概要 | 大学院 | 視覚障がい者の方へ

視覚障がい者の方へ

視覚障がい者のためのHP情報
ホーム > 概要 | 大学院

概要

1 概要

 

1.学生の種類

本学大学院修士課程の学生種は、「修士全科生」「修士選科生」「修士科目生」の3種類があり、本冊子は「修士選科生」と「修士科目生」の2学生種を対象としています。今回の募集で出願できるのは1学生種のみに限ります(本学教養学部と大学院に同時に在籍することは可能です)。

 

修士の学位取得を目指す→修士全科生(在学期間2年以上最長5年まで)

自分の学習・研究したい分野の科目を履修する→修士選科生(在学期間1年(2学期間))

自分の学習・研究したい分野の科目を履修する→修士科目生(在学期間半年(1学期間))

 

2.学習センター・サテライトスペース [案内図(学習センター・サテライトスペース)参照]

学習センターやサテライトスペースは、いわば本学のキャンパスです。学生はいずれか1つに所属します。

学習センター・サテライトスペースでできること

放送授業の再視聴

単位認定試験の受験

学習相談

書籍、印刷教材の閲覧

図書室の利用

学生団体(サークル)活動などの交流

学生証・証明書の発行申請(サテライトスペース除く)

 

3.入学から単位修得までの流れ

入学→放送授業→通信指導(注)→単位認定試験→成績評価→単位修得

入学→オンライン授業→成績評価→単位修得

 

(注)選択した科目の通信指導問題を提出し、合格すると単位認定試験の受験資格を得ることができます。

選択した科目の単位認定試験に合格すると単位が認定されます。

修士選科生・修士科目生として修得した単位は、後に修士全科生として入学した場合、修了要件の単位として認定されます。

ただし、当該修得単位を本学教養学部の全科履修生での卒業要件単位として申請し、使用した場合は、大学院修士課程の修了要件単位として使用できません。

単位が修得できなかった場合、次学期に継続して学籍のある方(休学中の場合を除く)は、再履修科目の登録を行なわなくても再履修が可能です。

当該学期末で学籍が終了し、かつ再試験をする場合は、再度、次学期の出願手続きが必要になりますので注意してください。[科目登録申請についての注意事項参照]

オンライン授業では、通信指導および単位認定試験は行いません。よって再試験もありません。単位を修得できなかった場合、再度、科目登録申請が必要になります。

オンライン授業では、全ての教材はインターネットで配信します(印刷教材はありません)。一部の科目については指定教材があります。シラバスを確認してください。

※2021年度第2学期単位認定試験は、新型コロナウイルス感染症のまん延状況により実施方法に変更が生じる場合があります。

ページの先頭へ