学長メッセージ 地域貢献への取り組み 科目群履修認証制度
(放送大学エキスパート)
面接授業
(スクーリング)
地域貢献活動をする
学生の紹介
千葉学習センター 平成29年度 URL:https://www.sc.ouj.ac.jp/center/chiba/
プロジェクト名:学外における大規模公開講演会開催の試み 〜第九に至る声楽曲の壮大な歩み〜
1.プロジェクト概要

本プロジェクトでは、従前単なる聴衆にとどまっていた近隣の一般市民が、学生及び教職員と共に講演会の開催に向けた活動を行う市民参加型大規模講演会の実施を試み、学習センターの学習機能の拡充と活性化を図るものである。

千葉学習センターを含む南関東7学習センターでは、2015年、2016年に「第九を歌う」プロジェクトを実施し、これまで単体で計画されていた教育活動(面接授業、ゼミ、講演会など)とそれを機能させる多様な学生、教職員、外部指導者らが、より高き志を持つ中で地理的な距離を乗り越え協働の力を出し切り、その集大成としての演奏会を開催し、放送大学の積極的な学びの姿勢を世に示したところである。

しかし、同プロジェクトに参加できなかった学生や周辺地域の人々からの強い要望もあり、演奏会を取り入れた形式の講演会として企画したのが本プロジェクトである。

このプロジェクトを通じて、学生及び教職員が放送大学への帰属意識を高めるとともに、一般市民が学習センターにおける練習に参加することにより、学習センターの機能の拡充を図り、学びたい人々が社会的学術的に意味あるテーマの下に集い、積極的に学ぶ姿勢を表すような講演会としたい。

<テーマ> 第九に至る声楽曲の壮大な歩み
【開催日時・場所】 9月3日14:00〜16:00  千葉市美浜文化ホール
【講演者】 第一部 茂木一衛(神奈川SC・埼玉SC客員教授)
第二部 山本純ノ介(千葉学習SC客員教授
【演奏者】 伊藤誠教授(面接授業担当)、田中安茂(市川男声合唱団常任指揮者)、浦川聡子非常勤講師(面接授業)、山本きよみ非常勤講師(面接授業)、前島あや子非常勤講師(面接授業)ほか  10名
【参加者・参加団体】 近隣市民 30名程度、SC関連学生 60名程度、混声合唱団「こだま」、浦安男声合唱団、千葉SC合唱サークル、放送大学放唱会  総数 120名程度
【独唱者】 山田知子(放送大学教授)、池田ちひろ(埼玉SC学生)、大澤類司(山梨SC学生)、武井康史(東京多摩SC学生)
<練 習> 講演者、所長、外部指導者による一回2時間程度の歌唱指導を千葉SC講義室で40回以上、美浜文化ホールでリハーサル、ゲネプロを一回づつ行う。

▲ページの先頭へ