社会数学

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

高等学校までに学ぶ数学の内容を、一から学び直す。これにより数学の知識を、整理し再確認する。基礎的な計算技法はある程度必要であるが、それを必要最小限に押さえたい。公式を記憶する事にこだわらず、数学の基本... 詳細へ

統計の考え方と記述統計・推測統計の基礎を,理論に加え,具体的にそれらが社会で活用されている事例の実務家のショートレクチャーを含めた現場のVTR映像や表計算ソフトを活用した分析操作を通して... 詳細へ

履修者が、社会調査に基づく分析結果を読み取るために必要な基礎知識を習得すること、およびいくつかの分析技法を学習することを通して、自らがデータ分析を行うときに、どのような方法や手順ですすめていくかの指針... 詳細へ

経済学は数学のようにただ1つの正解しかない科目とは違います。たとえば、消費税率を何%にするかを決める場合、大きな政府を望むのか、あるいは、小さな政府を望むのかで税率が変わってきます。ただ、このような議... 詳細へ

経済学の理論の細部には立ち入らず、ノーベル経済学賞受賞者の生い立ちと研究業績の現代社会的意義について、分かりやすく解説していきたい。... 詳細へ

確率の基本的な性質や様々な確率モデルの特徴を把握する。 そして,ばらつきをもった現象に対して適切な確率モデルを選択し統計的推測を行うことや,複雑な現象に対して統計モデルを活用して表現し,その特徴を見出... 詳細へ

平面や空間といった素朴な概念を、数ベクトル空間としてとらえることから始める。また連立方程式の解法を、行列を使って解く方法を学ぶ。また、行列式、逆行列の求め方を理解する。また、線型写像、線型空間とはどう... 詳細へ

2変数関数に関する理解と計算力を養います。また発展として複素関数の不思議な性質を紹介します。全体に証明の理解よりは、概念の把握、計算力、応用への理解を目標とします。... 詳細へ

全15回の講義を通じ、一見複雑そうに見える情報処理機械が実は簡単な回路の大規模な合成によって構成されていることを理解し、またコンピュータを動かすプログラムとの関連を理解することを目標とする。コンピュー... 詳細へ

ソフトウェアと,それによって動かされるコンピュータの関係を理解する。高水準プログラム言語の構造と直接コンピュータに結びついている機械語の関係を理解する。応用ソフトウェアと大きな関わりをもっているマルチ... 詳細へ

一階述語論理の表現の意味の理解、日本語の表現の翻訳、および推論の妥当性の点検ができる。... 詳細へ

本講では、コンピュータを用いた数値解析によって数学や物理で現れる問題を解くために、そこで表れる数値計算の仕組みやアルゴリズムの基本的な性質を理解することを目標とする。あわせて、数値計算のためのアルゴリ... 詳細へ

1. 自然科学への興味関心を呼び覚まし、自然現象に対する具体的なイメージを持てる力を養う。2. 自然現象や科学技術に関連する事象を主体的に理解し、能動的に働きかける力を養う。3. 科学諸分野を俯瞰する... 詳細へ

社会調査に関する基本的事項(社会調査の目的、歴史、方法論、各種調査方法とその長所短所、調査倫理など)を身につけることを目標とする。... 詳細へ

三角法,球面三角法,双曲三角法の類似点と相違点を理解する。非ユークリッド幾何のさまざまなモデルに親しむ。特殊相対論の数理的基礎,特にミンコフスキー空間の基本事項について学ぶ。... 詳細へ

科学技術的な知識の習得を主な目的とするのではなく、社会科学的な視野から、総合的に、情報通信技術(ICT)と社会とがどのようにダイナミックな相互作用のもとに進化しているかを理解することを目標とします。す... 詳細へ

微分積分学の基本事項を理解することを目標とする。一般論の理論の把握に努め、具体的な計算では自ら手を動せるようになることを期待する。新しい概念を真に身につけるためにはその概念になじむことが必要であり、数... 詳細へ

心理学の研究で利用される代表的な統計手法として「データの記述」「正規分布」「独立した2群の差」「相関係数」「対応ある2群の差」「実験計画法」「比率・連関」「回帰分析」などを学習します。座... 詳細へ

微分方程式の解は、常に存在するわけではなく、存在が示されていても初等関数で記述できるとは限らない。どのような場合に解が存在するのかを考え、解の性質が記述できる場合はどのようなときかを理解することは重要... 詳細へ

ベクトル空間に内積を取り入れることで、長さや角度の概念が定義でき、こうして得られる計量ベクトル空間を理解する。ベクトル空間上の線型写像を表す行列に、基底の変換を施して簡単な形に変形することの意味と重要... 詳細へ

このページの先頭へ