、夫妻関係、ジェンダー、社会変動と家族、地域と家族、国家と家族など、家族を理解するうえで欠かせ... 詳細へ

街づくりにあたっては,今まで慣れ親しんでいるその土地の気候・風土や,その土地の持つポテンシャル見抜かねばならない。そのために人間と環境とのかかわりと,環境,すなわち,気候・... 詳細へ

本科目の修学上の目標は、地域の安全・安心の実現の要件は何かを理解したうえで、実際の具体的事例を見ながら、災害対応のための地域マネジメントシステム構築の手法について知識を得、その意義と課題... 詳細へ

グローバリゼーション(グローバル化)という現象が、広い視野に立って考えなければならない現象であるということを理解する。また、そのために、基礎的な学習の段階から、自分が最も関心のある専門分野だけでなく、... 詳細へ

大学における社会科学やその他の学問を学ぶ意義を理解する。学問の実践的な活用の展望を得ることで、自律的に科目選択をしていく能力を獲得する。... 詳細へ

この授業を、政策論や援助技術論「以前」のところで、貧困を静かに考える機会にしたいと思う。なぜ彼はあのように言うのか、なぜ彼女はあのようにふるまうのか、そうしたことには必ず理由がある。それを理解する手掛... 詳細へ

本講義では、財政と経済、そして社会との相互関係が理解しやすいよう講義する。また、われわれにとって財政システムとは何なのか、一見、遠く思える財政システムが、実は我々の生活と密接にかかわっており、その分析... 詳細へ

現在、一般の大学において「キャリア教育」を実施することが義務化されており、放送大学においてもこれについて学習したいと考える。しかし、本学の学生には、様々な働き方をしている人々、定年退職者、主婦、障がい... 詳細へ

人間活動が現在直面している温暖化の問題など、将来ますます深刻化していく地球環境の変化は、人間活動に起因するものであり、その結果が生態系の劣化や人間生存の危機をもたらすという深刻な事態に至ることが危惧さ... 詳細へ

科学技術的な知識の習得を主な目的とするのではなく、社会科学的な視野から、総合的に、情報通信技術(ICT)と社会とがどのようにダイナミックな相互作用のもとに進化しているかを理解することを目標とします。す... 詳細へ

グローバル化は、世界の中に「日本」が入り込み、日本の中に「世界」が入り込むという「入れ子構造」を伴って進展している。その入れ子構造の実態を理解し、さまざまな境界が内と外から溶けていくかに見える社会変化... 詳細へ

・事実としての社会福祉が、なぜ現代社会に存在しているのかを、人々の生活と社会のあり方から理解する・現代の社会福祉の課題を多様な側面から理解する・社会福祉の手段... 詳細へ

社会保険というしくみの基本的な構造と歴史的な展開過程、現在の5つの個別領域の具体的なしくみを説明できるようになる。その基礎知識の上に立って、現在の社会保険が直面している主要な改革課題について、その問題... 詳細へ

本教材は、社会福祉学と法律学をまたぐものであり、難しく感じられるかもしれない。しかし、この科目は放送大学において、福祉領域の専門科目をほぼ修得した学生や法律・政治学関連の専門科目をほぼ修... 詳細へ

まずは、社会学の基本的考え方と基礎概念を正確に理解することである。次いで、基礎概念から派生した、より専門的な概念や用語を習得しながら、大きく変動する現代社会の動向と諸現象に対する関心を深め、それらを深... 詳細へ

国際移動・国内移動に関する理論や実証的な研究動向の理解を通じて、現代社会についてのより深い洞察力を獲得することを目標とする。... 詳細へ

行政学・政策学の諸概念を基礎から学びつつ、それを用いて現実の行政や政策を同情的に理解し、かつ批判的に吟味する力を養う。歴史的に形成されてきた官僚制の構造が政策転換を困難にしている現実を理... 詳細へ

現代社会においては、物流とそのネットワークが戦略経営の要となっている面があろう。なかでも海運は、わが国においては特に重要性が高い。日本企業がグローバル展開する現代では、高度な物流が果たしている役割は想... 詳細へ

1.少子高齢化、人口減少を理解するための基礎知識を身につける。2.現代社会とくらしの動態と、それにともなう課題の所在を知る。3.人口減少社会に対して、学生自ら、それぞれの場で主体的にプランニングできる... 詳細へ

コミュニケーションを重視したまちづくり及びその方法の変遷を概観し、近年、事例が増加しつつあるICTを利用したまちの形態について学び、まちの住民、運営者、来街者が共存するためのまちづくりの意義や仕掛けに... 詳細へ

この講義は、初学者にも法律学が身近に感じられるよう工夫しながら、家族に関する基本的な法律の知識、高齢社会における制度と法律の知識及び法律の背後にある法の精神(Legal Mind)を学ぶことを目標とし... 詳細へ

私たちの健康や生活をとりまくさまざまな社会状況について取り上げながら、納得のいく医療を受け、社会や環境を健康的によりよく変えていくための視点、考え方、行動、スキルについて、学生らが自分自身の問題として... 詳細へ

多領域にも携わるテーマのため、広い領域・分野層の学生に受講を勧めたい。1.色彩と形と言う多様な分野を包括する概念を通し、物事を多方面から立体的に捉えられるような柔軟な視点でものを見、考え... 詳細へ

人の生涯にわたる活動と生涯学習との関わり、および社会システムとしての生涯教育・生涯学習のあり方について理解し、それによって自らの知的生活をより高度なものとすることを可能にする。... 詳細へ

このページの先頭へ