放送大学で学ぶ心理学。
「認定心理士」資格取得者32,568人のうち約3000人が放送大学で学んだ皆さんです。※平成23年1月現在、放送大学受講生約3000人、認定心理士合格者32568人、放送大学大学院修了生の、平成22年度「臨床心理士」資格試験合格率は76.9%です。全国平均は61.3%、

心理学は「生活」や「仕事」の中で幅広く活用できる学問です

放送大学では心理学関連科目を多数開講しており、各受講生の学習目的にあった科目を、自由に履修することができます。

子育てや人間関係の悩みを解決するために
心理に関する知識を広げることで、自分や相手の心を理解し、ケアするための新たな視点を得ることができます。そのようにして得た知識は、家族との関わりの中で活かせるほか、社会生活を営む上で多くの気づきを与えてくれます。
教育・医療などの仕事に活かしたい
教育現場や医療機関、介護・福祉施設などで働く人にとって、人の気持ちや行動を理解し、対応する能力を学ぶことで職業人としての力量を上げ、将来のキャリアアップに役立てることもできます。
職場のメンタルヘルスについて理解を深めたい
近年、仕事や職場環境によるストレスから心の病が増加しており、何らかのメンタルヘルス対策を講じる企業が増えています。心理学を学ぶことで、職場で心のトラブルを抱える人や、メンタルヘルス対策に関する理解が深まります。
心理学を体系的に学び、専門家を目指す
心理学の知識を体系的に学んで将来の仕事に活かしたいという人のために、大学卒業(学位取得)ができる環境を整えているほか、認定心理士や臨床心理士の資格を取得する道も開いています。

放送大学が選ばれ続ける4つのポイント

Point@テレビやラジオでも学べるから働きながらでも学びやすい
テレビやラジオの無料放送で、授業を視聴しながら自宅で自分のペースで学べます。また学習センターでは授業を収録したDVDやCD等を貸し出しているので、何度も繰り返し受講することもできます。
PointA大学卒業(学位単位)や各種資格取得を目指せます
教育現場や医療機関、介護・福祉施設などで働く人にとって、人の気持ちや行動を理解し、対応する能力を学ぶことで職業人としての力量を上げ、将来のキャリアアップに役立てることもできます。
PointB授業料は1科目11,000円テキスト費も含まれています
授業料は印刷教材費込みで1科目(2単位)11,000円。学期(半年)ごとに登録した科目数分の授業料を納入すればよいのでムダがありません。

区分、入学料、授業料
PointC大学院(文化科学研究所文化科学専攻)も設置しています
大学院には、生活健康学科、人間発達学科、臨床心理学、社会経営科学、文化情報学、自然環境科学の6つのプログラムを設置。3種類の履修形態で多様な学習形態に対応しています。
※大学院修士全科生の募集は年1回、8月〜9月上旬を予定。選考試験があります。

区分、入学料、授業料

修士全科生は出願時検定料30,000円、研究指導料88,000円/年が必要です。臨床心理実習費として、20,000円が必要です。
認定心理士を目指そう,先生からワンポイントアドバイス
これまでに約3000人が取得
認定心理士の資格は、心理学に関する標準的基礎知識と基礎技術を修得していることを、社団法人日本心理学会が認定するもの。将来、心理学の専門家になるためのベースとなる資格です。本大学で所定の単位を修得し、日本心理学会に申請することで取得可能。これまでに約3000人の放送大学の受講生が認定心理士の資格を取得しています。

大学卒業資格,大学で所定の単位を取得,日本心理学会に申請,認定心理士資格取得
放送大学で、あるいは他の4年生大学での履修とあわせて、36単位で取得できます

企業の人事担当者や、医療関係者や、医療機関・教育機関等、さまざまな職場で心理学の基礎知識・基礎技術は必ず役に立つものです。「心理学概論」「学習心理学」「社会心理学」「教育心理学」「臨床心理学」など36単位を履修して、認定心理士の資格を取得すれば、自身を持って日々の業務に取り組めるのではないでしょうか。必要単位には他大学での単位も合算できます。

星薫准教授星薫准教授
認知心理学、認知加齢研究。成人の思考の特徴や変化を研究。「心理学概論」の主任講師を務める
大学院で学べば 臨床心理士資格 も目指せます

臨床心理学の知識や技術を用いて、心理的な問題を取り扱う専門家が臨床心理士。医療機関や教育機関、民間企業などでカウンセラーとして働くなど、様々な領域で活動することができます。本大学に併設された放送大学大学院は、日本臨床心理士資格認定協会の第2種大学院指定校。大学院修士全科生を修了し、1年以上の心理臨床実務経験を経ることで、臨床心理士の受験資格を修得できます。平成22年度の臨床心理士資格試験合格率は76.9%です。

臨床心理学プログラム(修士全科生)修了,1年以上の実務経験,受験資格取得

心の問題に取り組む高度専門職業人(臨床心理士)を育成します

不登校やいじめ問題、子育てへの不安、虐待やDV、中高年の職場環境の問題など、現代においては、心の問題の深刻さは増し、専門的・実践的な取り組みが求められています。放送大学大学院は、広い視野を持ちながら実践的に活動できる高度専門職業人(臨床心理士)の養成、および再研修を目指して「臨床心理学プログラム」を設置しています。

小野けい子教授小野けい子教授
臨床心理学、箱庭療法学。「心理臨床の基礎」「心理臨床とイメージ」「臨床心理面接持論」主任講師

ページの先頭へ