01 授業 | 学生生活の栞 教養学部 | 視覚障がい者の方へ

視覚障がい者の方へ

視覚障がい者のためのHP情報
ホーム > 学生生活の栞 教養学部 > 01 授業

01 授業

1 授業

 

放送大学で開講する授業形態には、下記のものがあります。

 

放送授業

放送の視聴と印刷教材による学習を行い、通信指導問題の答案を担当教員に提出して通信添削指導を受け、単位認定試験を受験して合格すると単位が与えられます。

 

面接授業

学習センター等での講師による講義等を受講し、試験・レポート等の成績等が良好な場合に単位が与えられます。

 

オンライン授業

すべての学習をインターネットで行います。科目ごとに決められた期間に課題を提出することで成績評価を行います。放送授業のように通信指導や学習センターで行う単位認定試験はありません(一部科目を除く)。((3)オンライン授業 参照)

 

*****

体育実技

各地で社会体育事業等として行われている各種体育等に参加することにより単位が与えられます。

 

卒業研究

研究テーマについて指導教員から指導を受けながら、研究成果の報告書を作成しその報告書の審査等に合格することにより単位が与えられます。

 

※体育実技および卒業研究は全科履修生のみが履修できる選択科目です。詳細は、(2 履修計画のたて方 (2)全科履修生の学習 イ 卒業研究)を参照してください。

※いずれも必修ではありません。

*****

 

(1)放送授業

ア 放送の視聴による学習

放送授業は、テレビ放送による科目(以下「テレビ科目」という。)とラジオ放送による科目(以下「ラジオ科目」という。)の2種類があり、科目によりテレビ科目かラジオ科目かが決まっています。テレビ科目、ラジオ科目いずれも1つの授業期間に15週にわたって放送され(週1回、1回45分)、学期ごとに完結します。その授業内容は第1学期、第2学期とも同じです。

放送授業の放送時間割は、「授業科目案内」、「放送大学番組表」および放送大学のホームページに記載されています。

 

イ 印刷教材(テキスト)による学習

印刷教材は、放送授業科目ごとに、放送授業と互いに補完するように作成されています。学習にあたっては、この印刷教材を読み、併せて放送授業を視聴して行います。

印刷教材は、科目登録申請をし、授業料を所定の期日までに納入されると、大学から送付します。

一部の科目には、CD、CD-ROM、DVD-ROM等の補助教材を添付しています。これらの補助教材は、効果的に学習を進めるために添付しているもので、単位修得のために必ず視聴しなければならないものではありません。

印刷教材に、教育内容に影響を及ぼす誤りが見つかった場合は、正誤表を発行します。ただし、主任講師が教育内容に直接影響がない軽微な誤りと判断した場合は、正誤表は発行されません。

 

ウ 科目の改訂

各授業科目は、最新の学問成果を採り入れ、かつ、理解しやすい授業にするために、おおむね4年に1度改訂が行われます。

 

エ 放送授業科目の単位

放送授業科目は、放送授業と印刷教材を併せて学習し、通信指導および単位認定試験に合格することにより、2単位を修得することができます。

 

オ 放送授業の視聴方法

次のいずれかの方法で、放送授業が視聴できることをご確認ください。

 

*****

【BS放送へ完全移行しました】

関東の一部地域で放送していた地上デジタル放送(12チャンネル)およびFMラジオ放送(東京:77.1MHz、前橋:78.8MHz)は、2018年9月末をもって終了し、同年10月より、BS放送に完全移行しました。

インターネットラジオradiko(ラジコ)やインターネット配信もご利用いただけます。

*****

 

①BSテレビ放送(BS232ch)(無料)

リモコンで「BS」を押し、BS放送に切り替えてください。

<視聴方法>

(ⅰ)リモコンのチャンネルボタンで選局(リモコンの∧∨+-のついたチャンネル(選局)ボタンを順送りして、放送大学のチャンネルを選局する)。

(ⅱ)電子番組表(EPG)から選択(リモコンの「番組表」ボタンを押して電子番組表を表示し、上下左右ボタン等で放送大学の番組を選択する)。

(ⅲ)3桁のチャンネル番号を入力(リモコンの「チャンネル番号入力」「10キー入力」「3桁入力」等と表示されたボタンを押し、数字ボタンで「232」を入力する)。

※リモコンやテレビ等の機種によりボタンの名称や操作方法が異なる場合がありますので、取扱説明書をご参照ください。

※放送大学の番組を放送しているケーブルテレビでも視聴・聴取ができます(一部ケーブルテレビを除く)。

 

②BSラジオ放送(BS531ch)(無料)

テレビで聴く音声放送です。画面には番組名が静止画で表示されます。

リモコンで「BS」を押し、BS放送に切り替えてください。

<聴取方法>

a.BSテレビの放送大学のデータ放送から切り替える(上記テレビ放送のⅰからⅲの方法でテレビ放送大学を選局し、直後に数秒間表示される画面左下の「BSラジオへ」の案内のとおり、青ボタンを押す(表示されない、または表示が消えた場合は○d(データ)ボタン、青ボタンの順に押してください))。

b.3桁のチャンネル番号を入力(リモコンの「チャンネル番号入力」「10キー入力」「3桁入力」等と表示されたボタンを押し、数字ボタンで「531」を入力する)。

※一般的な録音方法については、本学ホームページをご参照ください。(https://www.ouj.ac.jp/hp/toiawase/broadcast/#anc-q7-07)

ただし、機種によっては対応ができない場合があります。

 

③インターネット配信

テレビ科目とラジオ科目の原則すべてをインターネット配信しています。パソコンやスマートフォンで視聴できます。

※科目名や必要な環境については「本学ホームページ」の「番組表」の「放送番組の視聴方法」(https://www.ouj.ac.jp/hp/bangumi/howto.html)をご覧ください。

※映像・音声をパソコンなどに保存することはできません。

※ストリーミング配信のため視聴中にインターネット通信費がかかる場合があります。通信費がかからないWi-Fi環境等での視聴を推奨します。

 

④ひかりTV

放送大学のテレビ番組(BSキャンパスex、BSキャンパスon)が「ひかりTV」のBSデジタル放送にて2019年春より提供開始予定です。

開始の際は、放送大学ホームページでお知らせいたします。

「ひかりTV」は様々な専門チャンネルを提供している有料の映像配信サービスです。

月額基本料金内でBSアンテナを設置せずにBSデジタル放送がご視聴いただけます。

※サービスのご利用にはひかりTVの契約と対応する光回線、チューナーが必要です。

※サービス利用可能地域:NTT東日本及びNTT西日本のフレッツ光提供エリア

ひかりTVの詳細はホームページまたはカスタマーセンターでご確認ください。

ひかりTVホームページ:http://www.hikaritv.net/entry?cid=ouj

カスタマーセンター:009192‐144(10時から19時:年中無休)

上記の番号がご利用になれない場合 0120‐001144

 

⑤インターネットラジオ radiko(ラジコ)

ラジオ科目は、インターネットラジオradiko(http://radiko.jp)でも聴取できます。パソコンやスマートフォン等で「放送大学」を選局してください。

 

⑥学習センター等における視聴による学習

ご家庭等で放送授業を視聴できない場合または繰り返し学習する場合には、学習センター等に放送授業の視聴設備があり、都合の良い日時に視聴することができます。

なお、2019年度より、学習センターに新規開設科目のDVD・CDの配架はありません。2019年度以降に開設された科目を視聴する際には、各学習センターに設置されているインターネット視聴用のパソコンをご利用いただき、インターネット配信でご視聴ください。

 

⑥放送教材(DVD・CD)の郵送貸出しによる学習

BS放送が受信できないまたはインターネット環境がない等、ご家庭等に放送授業を視聴する環境がない場合でも、放送教材(DVD・CD)を郵送にて大学本部からご自宅に取り寄せることができます。

※2019年度新規開設科目の一部は、制作スケジュールの都合等により、2019年4月1日に貸出しできない場合があります。貸出開始時期はシステムWAKABA「キャンパスライフ→学内連絡→放送教材(DVD・CD)の郵送貸出申請について」に掲載および学習センター・サテライトスペースに掲示します。

※2020年3月19日から2020年3月31日は特別整理期間のため、郵送貸出しは行いません。

貸出しをすることができる放送教材は次のとおりです。

 

a 学期の初めから単位認定試験期間終了まで

履修している科目

再試験を受験する科目

特別講義

 

b 単位認定試験期間の翌日からその学期の終了まで

開講中(第1学期は閉講後再試験科目を含む)の全ての科目

特別講義

 

貸出し期間および貸出し数は次のとおりです。

a【本州に在住の学生】14日間、5枚以内。

b【本州以外に在住の学生】18日間、5枚以内。

※上記の日数には、放送大学本部からの発送日および返却到着日を含みます。

貸出方法は、放送教材貸出申込書を「郵送」または「FAX」してください。「インターネット」による申込みもできます。なお、お電話での申込みは、一切受け付けできません。放送大学本部からの郵送方法は第四種郵便のみとし、送料は往復分とも貸出し申込者(学生)負担となります。

 

放送教材の郵送貸出し申込みから返却までのながれ

 

*****

a 申込みに必要なもの

(ⅰ)申込用紙(※申込用紙は巻末様式19をA4に拡大コピーまたはシステムWAKABA「キャンパスライフ→各種届出等申請様式」からダウンロードしてください)

(ⅱ)送料分の切手(※郵便料金は料金表を参照してください)

郵送申込みの場合:申込用紙と一緒に切手を貼付してください。

FAX申込みの場合:放送教材返送時に切手を同封してください。

インターネット申込みの場合:放送教材返送時に切手を同封してください。

b 放送大学本部:学習センター支援室 放送教材郵送貸出担当から放送教材を発送

※申込受付順に放送教材を確認して発送します。

c 視聴後、放送大学本部:学習センター支援室 放送教材郵送貸出担当へ返送

郵送された際に同封されていた申込書のコピーも教材と一緒に返送してください。

新たに教材貸出しの申込みを行う場合は、新規に貸出申込書を作成し、送料分の切手を貼付してください。

*****

 

*****

第四種郵便(通信教育用)料金表

教材の枚数目安(DVD・CD共通):重さ:第四種郵便料金:速達料金合計

1枚:~100g:15円:295円

2枚:101gから200g:25円:305円

3から4枚:201gから300g:35円:315円(3枚)

3から4枚:201gから300g:35円:415円(4枚)

5枚:301gから400g:45円:425円

*****

 

※送料は送付物の重さによって料金表と異なる場合があります。

※速達料金合計は第四種郵便料金を含んでいます。

※速達による郵送を希望する場合には、料金280円(250gまで)または380円(1kgまで)の切手を追加し、郵送またはFAXによる申込みの場合には申込書の「速達希望の有無」の「有」にマルを付けてください。

 

注意事項

発送作業は平日に行います(土・日・祝休日および年末年始、特別整理期間(2020年3月19日から2020年3月31日)は発送しません)。

貸出しした放送教材が返却されない場合や、教材の破損・紛失・料金不足などがあった場合は、貸出し禁止となることがありますのでご留意ください。

送料分の切手と実際の郵送料に差額が多く発生した場合でも返金はできません。

貸出し放送教材の複製および第三者への貸与はできません。

返送期限日までに必ず郵送で返却してください。

郵送申込みを第四種郵便で行う場合は、封筒のサイズを「最小(縦14cm・横9cm)から最大(縦60cm・縦と横と厚さの合計90cm)に収め」、「封筒ののりしろ部分を3分の1程度切り取り」、「文部科学省認可通信教育」と表示することで、100g以内15円となります。

 

申込み宛先

a 郵送による申込み

〒261‐8586

千葉市美浜区若葉2‐11

放送大学 学習センター支援室 放送教材郵送貸出担当

 

b FAXによる申込み

FAX番号 043‐298‐4510

 

c インターネットによる申込み

https://www.ouj.ac.jp/hp/BorrowDVD_v01/

 

(1)面接授業

ア 面接授業の内容

面接授業は、学習センター等で他の学生と一緒に直接講師から指導を受ける授業です。

また、全国の学生の方がどこでも面接授業を受けられるよう、全国50か所の学習センターおよび全国7か所のサテライトスペースで年間約3,000クラスの面接授業を開講しています。

 

①面接授業の教育内容

面接授業は、各学習センター等で様々な科目を開講しています。

放送による授業では経験できない実験・実習の授業を多数開講しています。

また、学習センターのパソコンを使った授業や学習センター以外の場所で実習等を行う授業など、全国様々な場所で、豊富な内容の面接授業が行われています。

 

*****

全国の学習センターでどのような科目が開設されているのか、授業概要、日程、教科書、成績評価の方法など、学習センターに備え付けのブロックごとの冊子「面接授業時間割表」および放送大学ホームページ(https://www.ouj.ac.jp/)でご案内しますので、ご確認ください。

*****

 

なお、面接授業は、放送授業と別の教育内容になります。そのため、放送授業と同じ科目名の面接授業が開講されている場合でも、必ずしも両方を履修する必要はありません。

あらかじめ学年暦(1 2019年度 学年暦参照)で年間スケジュールをよく確認のうえ、無理なく面接授業を受講できるよう計画してください。

 

②面接授業の単位

面接授業科目は、1科目が1単位になります。全科履修生は、卒業要件として面接授業またはオンライン授業の単位を20単位以上修得する必要があります。(全科履修生が4年で卒業するためには、1学期平均2から3単位を面接授業またはオンライン授業によって修得することになります。)

また、選科履修生・科目履修生も、必修ではありませんが、自分の学習したい内容に合わせた面接授業を受講できます。

 

イ 面接授業科目の開講期間等について

面接授業科目は、原則として1時限1時間30分の授業を7回、45分の授業を1回、計8回行います。

 

①授業科目の開講期間

面接授業科目は全国の学習センター等で開講します。また、開講期間等は以下のとおりです。

 

*****

開講学期:開講期間

2019年度第1学期:2019年4月13日(土曜日)から8月4日(日曜日)

2019年度第2学期:2019年10月19日(土曜日)から2020年2月2日(日曜日)

*****

 

②授業科目の主な開講形態

面接授業科目の開講形態は、各科目によって異なりますが、ここでは主な形態を例示します。

連続する土曜日・日曜日の授業の後に試験・レポート等を実施している場合

 

*****

1時限:2時限:3時限:4時限:5時限

土曜日:1回:2回:3回:4回:‐

日曜日:5回:6回:7回:8回 試験・レポート等:‐

*****

 

③授業科目の実施時間帯

授業時間帯は各学習センター等により異なりますので、受講にあたっては、各学習センターに備え付けのブロックごとの冊子「面接授業時間割表」および本学ホームページでご案内しますので、ご確認ください。

 

ウ 授業の登録方法等

面接授業の登録手続きは、学期開始前の登録申請と学期開始後の追加登録があります。

在学している方の学期開始前の登録申請方法は、1月(第1学期用)および7月(第2学期用)に送付する「科目登録申請要項」に基づき、「面接授業時間割表」にある次学期の授業の登録を行います。科目登録申請の詳細については、(3 科目登録参照)をご確認ください。

学期開始後は、授業が開始される前に空席がある科目のみ追加登録を行うことが可能です。詳しくは(3 科目登録 エ 面接授業科目の追加登録)「面接授業の追加登録」をご参照ください。なお、一度授業料を納付いただいた科目を自己都合キャンセル又は科目変更することはできませんのでご注意ください。

 

(科目登録申請から受講までの流れ)

選択する科目が決まったら、以下の要領で科目登録申請を行います。

 

*****

学期開始前→〈前学期中〉科目登録申請→科目登録通知決定→授業料納付→受講

学期開始後→空席発表→追加登録(授業料納付)→受講

*****

 

授業日程にやむを得ず変更が生じた場合、受講生の方には電話および学生メール(Gmail)等によりすみやかにお知らせします。

なお、授業日程の変更等の際は、交通費等は補償いたしませんので、あらかじめご了承ください。

 

エ 抽選による選考

すべての面接授業科目には受講定員が設けられています。定員を上回る登録申請があった科目については、抽選による選考を行います。

当選した科目については、科目登録決定通知書に記載されます。

 

*****

(抽選のイメージ)

学生→申請→期限内に届いた全ての申請について、コンピュータで一括抽選→登録者が決定

*****

 

オ 受講の準備について

面接授業は、授業受講に際し必要な図書(授業当日必ずご持参いただくもの)は、面接授業時間割表で「教科書」として指定していますので、受講生が各自でご用意ください。

 

カ 単位認定について

面接授業科目の評価は、成績が優れている順に○A、A、B、C、D、Eの6区分で行い、C以上が合格で1単位が認定されます。

 

(仮成績の情報提供について)

面接授業の受講生に対し、履修計画を立てる上で、可能な限り早く成績評価をお知らせするため、学期内で2回の期間に分け、「仮成績」として学期中にシステムWAKABA上で学生に周知してきたところですが、現在、システムの不具合のため、実施を中断しています。

2019年度の仮成績の情報提供につきましては、別途お知らせします。

 

(3)オンライン授業

ア オンライン授業とは

すべての学習をインターネットで行います。科目ごとに決められた期間に課題を提出することで成績評価を行います。放送授業のように通信指導や学習センターで行う単位認定試験はありません(一部科目を除く)。オンライン授業の学習方法・操作方法は、「オンライン授業体験版(https://online-open.ouj.jp)」をご確認ください。

 

イ オンライン授業へのアクセス方法

システムWAKABA内の学内リンクよりオンライン授業システムにアクセスしてください。システムWAKABAへのアクセス方法は(8 教務情報システム(システムWAKABA)等各種情報システムのご案内)を参照ください。※オンライン授業は科目登録した学生だけが科目にアクセスできます。

 

ウ 2019年度オンライン授業配信期間

1学期:2019年4月5日(金曜日)10時から2019年9月2日(月曜日)17時まで

2学期:2019年10月4日(金曜日)10時から2020年3月2日(月曜日)17時まで

※配信終了後は、講師からのお知らせ・各課題の採点結果などの確認はできません。ご注意ください。

 

エ 履修上の注意

①オンライン授業には1単位科目(8コマ)と2単位科目(15コマ)があります。1コマあたり、講義が45分程度、課題(択一式問題・レポート・ディスカッションなど)の解答が45分程度を合わせた90分程度の授業です(科目の特性により異なります)。

②オンライン授業は科目によって課題の提出期限が異なります。学期開始後は必ずオンライン授業システムにアクセスし課題締切を確認してください。

③オンライン授業のすべての教材はインターネットで配信します(印刷教材はありません)。一部の科目については指定教材があります。シラバスをご確認ください。

④オンライン授業科目の単位修得後、放送大学に学籍があり、かつ当該科目の開設期間中は、復習用に講義映像や資料などの一部を閲覧することができます。配信は学期開始1か月後ごろ開始いたします。

⑤単位を修得できなかった場合、再度科目登録が必要になります。オンライン授業は通信指導、単位認定試験を行わないため再試験はありません(一部科目を除く)。

⑥受講にはインターネット接続されたパソコンとブラウザー、Adobe Flash Player、Adobe Readerが必要です。詳しくはオンライン授業体験版をご確認ください。学習できる環境をご自身で整えた上、科目登録をお願いします。学習センターなどのパソコンは、原則利用できません。

 

オ 単位認定試験を実施するオンライン授業科目について

「教育課程の意義及び編成の方法('15)」「幼児理解の理論及び方法(15)」「小学校外国語教育教授基礎論(17)」はWeb通信指導、単位認定試験を実施します。通信指導はWebのみの受付となり、郵送はありません。通信指導に合格した上で、学習センターなどで単位認定試験を受験する必要があります。

上記科目に関しては、新規に科目登録した学期に単位修得できなかった場合、次の学期に学籍がある場合に限り、科目登録を行わなくても再試験を受けられます。

 

カ 成績評価・課題提出について

オンライン授業の成績評価は、○AからEの6区分で行い、C以上が合格です。成績評価方法・課題の締め切りは科目により異なります。成績評価方法についてはシラバスをご確認ください。

成績は、「成績通知書」によって通知します。また、システムWAKABA「教務情報→履修成績照会」でも確認することができます。

 

キ オンライン授業についての問い合わせについて

①操作方法・使い方について

オンライン授業システム内にある「お問合せフォーム」をご利用ください。

 

②科目内容および成績評価に対する疑義について

システムWAKABAの「質問箱」をご利用ください。質問箱については(5 質問について)をご参照ください

ページの先頭へ