8 休学、復学、退学、除籍、表彰、懲戒 | 学生生活の栞 教養学部 | スクリーンリーダーでご覧の方へ

スクリーンリーダーでご覧の方へ

ホーム > 学生生活の栞 教養学部 > 8 休学、復学、退学、除籍、表彰、懲戒

8 休学、復学、退学、除籍、表彰、懲戒

8 休学、復学、退学、除籍、表彰、懲戒

 

休学・復学・退学については、システムWAKABAまたは巻末の各種様式を用いて期限厳守でご申請ください。審査のうえ、願出を認めます。

 

*****

休学・復学・退学申請についての注意

1.学期途中での休学・復学・退学はできません。また、願出は4月または10月の本学委員会の議を経て決定されます。

2.本学委員会の決定前は、システムWAKABAに「未決裁」と表示されます。決定前に結果等についてお答えできません。

3.例年、申請不可または不備の申請が多数発生しています。可能な限りシステムWAKABAより申請を行ってください。

※休学できる通算学期数の超過、また申請が不要な方等には、申請時にエラーメッセージが表示されます。

*****

 

(1)休学

(科目履修生、選科履修生で在学期間終了予定の方、全科履修生で期間満了予定の方など、次学期に学籍がない方は休学できません。)

①全科履修生および選科履修生は、病気、出張、その他の事由により修学の継続が困難な場合は、システムWAKABA「教務情報→変更・異動手続→休学」で申請し、休学することができます。

学期途中での休学はできず、申請した次学期からの休学となります。

なお、「休学願」(巻末様式5)の郵送でも願出できますが、提出締切がシステムWAKABAによる申請より早くなっているのでご注意ください。

 

*****

<提出期間>

2022年度第2学期からの休学

システムWAKABA:2022年4月20日(水曜日)9時から2022年9月30日(金曜日)24時

郵送:2022年4月20日(水曜日)から2022年9月25日(日曜日)必着

 

2023年度第1学期からの休学

システムWAKABA:2022年10月20日(木曜日)9時から2023年3月31日(金曜日)24時

郵送:2022年10月20日(木曜日)から2023年3月25日(土曜日)必着

*****

 

※科目登録申請後に休学を願い出た場合は、科目登録申請を取り下げて休学するものとして取り扱います。詳細は最新の科目登録申請要項をご確認ください。

②休学期間は、1学期間を単位とし、全科履修生は通算して8学期間(4年間)まで、選科履修生の場合は通算して2学期間(1年間)までです。

なお、全科履修生としての修業年限および在学年限、選科履修生としての修業期間には、休学期間は含まれません。

③休学中の学期は通信指導の再提出および単位認定試験の再試験受験ができなくなりますのでご注意ください。単位修得には再度、科目登録申請および授業料の納入が必要となります。

④休学期間中は図書の貸出を受けることができません。

⑤卒業研究を履修中の方は、申請前に大学本部学生課卒業判定係にご連絡ください。

⑥1学期に休学する場合は、夏季集中科目の履修、ならびに卒業研究の履修申請および履修ができませんのでご注意ください。

 

*****

『科目登録申請要項』などの関係資料は、休学中の方にも送付されます。

科目登録申請開始の8日前になっても関係資料が未着または紛失された場合は、学生サポートセンター(TEL:043‐276‐5111)にご連絡ください。

*****

 

(2)復学

①予定していた休学期間が終了する前に復学を希望する場合、システムWAKABA「教務情報→変更・異動手続→復学」から申請するか、「復学願」(巻末様式6)を郵送でご提出ください。申請した次学期からの復学となります。

②学修の再開を希望する方は、並行して次学期の科目登録を忘れずに行ってください。詳細は『科目登録申請要項』をご確認ください。

 

*****

<提出期間>

2022年度第2学期からの復学

システムWAKABA:2022年4月20日(水曜日)9時から2022年9月30日(金曜日)24時

郵送:2022年4月20日(水曜日)から2022年9月25日(日曜日)必着

 

2023年度第1学期からの復学

システムWAKABA:2022年10月20日(木曜日)9時から2023年3月31日(金曜日)24時

郵送:2022年10月20日(木曜日)から2023年3月25日(土曜日)必着

*****

 

③あらかじめ承認された休学期間が終了する場合は、自動的に復学となるため、復学の申請は必要ありません。

 

(3)退学

(科目履修生、選科履修生で在学期間終了予定の方、全科履修生で期間満了予定の方など、次学期に学籍がない方は退学できません。)

病気、出張、その他の事由により修学の継続が困難な場合は、休学の制度を有効にご利用ください。やむを得ない事由により退学を希望する場合は、システムWAKABA「教務情報→変更・異動手続→退学」で申請し、退学することができます。学期途中の退学はできず、申請した学期末で退学となります。

なお、「退学願」(巻末様式7)の郵送でも願出できますが、提出締切がシステムWAKABAによる申請より早くなっているのでご注意ください。

 

*****

<提出期間>

2022年度第1学期末退学:

システムWAKABA:2022年4月20日(水曜日)9時から2022年9月30日(金曜日)24時

郵送:2022年4月20日(水曜日)から2022年9月25日(日曜日)必着

 

2022年度第2学期末退学:

システムWAKABA:2022年10月20日(木曜日)9時から2023年3月31日(金曜日)24時

郵送:2022年10月20日(木曜日)から2023年3月25日(土曜日)必着

*****

 

※次学期の科目登録申請後に退学を願い出た場合は、科目登録申請を取り下げて退学するものとして取り扱います。

※退学は、4月または10月の本学委員会の議を経て決定されます。決定までは、『科目登録申請要項』など次学期の学修に関する関係資料は送付されます。

 

(4)除籍

全科履修生が次のいずれかの事由に該当するときは、除籍されます。

①在学年限を超えたとき(詳細については、修業年限および在学年限([2 履修計画のたて方 (2)全科履修生の学習 エ 修業年限および在学年限])をご参照ください)。

②休学期間を除き学費納入がない期間が4学期続くとき。

 

(5)表彰

次のいずれかに該当すると認められる学生または学生団体(以下「学生等」という。)に対する表彰制度があります。

① 卒業時において、特に優秀な学業成績を修めたと認められる学生

② 本学における学術研究活動において、特に顕著な業績を挙げ、本学の名誉を高めたと認められる学生等

③ 課外活動において、特に顕著な成績を修め、本学の名誉を高めたと認められる学生等

④ 社会活動において、特に顕著な功績を残し、社会的に高い評価を受け、本学の名誉を高めたと認められる学生等

上記①については、教養学部の全コース(または専攻)を修了した全科履修生の方で、人物、学習態度が良好である方に対して、放送大学名誉学生の称号をお贈りし、表彰状および副賞の授与を行っています。

※新コース設置の経過措置として、情報コースを除く5コース目の入学年度が2013年度入学までの場合、情報コースを除く5コースによる称号付与を希望する方には称号をお贈りします。

 

(6)懲戒

本学の規則に違反し、または学生としての本分に反する行為をした場合は懲戒の処分を受けます。懲戒の種類には退学、停学および訓告があり、特に本学の秩序を乱し、その他学生としての本分に著しく反した場合は退学となります。

なお、停学の処分を受けた場合は、その期間は全科履修生の修業年限や選科履修生および科目履修生の修業期間に算入されませんが、全科履修生の在学年限には算入されます。

ページの先頭へ