学長メッセージ 地域貢献への取り組み 科目群履修認証制度
(放送大学エキスパート)
面接授業
(スクーリング)
地域貢献活動をする
学生の紹介
鹿児島学習センター 平成29年度 URL:https://www.sc.ouj.ac.jp/center/kagoshima/
プロジェクト名:「マチュピチュに魅せられた日本人と古代アンデス文明」展 鹿児島学習センター特別展示会
1.プロジェクト概要

南米に花開いた古代アンデス文明は、文字や鉄を持たずに、巨大な石造建造物や、優れた土器、織物、黄金装飾品などを発達させたユニークな文明である。その研究に果たした日本人の功績については余り知られていない。日本人による古代アンデス文明研究の発端は、マチュピチュ村の村長になった野内与吉と中南米有数の実業家と言われた天野芳太郎との出会いから始まる。天野芳太郎は野内与吉の案内でマチュピチュ遺跡を踏査したあとアンデス文明に魅了された。天野の勧めで、泉靖一(当時東大教授)が東京大学アンデス調査団を結成して1960年に発掘調査を開始し、それ以来、東大調査団は輝かしい成果を上げてきた。また、漁網会社を経営していた実業家の森下精一は、天野に影響され、出土品のコレクションを行い、岡山にBIZEN中南米美術館を設立した。

今秋9月鹿児島において、新たに改装オープンされたかごしま県民交流センター6階ギャラリーを会場として、上記特別展示会を開催準備中である。本展示会では、東大調査団の最大の成果であるアメリカ大陸最古の黄金装飾品(レプリカ)、BIZEN中南米美術館所蔵の土器・織物、リトルワールド所蔵のアンデスの現代文化を表す民具などの無償提供を受け、展示すると共に、先人の足跡を紹介する。本展示会を通して、放送大学の文化活動の一端を広く鹿児島県民に知ってもらうと共に、来年度鹿児島学習センター創立20周年を迎えるので、地元に対する鹿児島学習センターの情報発信力やプレゼンスを高める契機とする。

[展示品] 〇古代アンデス文明出土品:土器、織物、黄金装身具レプリカなど
〇アンデス文明の現代文化を表す民具
〇天野氏、野内氏遺品
〇マチュピチュ巨大写真
(1) 開催期間 平成29年9月9日(土)〜10月1日(日)
(開催期間中に公開講演会とギャラリートークを開催)
(2) 開催場所 かごしま県民交流センター 6階ギャラリー第1 (鹿児島市山下町14−50)
(3) 主催 放送大学鹿児島学習センター、(公益財団法人)鹿児島県国際交流協会
(4) 後援 在日ペルー共和国大使館、鹿児島県教育委員会、鹿児島市教育委員会、NHK鹿児島放送局、(株)MBC南日本放送、(株)南日本新聞社
(5) 入場料 一般・大学生 700円(事前登録者 500円)、中高生 300円、小学生以下 無料
(6) 実行委員会代表 稲村哲也(放送大学教授)、野内セサル良郎(日本マチュピチュ協会会長)、森下矢須之(BIZEN中南米美術館館長)、菅沼俊彦(鹿児島学習センター所長)
(7) 事務局 放送大学鹿児島学習センター

▲ページの先頭へ