ヒューマン系

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

人間とコンピュータとの関係がどうあるべきかについて学ぶことにより、技術をどのように活かすべきかを考え、それを具体的なインタフェースとして設計する考え方を身につけます。... 詳細へ

本科目は情報コースの導入科目であるため、より専門的な知識を身に付ける前に、又は、身に付けると同時に、日常的に触れている身の回りのデジタルメディアについての理解を深めることを目標とする。また、様々なデジ... 詳細へ

誰でも容易に大量の情報が発信できる情報社会において、それぞれの立場の者がどのような権利を有しているのかについて理解し、自己の権利を適切に守るとともに、適切な情報発信と情報活用ができるようにするための基... 詳細へ

・ユニバーサルデザインやアクセシビリティの概念と世界的な流れを把握し、企業や社会活動において、多様なユーザーのニーズを考慮した情報発信やユーザー支援が行えるようになる。・グ... 詳細へ

・情報セキュリティのシステム的・運用的な課題を理解する。・情報リテラシー(フルーエンシー)教育における情報倫理の課題を理解する。・社会における一... 詳細へ

情報化社会における教育の現状や課題に関する知識を習得する。 情報技術の応用に関して用いられる様々な新しい用語について基本的な知識を得る一方で、情報技術との関連を通して教育および学習の意味について考えな... 詳細へ

本授業は、とくに理工系や学際系の視点から、人間、情報、環境に関連する法システムに関する内容を編成したものである。本授業の目標は、人的資源マネジメント、情報マネジメント、社会環境マネジメント等に関わる労... 詳細へ

コンピュータやインターネットの技術をつかってハードウェアやソフトウェアなどの設計(たとえばウェブサイトの設計など)を行うとき、そのユーザについて、その特性やニーズ、利用状況を的確に把握したうえで、使い... 詳細へ

感性工学について、その概念、デザインや心理学、美学、マネジメントなどとの関係、その評価や計測のやり方などについて基本的な理解を得ることを目標とします。この科目の履修によって、感性と感性工学とについてバ... 詳細へ

本科目は、ウェブ環境でグローバルに提供される知的財産を三つのかたち(コンテンツ、知的財産、財産的情報)に分類し、それらがどのように創造され、保護され、活用されているかを、知財権法の基礎的な知識と身近な... 詳細へ

学校教育におけるICTの位置づけや活用に関する現状や課題などの具体的な事例から知識を習得し、他の関連科目でさらに学習を深めるようにする。... 詳細へ

このページの先頭へ