家庭

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

調節された膨大な化学反応の集積体としての生命の成り立ちをよく理解した上で、食品の機能、安全性、病気の予防などについて理解を深めることを目標とする。... 詳細へ

本学で開講する家族に関連する複数の科目のベースとなる家族社会学の骨格を示す。家族の基礎理論、歴史、親子関係、夫妻関係、ジェンダー、社会変動と家族、地域と家族、国家と家族など、家族を理解するうえで欠かせ... 詳細へ

現代の家族生活のポジティブな面とネガティブな面の双方に目配りしつつ、日常的な家族生活で生じる具体的家族問題について取り上げ、その実態の理解を深めるとともに問題への現実的な対処や支援に関する方法を検討す... 詳細へ

リスクの増大化・複雑化する現代において、生活上のリスクを把握し管理することが社会的にも求められている。本科目では、喫緊の課題ともいえる生活リスクマネジメントについて、知識の提供と実践能力... 詳細へ

講義を通して、保育・教育の専門職者(保育士、教諭)が保育所や幼稚園で担当している乳幼児の指導をより豊かなものにするための基本原理と指導方法を学ぶとともに、乳幼児にかかわる父母ӥ... 詳細へ

家族現象に関して、生活者として、また、民間NPO団体や地域あるいは行政・企業で家族や人間生活にかかわる仕事をしている担当者が、動きつつある家族の実態を多角的視点から柔軟に認識し、科学的知... 詳細へ

健康を目指した食生活を構築するためには食物に含まれる成分の構造と機能を理解する必要がある。栄養素の化学と機能を習得し、さらに多種類の食材に含まれる微量な非栄養素の生体に有効にはたらく機能成分の理解を目... 詳細へ

このページの先頭へ