生命科学

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

日常生活を営むうえで、人体がどのような構造を持ち機能しているかについて理解し、疾病によって人体が受ける構造と機能の変化を学習するための基礎とする。... 詳細へ

調節された膨大な化学反応の集積体としての生命の成り立ちをよく理解した上で、食品の機能、安全性、病気の予防などについて理解を深めることを目標とする。... 詳細へ

DNAに記された遺伝子の情報からどのようにしてタンパク質が作られるのか、タンパク質がどのように働いて細胞の活動が維持されるのかを理解することにある。これらの生物に共通のしくみに関する知識の習得を通して... 詳細へ

生涯教育の場における学生にとっては、最近の生物学の進歩は著しいので、過去の教育で受けた内容が古くなっていることが多い。そこで、本科目では、生物学を基本から解きほぐすことを目標とする。取り上げる題材はで... 詳細へ

化学物質や生物的病因などの作用機構や毒性に関する基礎的な考え方を身につけるとともに、現代社会においてその知見を利用してどのような方策がとられているのかを理解する。... 詳細へ

交通機関の発達、生活様式の変化、そして医療技術の進歩や医療行為に伴い現代社会に脅威を及ぼしている感染症の特徴を正しく理解するとともに、これら感染症などに対処するためにヒトが有している免疫システムの特徴... 詳細へ

1. 自然科学への興味関心を呼び覚まし、自然現象に対する具体的なイメージを持てる力を養う。2. 自然現象や科学技術に関連する事象を主体的に理解し、能動的に働きかける力を養う。3. 科学諸分野を俯瞰する... 詳細へ

21世紀に生きるわれわれは、いわゆる地球温暖化問題や生物多様性の喪失、大幅な人口増加とそれに伴う食糧不足や環境悪化など、いずれも即効性のある答えが簡単には見いだせない問題に直面している。こうした問題に... 詳細へ

動物は、私たち人間とこの地球環境を共有し、 その食を支え、時には愛情を注ぎうる相手である。現代の生物科学や医学の発展にも多大な役割を担ってきた。これら人も含めた動物の生活様式や、生理機構を理解すること... 詳細へ

「微生物」は、味噌、酒などの醸造食品、抗生物質、化成原料などの有用物質生産、病原性大腸菌等による疾患、汚染物質の分解等の排水処理等など、様々な分野で我々の暮らしと深く関わっています。このことを知り、各... 詳細へ

疾病の原因とそれによって生じる変化、基本的な病変の概念について細胞、組織のレベルで理解できること、様々な疾病がもたらす身体内部の変化と生活への影響、疾病の回復過程とそれを促進する要因について理解できる... 詳細へ

このページの先頭へ