全科履修生の卒業要件(2016年度以降のカリキュラムの方) | 学生生活の栞 教養学部 | 視覚障がい者の方へ

視覚障がい者の方へ

視覚障がい者のためのHP情報
ホーム > 学生生活の栞 教養学部 > 全科履修生の卒業要件(2016年度以降のカリキュラムの方)

全科履修生の卒業要件(2016年度以降のカリキュラムの方)

6 全科履修生の卒業要件(2016年度以降のカリキュラムの方)

 

2016年度のカリキュラム改正により全科履修生の卒業要件は次の表のとおりとなりました。2016年度第1学期以降の入学者および新カリキュラムへ移行した在学生が対象となります。(詳細は(2 履修計画のたて方)(2)アから 参照)

 

*****

(1)科目区分にかかる要件

修得すべき最低単位数単位(計124単位)

基盤科目:14単位(うち外国語2単位)

コース科目(導入科目・専門科目・総合科目):76単位(うち自コース開設34単位、うち他コース開設4単位)

科目区分を問わない単位数:34単位

単位の認定方法

卒業研究の6単位は、所属するコース(自コース)の専門科目として認定する。

 

(注)「資格取得等に資する科目」のうち、看護師資格取得に資する科目(2009年度以降開設科目)の単位は、コース科目(うち他コース開設)において修得すべき最低単位数に算入する。

*****

 

*****

(2)授業形態にかかる要件

修得すべき最低単位数単位(計124単位)

放送授業:94単位

面接授業又はオンライン授業:20単位

授業形態を問わない単位数:10単位※

単位の認定方法

卒業研究の6単位のうち3単位を放送授業、3単位を面接授業の単位として認定する。

 

※オンライン授業3科目「教育課程の意義及び編成の方法(15)」「幼児理解の理論及び方法(15)」「小学校外国語教育教授基礎論(17)」は、卒業要件上は「授業形態を問わない単位数」として取り扱う。

*****

 

(1)科目区分にかかる要件および(2)授業形態にかかる要件の両方を満たさなければ卒業できません。

ページの先頭へ