情報

※科目名の後の括弧は、放送開始年度です

コンピュータに偏ることのない、本質的な計算の概念とその性質とを理解し、具体的な問題解決に際して可能な限り広く応用できる力を身につける。とくに、日常生活に見られる種々の計算の性質や、自然言語で表現した計... 詳細へ

・ユニバーサルデザインやアクセシビリティの概念と世界的な流れを把握し、企業や社会活動において、多様なユーザーのニーズを考慮した情報発信やユーザー支援が行えるようになる。・グ... 詳細へ

通信の基礎を理解することにより、通信について、またその応用などについて積極的に考えることができるようになることを目標とする。... 詳細へ

情報化社会における教育の現状や課題に関する知識を習得する。 情報技術の応用に関して用いられる様々な新しい用語について基本的な知識を得る一方で、情報技術との関連を通して教育および学習の意味について考えな... 詳細へ

自然言語の性質、自然言語をコンピュータで処理するアルゴリズム、難しさ等を理解する。これによって、ウェブサーチや機械翻訳などの自然言語処理の応用システムを健全に利活用する能力を身につける。... 詳細へ

Webシステムが動作する仕組みを理解することを目標とする。Webに関する規格、動的なWebサイトを実現する仕組み、データベース技術、Webのセキュリティ、Webシステムの具体例や応用などを学ぶ。... 詳細へ

科学技術的な知識の習得を主な目的とするのではなく、社会科学的な視野から、総合的に、情報通信技術(ICT)と社会とがどのようにダイナミックな相互作用のもとに進化しているかを理解することを目標とします。す... 詳細へ

現代社会においては、誰もが目的に応じて情報を扱う能力を求められている。そのためには、情報機器やソフトウェアを使用する技能の習得と情報や情報処理の概念や原理の理解が必要であり、本科目では後者を目的とする... 詳細へ

初歩的なプログラミング技術について学習する(C言語を利用)。情報科学・計算機科学におけるソフトウェア作成の手続きを学習する。基本的なアルゴリズム、データ構造、計算量などについて学習する。... 詳細へ

大量のデータをどのように処理し、分析するのか、またそういった分析をすることで、どういった知識が抽出できるかについて、具体的な実践を通して身につけることを目標とする。... 詳細へ

CGの作成および描画、画像合成の処理に関する基本原理を理解することが、本授業の目標である。単にCGを作成したり画像を編集したりするだけであれば、その原理を知る必要はない。しかし、高いリアリティで速く、... 詳細へ

本科目の目標は、映像コンテンツの制作における表現面と技術面の両側面を体系的に身につけることである。表現面としては、企画・構成、シナリオ、カメラワーク、照明、編集などがあり、技術面としては... 詳細へ

ネットワーク技術やコンピューター技術に関する理解を深め、昨今のネットワークにより提供されるようになったサービスの概略について見識を広めることが目標である。... 詳細へ

多様なメディアの電子情報をデータベースとして管理する方法と、それらの電子情報を効果的・効率的に活用する方法を学ぶ。... 詳細へ

コンピュータの基本的な演算のしくみや動作、コンピュータが持つ計算機資源の管理について学ぶことを通して、コンピュータのしくみについて理解を深めることを目標とする。... 詳細へ

データベースが動作する仕組み及びデータベースの設計手法を理解すると共に、現在の主流であるリレーショナルデータベースの概念を基本から理解することを目標とする。データベースの概念設計、論理設計、SQLによ... 詳細へ

このページの先頭へ