放送大学イメージソング 人間の贅沢、ひとつ | 学生生活の栞 教養学部 | 視覚障がい者の方へ

視覚障がい者の方へ

視覚障がい者のためのHP情報
ホーム > 学生生活の栞 教養学部 > 放送大学イメージソング 人間の贅沢、ひとつ

放送大学イメージソング 人間の贅沢、ひとつ

放送大学イメージソング 人間の贅沢、ひとつ

 

小椋佳 作詩

小椋佳 作曲

 

おとずれては さるつきのひに ひとそれぞれ こころつくし

ちからつくし なにごとかを きざみつけて じぶんしかく

かえりみれば そのほとんど ふじゅうぶんか みかんせいか

けれどにんげん しりえたものの つみかさなりに よろこびしる

 

おもえばまなびは にんげんがあじわえる それじたい ぜいたくのひとつ

のぞめばまなびは だれでもがてにできる さいこうの ぜいたくのひとつ

 

どんなかみの えこひいきか にんげんにだけ あたえられた

しろうとする たんきゅうしん まなぶことの じゅうじつかん

やみにひかり みるかいかん こうじょうという まんぞくかん

ひとのれきしに そのひそやかな いっぽいっぽが きらめいてる

 

おしつけられ ぎむづけられ まなびをただ うとんだひび

いまにすれば なつかしさに えみをうかべ おもいかえす

いまはいえる たのしいから うれしいから すきだからと

まなびつづけて のぼるさかみち みのりのあすが かいまみえる

 

おもえばまなびは にんげんがあじわえる それじたい ぜいたくのひとつ

のぞめばまなびは だれもがてにできる さいこうの ぜいたくのひとつ

 

いつかいおう せいいっぱい よいいのちを いきてきたと

いつのときも みずみずしい せいしゅんきぶん だいていたと

しんじつへと あくことなく かのうせいを おいかけたと

まなびかなせて かきおわらない そのじぶんしに くいはないと

ページの先頭へ