ものづくりMOT

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

大学に入学後に、学習を進める上での基本的な方法を学ぶ。また、社会や産業の仕組みを理解し、仕事や生活に活用できることを目標として、ものの見方、考え方とともに実践的な知識を習得する。... 詳細へ

①初学者が興味をもって楽しく経営学を学べるような工夫に努める。②経営学の基本的な概念をわかりやすく具体的に説く。③経営学の全体像をつかむことで企業活動の理解度を増す... 詳細へ

いくつかの事例や歴史の理解を通じて「社会のための科学技術」の考え方を学ぶとともに、科学技術コミュニケーション、科学技術リテラシー、科学技術と市民参加、科学技術と倫理などの横軸となる視点を理解する。また... 詳細へ

産業におけるデザインの重要性を認識する。... 詳細へ

街づくりにあたっては,今まで慣れ親しんでいるその土地の気候・風土や,その土地の持つポテンシャル見抜かねばならない。そのために人間と環境とのかかわりと,環境,すなわち,気候・... 詳細へ

全15回の講義を通じ、一見複雑そうに見える情報処理機械が実は簡単な回路の大規模な合成によって構成されていることを理解し、またコンピュータを動かすプログラムとの関連を理解することを目標とする。コンピュー... 詳細へ

本授業は、とくに理工系や学際系の視点から、人間、情報、環境に関連する法システムに関する内容を編成したものである。本授業の目標は、人的資源マネジメント、情報マネジメント、社会環境マネジメント等に関わる労... 詳細へ

1. 科学技術の発展に伴い、人間の「行為」の領域が拡大したので、技術を実践する「行為者」である技術者には、新しい「倫理」が必要であることを認識する。 2. 科学技術が、社会や環境に与える影響の範囲と大... 詳細へ

環境問題は直接目に見えないことが多いため,その本質を理解することは難しい。これを画像として可視化することにより,その理解を助け,かつ感性に訴えられると考える。可視化技術や可視化画像の読み方など本講義で... 詳細へ

人間活動が現在直面している温暖化の問題など、将来ますます深刻化していく地球環境の変化は、人間活動に起因するものであり、その結果が生態系の劣化や人間生存の危機をもたらすという深刻な事態に至ることが危惧さ... 詳細へ

「微生物」は、味噌、酒などの醸造食品、抗生物質、化成原料などの有用物質生産、病原性大腸菌等による疾患、汚染物質の分解等の排水処理等など、様々な分野で我々の暮らしと深く関わっています。このことを知り、各... 詳細へ

地域、都市、防災に焦点をあてた全15回の講義を通じて、都市の防災対策を進めるうえで最低限必要な用語を理解し、各種の都市災害のメカニズムと対策の基本を学ぶ。また、この講義を通じて過去に発生した災害とそこ... 詳細へ

現代社会においては、物流とそのネットワークが戦略経営の要となっている面があろう。なかでも海運は、わが国においては特に重要性が高い。日本企業がグローバル展開する現代では、高度な物流が果たしている役割は想... 詳細へ

本科目は、ウェブ環境でグローバルに提供される知的財産を三つのかたち(コンテンツ、知的財産、財産的情報)に分類し、それらがどのように創造され、保護され、活用されているかを、知財権法の基礎的な知識と身近な... 詳細へ

問題を解く計算は計算機に任せることができるが、問題を数理モデルとして定式化するのは問題を解決する人間が行う必要がある。したがって、具体的な問題を数理モデルとして定式化できるようになることが、全受講生の... 詳細へ

この科目は放送大学に学ぶ学生の専門科目として深い教養を養うことを目的とするだけでなく、一般の大学の工学部や高等工業専門学校の学生に将来の展望を描く上で役立ててもらうことも目的とする。現代の産業社会、個... 詳細へ

環境問題の諸側面を様々な視点からとらえるとともに、その解決方法に関して基礎的かつ広範な視点を理解するとともに、身近な環境問題から地球環境に至るまでの新しい環境に関する考え方を理解する。... 詳細へ

技術や専門知識を活用して活躍している社会人やイノベーション創出に興味がある個人を対象として、効果的なイノベーション創出に関わるマネジメントについてグローバルな視点から知的滋養を養うのが目標である。... 詳細へ

このページの先頭へ