工学基礎

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

化学を全く学んだことがない,わずかしか学んでいない,あるいは以前に学んだがほとんど忘れてしまったという受講者を主な対象とする.化学がどんな学問分野であるかを理解して,専門的な勉強を始めるためのきっかけ... 詳細へ

高等学校までに学ぶ数学の内容を、一から学び直す。これにより数学の知識を、整理し再確認する。基礎的な計算技法はある程度必要であるが、それを必要最小限に押さえたい。公式を記憶する事にこだわらず、数学の基本... 詳細へ

統計の考え方と記述統計・推測統計の基礎を,理論に加え,具体的にそれらが社会で活用されている事例の実務家のショートレクチャーを含めた現場のVTR映像や表計算ソフトを活用した分析操作を通して... 詳細へ

産業におけるデザインの重要性を認識する。... 詳細へ

力学の基礎概念に親しむだけでなく、運動方程式を具体的な問題に応用して運動を解く手法を習得すること、典型的運動の詳しい解析を通じて、様々な異なったスケールで出現する多様な運動の特徴に親しむこと、さらに、... 詳細へ

生涯教育の場における学生にとっては、最近の生物学の進歩は著しいので、過去の教育で受けた内容が古くなっていることが多い。そこで、本科目では、生物学を基本から解きほぐすことを目標とする。取り上げる題材はで... 詳細へ

平面や空間といった素朴な概念を、数ベクトル空間としてとらえることから始める。また連立方程式の解法を、行列を使って解く方法を学ぶ。また、行列式、逆行列の求め方を理解する。また、線型写像、線型空間とはどう... 詳細へ

2変数関数に関する理解と計算力を養います。また発展として複素関数の不思議な性質を紹介します。全体に証明の理解よりは、概念の把握、計算力、応用への理解を目標とします。... 詳細へ

本科目では、導入科目「初歩からの物理」から出発し「物理の世界」へと進んで概観してきた物理学の基礎について、古典的な電気・磁気、場の理論、相対性理論などの考え方と応用を、専門科目としてより... 詳細へ

1. 科学技術の発展に伴い、人間の「行為」の領域が拡大したので、技術を実践する「行為者」である技術者には、新しい「倫理」が必要であることを認識する。 2. 科学技術が、社会や環境に与える影響の範囲と大... 詳細へ

地域、都市、防災に焦点をあてた全15回の講義を通じて、都市の防災対策を進めるうえで最低限必要な用語を理解し、各種の都市災害のメカニズムと対策の基本を学ぶ。また、この講義を通じて過去に発生した災害とそこ... 詳細へ

現代社会においては、物流とそのネットワークが戦略経営の要となっている面があろう。なかでも海運は、わが国においては特に重要性が高い。日本企業がグローバル展開する現代では、高度な物流が果たしている役割は想... 詳細へ

本科目は、ウェブ環境でグローバルに提供される知的財産を三つのかたち(コンテンツ、知的財産、財産的情報)に分類し、それらがどのように創造され、保護され、活用されているかを、知財権法の基礎的な知識と身近な... 詳細へ

・生物にとっての環境とはどのようなものであるのか、生物的環境も含めて理解すること。・生物個体の相互の関係が、生物の生息、生存にとって重要であることの概要を把握すること。&#... 詳細へ

微分積分学の基本事項を理解することを目標とする。一般論の理論の把握に努め、具体的な計算では自ら手を動せるようになることを期待する。新しい概念を真に身につけるためにはその概念になじむことが必要であり、数... 詳細へ

1.化学反応の駆動力としての自由エネルギーについて理解する2.化学反応速度に対する遷移状態理論の概要を理解する3.典型的な化学反応のパターンに基づいて反応の分類ができるようになる4.典型的な化学反応に... 詳細へ

問題を解く計算は計算機に任せることができるが、問題を数理モデルとして定式化するのは問題を解決する人間が行う必要がある。したがって、具体的な問題を数理モデルとして定式化できるようになることが、全受講生の... 詳細へ

環境問題の諸側面を様々な視点からとらえるとともに、その解決方法に関して基礎的かつ広範な視点を理解するとともに、身近な環境問題から地球環境に至るまでの新しい環境に関する考え方を理解する。... 詳細へ

大学教養課程程度の物理学の見方・考え方を示すと同時に、物理学の対象領域の全体像を示す。これによって、より進んだ物理学の学習への契機を提供する。本科目の具体的到達目標は以下のとおりである。... 詳細へ

1.原子や分子の大きさ、電子の振る舞いの特徴、化学結合ができる仕組みを理解する。2.炭素化合物の構造多様性とその原因を結合論、原子軌道、分子軌道の観点から理解する。3.材料として機能する分子とその集合... 詳細へ

このページの先頭へ