アジア研究

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

国際理解のための基礎知識の習得が目標である。異なる視点を、それぞれの立場から理解する姿勢を学び取る。... 詳細へ

一番目の目標は国際政治への興味を引き起こす。二番目にニュースを批判的に受け取る姿勢を養う。つまり、誰が、どういう目的で、いかにしてニュースを「制作」したかを考える習慣を養うきっかけを提供する。そのため... 詳細へ

国際経営を理解するには、多岐にわたる学習が必要であり、全15章(回)で国際経営のすべてを網羅することは困難である。したがって、この科目の目標は履修者にグローバルな企業経営活動を知る上で、最も重要と思わ... 詳細へ

仏教と儒教という、東洋思想を代表する二大思想について、基本的な理解を有するに至るとともに、それらが、どのような道筋をたどって日本の思想になっていったのかについて深く理解し、他の者に伝えることが出来るよ... 詳細へ

古代から現代に至る中国の歴史について全体像を把握することをめざしたい。中国の歴史的展開が、日本とはスケールの異なるというべき多様な要素にもとづいていることを、具体的に理解できるようにする。... 詳細へ

この講義では、アジア諸国の社会福祉の課題を明らかにする。さらに、国境をこえた多くの生活問題への国際機関などの活動を示す。同じアジア地域にあるわが国の立場と使命についても学ぶことができる。急激に変化して... 詳細へ

一部の地域事情や成長率の推移、あるいは、個別の援助プロジェクトなどは各自で勉強してもらい、ここではもっと根本的と思われる問題を議論する。前半は途上国が直面する問題を、後半は先進国や国際機関、あるいは、... 詳細へ

グローバリゼーション(グローバル化)という現象が、広い視野に立って考えなければならない現象であるということを理解する。また、そのために、基礎的な学習の段階から、自分が最も関心のある専門分野だけでなく、... 詳細へ

韓国朝鮮社会の歴史的な動きを、具体的な史実をもとにして、古代から現在までの時間的経過の中で理解する。日本や中国との共通性と相違性を把握し、東アジアの中で韓国朝鮮がもっていた社会的・歴史的... 詳細へ

人間活動が現在直面している温暖化の問題など、将来ますます深刻化していく地球環境の変化は、人間活動に起因するものであり、その結果が生態系の劣化や人間生存の危機をもたらすという深刻な事態に至ることが危惧さ... 詳細へ

大切なことは事実を知ることである。製造業に関する毀誉褒貶を排し、日本経済を支える「ものづくり」の過去と現在を、グローバル化を軸につぶさに点検しながら、私たちの社会の「今」を等身大で理解する。... 詳細へ

グローバル化は、世界の中に「日本」が入り込み、日本の中に「世界」が入り込むという「入れ子構造」を伴って進展している。その入れ子構造の実態を理解し、さまざまな境界が内と外から溶けていくかに見える社会変化... 詳細へ

国際移動・国内移動に関する理論や実証的な研究動向の理解を通じて、現代社会についてのより深い洞察力を獲得することを目標とする。... 詳細へ

①現代東アジアの諸地域の政治と社会の相互関係を、グローバルな視点から位置づける視角の重要性を認識する。②東アジア諸地域の政治と社会の相互関係から各政治体制の特徴を再定義し、それ... 詳細へ

この問題の基本的な構図を把握しマスコミ報道などに批判的に接する態度を養う。... 詳細へ

現代社会においては、物流とそのネットワークが戦略経営の要となっている面があろう。なかでも海運は、わが国においては特に重要性が高い。日本企業がグローバル展開する現代では、高度な物流が果たしている役割は想... 詳細へ

産業を捉える際に、経済学における基礎的な国民経済計算や産業連関表を理解する。これを基に、グローバル化が急速に進む中で、自ら従事する企業や生活するアジア地域のあり方を考える。また、わが国の産業がアジア諸... 詳細へ

人間社会を理解するための教養として、また、文化人類学を学ぶためのベースとして、フィールドワークと民族誌を通じて、一つの社会を多面的・包括的に見る視点を養う。また、個別社会が、その自然環境... 詳細へ

このページの先頭へ