社会技術系

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

いくつかの事例や歴史の理解を通じて「社会のための科学技術」の考え方を学ぶとともに、科学技術コミュニケーション、科学技術リテラシー、科学技術と市民参加、科学技術と倫理などの横軸となる視点を理解する。また... 詳細へ

産業におけるデザインの重要性を認識する。... 詳細へ

街づくりにあたっては,今まで慣れ親しんでいるその土地の気候・風土や,その土地の持つポテンシャル見抜かねばならない。そのために人間と環境とのかかわりと,環境,すなわち,気候・... 詳細へ

① 知識としての国際ボランティア活動ではなく、自らも参加できる国際ボランティア活動であることを知る。② 国内外における国際ボランティア活動の多様な実践を知り、身の回りでも自分の... 詳細へ

本授業は、とくに理工系や学際系の視点から、人間、情報、環境に関連する法システムに関する内容を編成したものである。本授業の目標は、人的資源マネジメント、情報マネジメント、社会環境マネジメント等に関わる労... 詳細へ

1. 科学技術の発展に伴い、人間の「行為」の領域が拡大したので、技術を実践する「行為者」である技術者には、新しい「倫理」が必要であることを認識する。 2. 科学技術が、社会や環境に与える影響の範囲と大... 詳細へ

環境問題は直接目に見えないことが多いため,その本質を理解することは難しい。これを画像として可視化することにより,その理解を助け,かつ感性に訴えられると考える。可視化技術や可視化画像の読み方など本講義で... 詳細へ

人間活動が現在直面している温暖化の問題など、将来ますます深刻化していく地球環境の変化は、人間活動に起因するものであり、その結果が生態系の劣化や人間生存の危機をもたらすという深刻な事態に至ることが危惧さ... 詳細へ

エネルギー論の基礎的な解説から講義を始め、持続可能な社会の構築に向けた再生可能エネルギーや地産地消型のエネルギーなどエネルギー源の多様な側面を理解するとともに、エネルギー問題をその基礎から社会的側面ま... 詳細へ

「微生物」は、味噌、酒などの醸造食品、抗生物質、化成原料などの有用物質生産、病原性大腸菌等による疾患、汚染物質の分解等の排水処理等など、様々な分野で我々の暮らしと深く関わっています。このことを知り、各... 詳細へ

大切なことは事実を知ることである。製造業に関する毀誉褒貶を排し、日本経済を支える「ものづくり」の過去と現在を、グローバル化を軸につぶさに点検しながら、私たちの社会の「今」を等身大で理解する。... 詳細へ

地域、都市、防災に焦点をあてた全15回の講義を通じて、都市の防災対策を進めるうえで最低限必要な用語を理解し、各種の都市災害のメカニズムと対策の基本を学ぶ。また、この講義を通じて過去に発生した災害とそこ... 詳細へ

建築(空間)と政治との相互規定性や、建築家と政治家との緊張関係、建物の動線のあり方などを立体的、三次元的把握を可能とする授業構成をめざす。この番組を勉強すれば、建築(空間)と政治権力の館についての一通... 詳細へ

現代社会においては、物流とそのネットワークが戦略経営の要となっている面があろう。なかでも海運は、わが国においては特に重要性が高い。日本企業がグローバル展開する現代では、高度な物流が果たしている役割は想... 詳細へ

この科目は放送大学に学ぶ学生の専門科目として深い教養を養うことを目的とするだけでなく、一般の大学の工学部や高等工業専門学校の学生に将来の展望を描く上で役立ててもらうことも目的とする。現代の産業社会、個... 詳細へ

環境問題の諸側面を様々な視点からとらえるとともに、その解決方法に関して基礎的かつ広範な視点を理解するとともに、身近な環境問題から地球環境に至るまでの新しい環境に関する考え方を理解する。... 詳細へ

技術や専門知識を活用して活躍している社会人やイノベーション創出に興味がある個人を対象として、効果的なイノベーション創出に関わるマネジメントについてグローバルな視点から知的滋養を養うのが目標である。... 詳細へ

このページの先頭へ