数理系

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

確率の基本的な性質や様々な確率モデルの特徴を把握する。 そして,ばらつきをもった現象に対して適切な確率モデルを選択し統計的推測を行うことや,複雑な現象に対して統計モデルを活用して表現し,その特徴を見出... 詳細へ

文化における数学の歴史的具体相をみることによって,数学が孤立した学問ではなく、さまざまな要因のもとで展開していったこと、また多くの 学問領域に影響を与えたことを学ぶ。さらに高校時代までに学んできた数学... 詳細へ

平面や空間といった素朴な概念を、数ベクトル空間としてとらえることから始める。また連立方程式の解法を、行列を使って解く方法を学ぶ。また、行列式、逆行列の求め方を理解する。また、線型写像、線型空間とはどう... 詳細へ

2変数関数に関する理解と計算力を養います。また発展として複素関数の不思議な性質を紹介します。全体に証明の理解よりは、概念の把握、計算力、応用への理解を目標とします。... 詳細へ

三角法,球面三角法,双曲三角法の類似点と相違点を理解する。非ユークリッド幾何のさまざまなモデルに親しむ。特殊相対論の数理的基礎,特にミンコフスキー空間の基本事項について学ぶ。... 詳細へ

微分積分学の基本事項を理解することを目標とする。一般論の理論の把握に努め、具体的な計算では自ら手を動せるようになることを期待する。新しい概念を真に身につけるためにはその概念になじむことが必要であり、数... 詳細へ

微分方程式の解は、常に存在するわけではなく、存在が示されていても初等関数で記述できるとは限らない。どのような場合に解が存在するのかを考え、解の性質が記述できる場合はどのようなときかを理解することは重要... 詳細へ

ベクトル空間に内積を取り入れることで、長さや角度の概念が定義でき、こうして得られる計量ベクトル空間を理解する。ベクトル空間上の線型写像を表す行列に、基底の変換を施して簡単な形に変形することの意味と重要... 詳細へ

このページの先頭へ