政治学系

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

本講義は、初学者むけの法学入門です。その主要な目的は、①法学の基礎知識を教える、ことと②具体的なケースや問題を通じて法的なものの考え方を伝える、ことにあります。市民生活において... 詳細へ

日本国憲法の基本構造、全体像および具体像に関する基礎的な理解が望まれるとともに、本授業の学習を通して「法的なものの考え方」とその表現の仕方の習得も目標となる。... 詳細へ

一番目の目標は国際政治への興味を引き起こす。二番目にニュースを批判的に受け取る姿勢を養う。つまり、誰が、どういう目的で、いかにしてニュースを「制作」したかを考える習慣を養うきっかけを提供する。そのため... 詳細へ

現在の日本と世界の政治は混沌たる状況にある。だが、過去の政治の歴史は、混沌を生き抜き、これを克服する人々の営みであった。日本の政治史を見渡すことで、21世紀の政治を考える知的滋養を養うことが本講義の目... 詳細へ

現代日本政治に即して、政治学の基本的な概念と方法を学ぶことによって、政治学と現代日本に関わる基本的な知識を身につけるとともに、現代日本において有権者として生活するための高度なリテラシーを身につけること... 詳細へ

日本におけるロシアのイメージは、ソ連時代の影響でその独自性ばかりが強調されてきた。そこで本講義では、新しいロシアの政治が了解可能となるよう、政治的アクター(大統領、政党、マスメディアなど)を中心に議論... 詳細へ

グローバル化は、世界の中に「日本」が入り込み、日本の中に「世界」が入り込むという「入れ子構造」を伴って進展している。その入れ子構造の実態を理解し、さまざまな境界が内と外から溶けていくかに見える社会変化... 詳細へ

入門講義の体裁をとりながら、広くかつ深く政治学を味わうことができる。政治学という学問が本来もっている楽しさを充分に理解してもらえるよう工夫したい。... 詳細へ

行政学・政策学の諸概念を基礎から学びつつ、それを用いて現実の行政や政策を同情的に理解し、かつ批判的に吟味する力を養う。歴史的に形成されてきた官僚制の構造が政策転換を困難にしている現実を理... 詳細へ

①現代東アジアの諸地域の政治と社会の相互関係を、グローバルな視点から位置づける視角の重要性を認識する。②東アジア諸地域の政治と社会の相互関係から各政治体制の特徴を再定義し、それ... 詳細へ

この問題の基本的な構図を把握しマスコミ報道などに批判的に接する態度を養う。... 詳細へ

建築(空間)と政治との相互規定性や、建築家と政治家との緊張関係、建物の動線のあり方などを立体的、三次元的把握を可能とする授業構成をめざす。この番組を勉強すれば、建築(空間)と政治権力の館についての一通... 詳細へ

現代社会においては、物流とそのネットワークが戦略経営の要となっている面があろう。なかでも海運は、わが国においては特に重要性が高い。日本企業がグローバル展開する現代では、高度な物流が果たしている役割は想... 詳細へ

1)日本の政治思想史の特徴を総論で把握する。2)各論で近世から現代にかけての政治思想の流れを理解する。3)個々の思想家だけにとらわれない政治思想をつかむことで、日本政治に対する理解を深める。... 詳細へ

このページの先頭へ