ソフトウェア系

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

コンピュータに偏ることのない,本質的な計算の概念とその性質とを理解し,具体的な問題解決に際して可能な限り広く応用できる力を身につける.とくに,日常生活に見られる種々の計算の性質や,自然言語で表現した計... 詳細へ

人間とコンピュータとの関係がどうあるべきかについて学ぶことにより、技術をどのように活かすべきかを考え、それを具体的なインタフェースとして設計する考え方を身につけます。... 詳細へ

データ構造の基礎および応用について学ぶ。ソフトウェア設計のために必要なデータ構造を選択できるようにする。プログラミング言語における効果的なデータ構造利用法について学習する。コンピュータに関する基礎概念... 詳細へ

誰でも容易に大量の情報が発信できる情報社会において、それぞれの立場の者がどのような権利を有しているのかについて理解し、自己の権利を適切に守るとともに、適切な情報発信と情報活用ができるようにするための基... 詳細へ

ソフトウェアと,それによって動かされるコンピュータの関係を理解する。高水準プログラム言語の構造と直接コンピュータに結びついている機械語の関係を理解する。応用ソフトウェアと大きな関わりをもっているマルチ... 詳細へ

一階述語論理の表現の意味の理解、日本語の表現の翻訳、および推論の妥当性の点検ができる。... 詳細へ

・情報セキュリティのシステム的・運用的な課題を理解する。・情報リテラシー(フルーエンシー)教育における情報倫理の課題を理解する。・社会における一... 詳細へ

初歩的なプログラミング技術について学習する(C言語を利用)。情報科学・計算機科学におけるソフトウェア作成の手続きを学習する。基本的なアルゴリズム、データ構造、計算量などについて学習する。... 詳細へ

プログラミングの基礎的な考え方を学ぶとともに、最終的には、簡単なプログラムを自分で書けるようになることを目指します。... 詳細へ

大量のデータをどのように処理し、分析するのか、またそういった分析をすることで、どういった知識が抽出できるかについて、具体的な実践を通して身につけることを目標とする。... 詳細へ

コンピュータの基本的な演算のしくみや動作、コンピュータが持つ計算機資源の管理について学ぶことを通して、コンピュータのしくみについて理解を深めることを目標とする。... 詳細へ

このページの先頭へ