法学系

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

本講義は、初学者むけの法学入門です。その主要な目的は、①法学の基礎知識を教える、ことと②具体的なケースや問題を通じて法的なものの考え方を伝える、ことにあります。市民生活において... 詳細へ

一般市民が広く遭遇する可能性のある代表的な紛争について、その予防や解決のために必要とされる基本的な法律知識を修得させて、受講者が実際に何らかの紛争に遭遇した場合に、その紛争を法的枠組みによる解決の土俵... 詳細へ

この授業では、現代の行政の多様な各領域について各論的な知識を得ることよりも、それらの領域を横断して「あらゆる行政に共通の基本的なしくみ」をひととおり理解できるようになることが主眼となります。それによっ... 詳細へ

日本国憲法の基本構造、全体像および具体像に関する基礎的な理解が望まれるとともに、本授業の学習を通して「法的なものの考え方」とその表現の仕方の習得も目標となる。... 詳細へ

国際法の各分野における重要な基礎概念について、その歴史的背景を踏まえつつ、現段階でのあり方について理解することを目指す。さらには、現行の制度が今後も現在のようなかたちで存続できるのか、そうでないとすれ... 詳細へ

全15回の講義を通じ、具体的な事例を踏まえつつ、著作物を利用するに当たり著作権法がどのようにかかわっているかということを的確に理解し、日常生活の中で法に基づく適切な判断ができるようにするとともに、職業... 詳細へ

本科目の修学上の目標は、地域の安全・安心の実現の要件は何かを理解したうえで、実際の具体的事例を見ながら、災害対応のための地域マネジメントシステム構築の手法について知識を得、その意義と課題... 詳細へ

① 知識としての国際ボランティア活動ではなく、自らも参加できる国際ボランティア活動であることを知る。② 国内外における国際ボランティア活動の多様な実践を知り、身の回りでも自分の... 詳細へ

人間活動が現在直面している温暖化の問題など、将来ますます深刻化していく地球環境の変化は、人間活動に起因するものであり、その結果が生態系の劣化や人間生存の危機をもたらすという深刻な事態に至ることが危惧さ... 詳細へ

グローバル化は、世界の中に「日本」が入り込み、日本の中に「世界」が入り込むという「入れ子構造」を伴って進展している。その入れ子構造の実態を理解し、さまざまな境界が内と外から溶けていくかに見える社会変化... 詳細へ

犯罪と刑罰に関する法と政策のトータルな把握を目指す。同時に、犯罪への法規制及び刑事司法の在り方について、多角的な視座から考察できる考え方を身につける。... 詳細へ

建築(空間)と政治との相互規定性や、建築家と政治家との緊張関係、建物の動線のあり方などを立体的、三次元的把握を可能とする授業構成をめざす。この番組を勉強すれば、建築(空間)と政治権力の館についての一通... 詳細へ

現代社会においては、物流とそのネットワークが戦略経営の要となっている面があろう。なかでも海運は、わが国においては特に重要性が高い。日本企業がグローバル展開する現代では、高度な物流が果たしている役割は想... 詳細へ

雇用社会の変貌の実態を知るとともに関係する法的紛争に関する知識を得る。具体的紛争についての裁判例や考え方を知ることは、職場において自分や仲間の権利・利益を守るために不可欠である。同時に、... 詳細へ

この講義は、初学者にも法律学が身近に感じられるよう工夫しながら、家族に関する基本的な法律の知識、高齢社会における制度と法律の知識及び法律の背後にある法の精神(Legal Mind)を学ぶことを目標とし... 詳細へ

本授業を通じて、民法のあらまし、概要を理解することが本授業の第一次的な目標である。また、民法の範囲はとても広いので、本講義で民法全体を詳しく説明することはできない。しかし、本授業によりここでは論じられ... 詳細へ

このページの先頭へ