はじめに | 学生生活の栞 大学院 | 視覚障がい者の方へ

視覚障がい者の方へ

視覚障がい者のためのHP情報
ホーム > 学生生活の栞 大学院 > はじめに

はじめに

はじめに

 

放送大学は、広く国民に開かれた大学教育を行うことを目指して、放送を利用した新しいタイプの大学として開学し、2018年度第2学期現在約8万人の学生が学んでいます。2001年4月1日に大学院文化科学研究科文化科学専攻修士課程を設置し、2002年4月より学生の受入れを開始しました。さらに、2014年4月には、地域社会・職場等における課題解決への取り組みを担う人々を指導しうる高度な社会人研究者の養成を行う博士後期課程を設置し、2014年10月より学生の受入れを開始しました。

この『学生生活の栞[大学院文化科学研究科]』では、放送大学大学院で学ぶに当たって、その方法、留意事項、諸手続きをはじめ、学習センター等の利用方法、学則等の諸規定等について記載しています。必要な事項をお読みいただき、勉学を進めるうえで疑問な点が生じたときにも、この『学生生活の栞』を随時参照ください。(次ページに掲載された事項には、特にご注意ください。)なお、修士全科生の方は修士論文等作成のための「研究指導」、博士全科生の方は博士論文作成のための「特定研究科目(研究指導)」が必修となっておりますが、それについては、別途、『「研究指導」履修の手引き』、『大学院博士後期課程履修の手引き』を参照してください。

また、大学から各種お知らせや学習に役立つ情報を提供する告知番組である「大学の窓」、教務情報システム(システムWAKABA)でお知らせいたしますので、併せてご活用ください。

 

*****

《表紙の説明》

放送大学附属図書館所蔵

アシカ(otaria stelleri)<哺乳(ほにゅう)綱鰭(ききゃく)脚目アシカ科>

シーボルト「日本動物誌」 1833から1850年

Siebold, Philipp Franz von. : Fauna Japonica. Leiden, 1833-1850.

本書は、シーボルトが日本滞在中に採集した動物標本や川原慶賀などの日本人絵師にスケッチさせた下絵をもとに、ライデン博物館のテミンク等3人の研究者によって作成され、1833年から1850年という長期にわたって5つの部編が刊行されました。日本の動物について欧文で紹介された最初の資料です。

広義には哺乳綱鰭脚目アシカ科の海産動物の総称で、狭義にはその1種をさす。アシカ科Otariidaeには、太平洋北部に生息するオットセイとトド、南アメリカ中部と南部の沿岸に生息するオタリア、オーストラリア南部にすむオーストラリアアシカNeophoca cinerea、ニュージーランド南部にすむニュージーランドアシカPhocarctos hookeri、南半球の中緯度と高緯度海域、ガラパゴス諸島とカリフォルニア沿岸に分布する8種のミナミオットセイArctocephalusspp.が含まれる。体はすべて紡錘形で、四肢はひれ状で長く、尾はきわめて短い。小耳介がある点や後肢を前方へ曲げることができることなど、水中生活への適応度はアザラシ科より低い。オットセイ類は綿毛(下毛)が密で、18世紀以来毛皮として利用されている。

狭義での種名のアシカZalophus californianusには三つの亜種がある。

亜種ニホンアシカZ. c. japonicusはすでに絶滅したもようである。島根県の竹島では繁殖していたが乱獲されて壊滅した。

解説の内容については、JapanKnowledge Lib(https://japanknowledge.com/library/)より引用。

 

《裏表紙の説明》

放送大学イメージキャラクター“まなぴー”

「あなた」の心に学びを届ける伝書鳩をイメージしています。

*****

 

*****

1 各種届出の締切日の厳守及び郵便事故等の取扱いについて

放送大学には2018年度第2学期現在約8万人の方々が、放送授業を中心とする緻密なスケジュールの下に勉学に励んでいます。本学では教務関係の事務処理を円滑かつ迅速に行えるよう日々努めておりますが、皆様におかれましても、こうした状況を理解いただき、定められた期日や手続きをお守りくださるようお願いします。

10から13ページに記載の学年暦をあらかじめ把握のうえ、申請時期が始まっても必要な書類が届かない場合は、郵便事故等が考えられますので速やかにご連絡ください。申請期間を過ぎると受付できませんので十分ご注意願います。

 

2 科目登録について

放送大学は年間2学期制を採り、放送授業・オンライン授業(修士課程)、特論及び研究法(博士後期課程)の科目は、各々の学期で完結するシステムを採っていますので、履修する科目の登録は学期ごとに行います。詳しくは、この『学生生活の栞[大学院文化科学研究科]』の科目登録についての項(3 科目登録から)を参照してください。

なお、在学年限や修業期間の満了、修了に伴い学籍を失う方には、継続入学関連書類(お知らせ)を送付します。([9 継続入学(修士選科生・修士科目生のみ)]参照、集団入学の方、修士全科生及び博士全科生は除く)

 

3 印刷教材の送付について(博士全科生は除く。)

科目登録後、印刷教材等の発送は学費の入金確認後に行うため、通常お手元に届くまでに入金後20日間程度の期間を要します。したがって学期開始の20日前までに入金されない場合は、学期開始までに印刷教材等をお届けできない場合がありますのであらかじめご了承願います。

また、授業科目は、おおむね4年ごとに開設・改訂が行われ、この場合印刷教材が新たに作成されます。したがって、新規開設・改訂科目の印刷教材は、他の科目とは別に送付することがありますのでご了承願います。

 

4 単位認定試験の1科目受験について(博士全科生は除く。)

単位認定試験において、同一試験日・時限に新たに登録した科目と前回不合格となり再試験となった科目が重なった場合は、いずれか1科目を選択して受験することになります。どの科目を受験するかは、前もって届け出る必要はありません。科目を選択するにあたっては、単位認定試験の日程等を確認しながら計画的に行ってください。

 

5 博士全科生のシステムWAKABAの利用について

博士全科生はシステムWAKABAの一部機能の利用ができませんので、手続の際等、ご留意ください。

*****

ページの先頭へ