人にやさしいメディアデザイン

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

博物館は、学術研究の成果を広く社会と共有し、新たな社会を築きあげていくうえで、その最前線に位置する装置である。この授業は、博物館活動の大要を把握するとともに、博物館の諸活動に従事するのに不可欠な基礎的... 詳細へ

統計の考え方と記述統計・推測統計の基礎を,理論に加え,具体的にそれらが社会で活用されている事例の実務家のショートレクチャーを含めた現場のVTR映像や表計算ソフトを活用した分析操作を通して... 詳細へ

履修者が、社会調査に基づく分析結果を読み取るために必要な基礎知識を習得すること、およびいくつかの分析技法を学習することを通して、自らがデータ分析を行うときに、どのような方法や手順ですすめていくかの指針... 詳細へ

産業におけるデザインの重要性を認識する。... 詳細へ

コンピュータによる画像認識や音声認識の仕組みを知るとともに,それらの基礎となる情報の処理手法について習得する。... 詳細へ

情報と確率論の関係を理解し、情報量やエントロピーなどの情報の量的な取り扱いができる。さらに、デジタル情報処理の特長を理解し、文字・音声・画像・動画などの情報の... 詳細へ

この授業の最大の目標は、人間の認知を実現している仕組み、および、その特性について、知識を広げ、理解を深めることです。何故そのような仕組みになっているのかという認知の適応的な機能についても考えてみたいと... 詳細へ

博物館における情報の意義と活用方法及び情報発信の課題等について理解し、博物館の情報の提供と活用等に関する基礎的能力を養う。... 詳細へ

本科目は情報コースの導入科目であるため、より専門的な知識を身に付ける前に、又は、身に付けると同時に、日常的に触れている身の回りのデジタルメディアについての理解を深めることを目標とする。また、様々なデジ... 詳細へ

誰でも容易に大量の情報が発信できる情報社会において、それぞれの立場の者がどのような権利を有しているのかについて理解し、自己の権利を適切に守るとともに、適切な情報発信と情報活用ができるようにするための基... 詳細へ

・ユニバーサルデザインやアクセシビリティの概念と世界的な流れを把握し、企業や社会活動において、多様なユーザーのニーズを考慮した情報発信やユーザー支援が行えるようになる。・グ... 詳細へ

・情報セキュリティのシステム的・運用的な課題を理解する。・情報リテラシー(フルーエンシー)教育における情報倫理の課題を理解する。・社会における一... 詳細へ

まず、博物館の展示とは何かを理解し、多様な博物館の展示の手法、工夫、技術等について、事例を通して学ぶ。また、博物館の展示のコンセプトやメッセージが実際にどのようにして具現化されるのかを、博物館の設立、... 詳細へ

CGの作成および描画、画像合成の処理に関する基本原理を理解することが、本授業の目標である。単にCGを作成したり画像を編集したりするだけであれば、その原理を知る必要はない。しかし、高いリアリティで速く、... 詳細へ

本科目の目標は、映像コンテンツの制作における表現面と技術面の両側面を体系的に身につけることである。表現面としては、企画・構成、シナリオ、カメラワーク、照明、編集などがあり、技術面としては... 詳細へ

コンピュータやインターネットの技術をつかってハードウェアやソフトウェアなどの設計(たとえばウェブサイトの設計など)を行うとき、そのユーザについて、その特性やニーズ、利用状況を的確に把握したうえで、使い... 詳細へ

本科目は、ウェブ環境でグローバルに提供される知的財産を三つのかたち(コンテンツ、知的財産、財産的情報)に分類し、それらがどのように創造され、保護され、活用されているかを、知財権法の基礎的な知識と身近な... 詳細へ

心理学の研究で利用される代表的な統計手法として「データの記述」「正規分布」「独立した2群の差」「相関係数」「対応ある2群の差」「実験計画法」「比率・連関」「回帰分析」などを学習します。座... 詳細へ

多領域にも携わるテーマのため、広い領域・分野層の学生に受講を勧めたい。1.色彩と形と言う多様な分野を包括する概念を通し、物事を多方面から立体的に捉えられるような柔軟な視点でものを見、考え... 詳細へ

感性工学について、その概念、デザインや心理学、美学、マネジメントなどとの関係、その評価や計測のやり方などについて基本的な理解を得ることを目標とします。この科目の履修によって、感性と感性工学とについてバ... 詳細へ

修士論文作成に役立つ情報通信技術ならびに研究方法論を習得する。あわせて、論文作成のためのスキルを習得する。... 詳細へ

このページの先頭へ