4 通信指導、単位認定試験(修士課程のみ) | 学生生活の栞 大学院 | スクリーンリーダーでご覧の方へ

スクリーンリーダーでご覧の方へ

ホーム > 学生生活の栞 大学院 > 4 通信指導、単位認定試験(修士課程のみ)

4 通信指導、単位認定試験(修士課程のみ)

4 通信指導、単位認定試験(修士課程のみ)

 

*****

〈通信指導の提出から単位認定試験および単位修得の流れ〉

①通信指導

※「(1)ア 送付時期」参照

②答案を大学へ提出(Web、郵送)

※「(1)イ 提出期間」参照

未提出→当該科目を登録した学期の次学期まで在学(休学者を除く)していれば、次学期に限り通信指導を受けることができ、合格すると単位認定試験を受験することができます。

※当該学期で学籍が切れる方は、改めて入学手続きが必要です。

提出↓

③添削結果、単位認定試験通知(受験票)の送付

※「(1)エ 評価」、「(2)オ 受験票」参照

不合格(受験資格なし)→当該科目を登録した学期の次学期まで在学(休学者を除く)していれば、次学期に限り通信指導を受けることができ、合格すると単位認定試験を受験することができます。

※当該学期で学籍が切れる方は、改めて入学手続きが必要です。

合格(受験資格あり)↓

④単位認定試験

※「(2)単位認定試験」参照

未受験→当該科目を登録した学期の次学期まで在学(休学者を除く)していれば、次学期に限り単位認定試験を再受験できます。

※当該学期で学籍が切れる方は、改めて入学手続きが必要です。

⑤成績通知

※「(2)キ 成績」参照

不合格→当該科目を登録した学期の次学期まで在学(休学者を除く)していれば、次学期に限り単位認定試験を再受験できます。

※当該学期で学籍が切れる方は、改めて入学手続きが必要です。

合格→単位修得

 

※大学院で開設するオンライン授業科目では通信指導および単位認定試験は行いません。単位を修得できなかった場合、再度科目登録が必要になりますのでご注意ください。

*****

 

(1)通信指導

各学期の途中に1回、前半の一定の範囲で出題される通信指導には、問題の形式として択一式、記述式、併用式があります。通信指導問題は、以下の「ア 送付時期」の期間に発送いたしますので、「イ 提出期間」内に大学本部にご提出ください。ご提出いただいた通信指導は、担当教員の指導を受け、「エ 評価」の時期に添削結果を返送します。未提出あるいは期限までに到着しなかった場合は、評価対象になりません。通信指導に合格すると単位認定試験の受験資格が得られます。

通信指導の内容について疑問などが生じた場合は、システムWAKABA「授業サポート→質問箱」または「質問票」(巻末様式13)を用いて質問してください([5 質問について(修士課程のみ)]参照)。

 

ア 送付時期

問題は、印刷教材と一緒に発送します(一部の科目については別に送付する場合があります)。

 

〈送付時期〉

第1学期 2022年2月中旬から5月上旬

第2学期 2022年8月下旬から11月上旬

発送状況については、システムWAKABA「教務情報→学生カルテ→教材発送情報」にて確認できます。第1学期については5月6日まで、第2学期については11月4日までに届かない場合、また、科目登録をした科目と異なる科目の問題が届いた場合、または、落丁等があった場合は、大学本部(TEL:043‐276‐5111(学生サポートセンター))にご連絡ください。

 

イ 提出期間

次の提出期間に大学本部に到着するようご提出ください。

 

〈提出期間〉

Web通信指導による提出の場合

第1学期 2022年5月9日(月曜日)10時から5月31日(火曜日)17時

第2学期 2022年11月8日(火曜日)10時から11月29日(火曜日)17時

※利用するパソコンおよびネットワーク環境に起因するトラブルにより提出が間に合わなかった場合でも、未提出扱いとなりますので、余裕をもって提出(送信)してください。

 

郵送による提出の場合

第1学期 2022年5月16日(月曜日)から5月31日(火曜日)必着

第2学期 2022年11月15日(火曜日)から11月29日(火曜日)必着

※提出期限を過ぎて到着したものは受理できません。なお、個別の到着確認は致しかねますので、郵送物が本学に到着したかを確認されたい場合は、追跡確認のできる送付方法を郵便局や宅配業者にご相談の上、ご送付ください。

 

〈Web通信指導の利用について〉

提出については、一部の科目を除き、郵送によるもののほか、インターネット上で通信指導問題の提出・解説の閲覧ができる「Web通信指導」が利用可能です。「Web通信指導」で通信指導問題の提出(送信)を行った場合には、郵送による提出は不要です(提出されても無効となります)。対象科目、受講方法などについて、詳細はシステムWAKABA「キャンパスライフ→学内連絡→通信指導の提出について」をご覧ください。

 

〈提出状況の確認〉

①Web通信指導による提出分

Web通信指導のトップページ画面において、科目一覧の各科目の欄内に「提出済(送信済)」と表示されます(システムWAKABAの以下(1)から(3)の画面は、目安として提出(送信)いただいた翌日か、翌々日に「受理」と表示されます)。

(1)「教務情報→履修成績照会」

(2)「教務情報→学生カルテ→単位修得状況情報」

(3)「教務情報→単位認定試験時間割照会(学生用)」

 

②郵送による提出分

大学本部において一定の手続きを経て問題冊子の受付処理が済むと、システムWAKABAの上記(1)から(3)の画面において、通信指導の欄が順次「受理」と表示されます。

提出期間までにご提出いただいた場合、目安として第1学期は6月6日ごろまで、第2学期は12月5日ごろまでにすべての科目が「受理」と表示されます。

※問題冊子ごとに受付処理をしているため複数科目を同時にご提出いただいた場合でも、先に一部の科目のみ「受理」と表示される場合があります。

※郵送での提出状況は、Web通信指導の提出状況表示には反映されませんので、システムWAKABAにてご確認ください。

 

ウ 自習型解答・解説

通信指導の答案を期限までに提出した方には、自習型問題の解答・解説を通信指導問題の添削結果送付時期に、別々に送付いたします。以下の未着期限までに添削結果が届かない場合は、大学本部(TEL:043‐276‐5111(学生サポートセンター))にご連絡ください。

第1学期:6月29日、第2学期:12月22日

 

エ 評価

提出された答案は、当該科目の担当教員が添削指導を行い、添削結果を送付します。通信指導に合格すると、当該科目の単位認定試験の受験資格が得られます。

通信指導の合否結果は、添削結果と同時期に送付される「単位認定試験通知(受験票)」によって通知されます。

合格の場合は、当該科目の試験日時などが記載されます。未提出または不合格の場合は受験できません(詳細は、「(2)単位認定試験」の項を参照してください)。

 

〈添削結果返送時期〉

第1学期 2022年6月末ごろから7月上旬

第2学期 2022年12月末ごろから2023年1月上旬

以下の未着期限までに添削結果が届かない場合は、大学本部(TEL:043‐276‐5111(学生サポートセンター))にご連絡ください。

①択一式科目(併用式科目の択一部分) 第1学期:7月11日、第2学期:1月6日

②記述式科目(併用式科目の記述部分) 第1学期:7月14日、第2学期:1月16日

※単位認定試験通知(受験票)は、添削結果より前に届くことがあります。

 

オ その他

放送大学では、新規登録科目の通信指導が未提出および不合格の場合、次学期に学籍がある場合に限り(休学中の場合を除く)、科目登録を行わなくても再度通信指導を受けることができます。

特にお手続きの必要はなく、次学期に自動的に新しい通信指導が送付されますので、それを期限内に提出し合格すると、単位認定試験の受験資格が得られます。

なお、既に通信指導に合格している場合、通信指導問題は送付されません。単位認定試験のみ、再受験となります。

 

(2)単位認定試験

放送授業を科目登録し、通信指導に合格して受験資格を得た方は、各学期末に行われる当該科目の単位認定試験を受験することができます。出題範囲は第1回から第15回までの放送授業とそれに対応する印刷教材の範囲です。

 

ア 試験実施方法および出題形式

2022年度の単位認定試験は、Web受験方式により実施します。

自宅等からインターネットを通じてWeb単位認定試験システムにアクセスして受験します。試験期間中いつでも受験可能ですが、1科目50分の制限時間があり、各科目1回のみ受験可能です。

出題形式は、「択一式」「記述式」「併用式」があり、各科目の出題形式は「授業科目案内」に記載しています。

 

イ 試験日程

2022年度の単位認定試験は全科目共通で次の期間に実施し、試験期間中であれば、「授業科目案内」に記載の試験日・時限にかかわらず、いつでも自宅などから受験することができます。

 

〈Web受験科目の試験期間〉

第1学期:2022年7月15日(金曜日)9時から7月26日(火曜日)17時

第2学期:2023年1月17日(火曜日)9時から1月25日(水曜日)17時

ただし、登録システムの設計上、「授業科目案内」に記載の試験日・時限が同一の科目を重複して登録することはできません。

また、教養学部と大学院の両方に学籍があり試験日・時限が重複する場合や、前学期に科目登録し単位修得できなかった科目と新規登録科目の試験日・時限が重複する場合については、2022年度に限っては両方の科目を受験することができます。

 

ウ 自宅などでのWeb受験が困難な場合について

自宅などにインターネット環境がない、またはパソコン・スマホ・タブレットなど電子機器の操作が困難などの事情により、自宅などでのWeb受験が困難な場合、次の方法により学習センターでの受験を申請することができます。

ただし、申請にあたっては次のことに注意してください。

 

*****

注意事項

(1)学習センターなどで受験する場合、「授業科目案内」およびシステムWAKABAに記載の試験日・時限に受験する必要があります。

また、各学習センターなどの受入可能人数を超える数の申請があった場合、個別に学習センター受験日時の調整をお願いすることがあります。

(2)学習センターなどで受験する場合でも、原則として「試験問題の閲覧」および「択一式の解答」は、学習センターなどのパソコンを用いてご自身で行っていただきます。

(3)「学習センター受験申請書」に記載された「受験を希望する学習センター」が、登録されている単位認定試験受験センターと異なる場合、当該学期以降の「単位認定試験受験センター」を申請された学習センターなどに変更します。

(4)「学習センター受験申請書」は当該学期のみ有効となります。翌学期続けて学習センター受験を希望する場合は、翌学期の受付期間にあらためて「学習センター受験申請書」を提出してください。

*****

 

*****

〈申請方法〉

「学習センター受験申請書」(印刷教材等に同封)を郵送提出

 

〈申請受付期間〉

第1学期:4月1日(金曜日)から5月23日(月曜日)(郵送必着)

第2学期:10月1日(土曜日)から11月24日(木曜日)(郵送必着)

*****

 

エ Web単位認定試験システムへのアクセス方法

Web単位認定試験システムには、システムWAKABAの学内リンクから「Web単位認定試験」を押すことでアクセスできます。システムWAKABAへのアクセス方法は、[7 教務情報システム(システムWAKABA)など各種情報システムのご案内]をご参照ください。

 

〈Web単位認定試験システム体験版について〉

Web単位認定試験システムの中には、操作練習用の科目「Web単位認定試験システム体験版」があります。単位認定試験期間前までに、「Web単位認定試験システム体験版」の科目で、解答提出までの一通りの操作を、必ず確認しておいてください。

 

オ 受験票

試験日の約1週間前までに「単位認定試験通知(受験票)」を送付します。(受験票発送日は第1学期:7月上旬、第2学期:1月上旬にシステムWAKABA「キャンパスライフ→学内連絡」に掲載します。)この際、「単位認定試験受験に際しての注意事項」を同封しますので、必ずお読みください。

 

〈受験票記載事項〉

①授業科目名

②試験日時→2022年度は記載しません。

【自宅などで受験する場合】試験期間中の都合の良いときに受験してください。

【「学習センター受験申請書」により学習センターで受験する場合】「授業科目案内」に記載の試験日時または学習センターと個別に調整した日程に受験してください。

③試験会場(試験室名)→「自宅受験」と記載されていれば受験資格があります。

 

*****

(様式例)2022年度第1学期単位認定試験通知(受験票)

所属学習センター 千葉 学生の種類 全科履修生

学生番号 011‐123456‐7 氏名 放送太郎

 

授業科目名:再試験:試験日:時限:開始時間:時試験会場(試験室名)

○○○○(○○):‐:****:*:****:自宅受験(00X)

○○○○(○○):再:****:*:****:自宅受験(00X)

○○○○(○○):再:****:*:****:受験できません

*****

 

第1学期は7月8日(金曜日)、第2学期は1月10日(火曜日)になっても、受験票が到着しない場合、あるいは紛失した場合は、大学本部(TEL:043‐276‐5111(学生サポートセンター))にご連絡ください。

なお、受験票発送後から試験終了までの間は、システムWAKABAの「教務情報→単位認定試験時間割(照会用)」から開講年度・開講学期で検索し、「受験票出力(期末試験)」ボタンを押すことで受験票を出力できます。

 

カ 受験中に使用が認められる物品について

受験に際して、印刷教材などの使用が認められる場合があります。受験中に使用が認められる物品については、試験の約1か月前に各学習センターに掲示するとともに、システムWAKABA「キャンパスライフ→学内連絡」に掲載します。また、受験票送付時にもあわせて通知します。

 

キ 成績

〈成績評価の区分〉

単位認定試験における成績の評価は、成績の優れている順に、○A(100点から90点)、A(89から80点)、B(79から70点)、C(69から60点)、D(59から50点)、E(49から0点)の6区分で行い、C以上が合格です。

 

〈成績通知〉

試験結果は、第1学期は8月下旬、第2学期は2月下旬に「成績通知書」によって通知します。また、システムWAKABA「教務情報→履修成績照会」でも成績を確認することができます。

なお、成績評価の内容に関するお問い合わせにはお答えできません。試験問題に関する疑義については、[4 通信指導、単位認定試験(修士課程のみ) (2)単位認定試験 ケ 疑義について]をご参照ください。

また、「成績通知書」に同封して、それまでに修得した授業科目の成績と単位数が記載されている「単位修得状況一覧(単位認定書)」を送付します。

※「成績通知書」には通信指導不合格および未提出の科目は記載されません。

※当該学期に面接授業の登録がなく、通信指導がすべて不合格または未提出の場合、成績通知書は送付されません。

 

*****

(様式例)成績通知書(2022年度第1学期)

授業科目名:単位数 放送授業:単位数 面接授業:単位数 オンライン授業:評価 評語:認定状況:備考

○○○○(○○):2:‐:‐:C:‐:‐

○○○○(○○):2:‐:‐:D:‐:再試験可

○○○○(○○):‐:‐:1:B:‐:‐

○○○○(○○):2:‐:‐:A:‐:‐

 

(注)評価欄、認定状況欄の評語は次のとおりです。

○A 成績評価が100から90点(合格)

A 成績評価が89から80点(合格)

B 成績評価が79から70点(合格)

C 成績評価が69から60点(合格)

D 成績評価が59から50点(不合格)

E 成績評価が49から0点(不合格)

未 単位認定試験未受験又は卒業研究未提出(不合格)

失 今学期単位認定試験失格(不合格)

学 修士科目について学部の単位として認定する

*****

 

ク 再試験

新規に科目登録した学期に単位修得できなかった場合、次の学期に学籍がある場合に限り(休学中の場合を除く)科目登録を行わなくても再試験を受験できます(再試験に係る授業料などはかかりません)。

科目登録した学期で在学期間が終了する方は、出願期間中に次の学期の入学出願を行い学籍を継続すれば、再試験が受験できます。この場合、他に受講希望科目がない場合の出願時の学費は入学料のみとなります。

なお、本学の再試験制度は、学力不足を事由に一般的に行われている追試験とは異なり、本学学生の多くが有職者であることから、あくまでも仕事の都合で受験の機会を逸したり、やむを得ず受験準備に必要な時間が取れなかった方々の利便を図るために設けられたものです。この趣旨を十分に理解した上で受験してください。

安易に受験を放棄すると、次学期に履修したい科目が登録できなくなったり、学習や試験の準備に過重な負担がかかることになります。

※オンライン授業科目は、通信指導および単位認定試験を行わないため再試験はありません。単位を修得できなかった場合、再度科目登録が必要ですのでご注意ください。

 

〈閉講科目の再試験について〉

閉講となった科目の再試験は、閉講となった学期の次の学期に限り試験を実施します。単位修得を希望する方は必ず再試験を受験してください。

 

ケ 疑義について

単位認定試験を受験した科目に関し、試験問題に関する疑義が生じた場合は、疑義受付期限までに、以下の方法により、申し出てください(電話やメールにより申し出ることはできません)。

 

〈疑義申請方法〉

【自宅等から疑義を申請する場合】

システムWAKABA「授業サポート→質問箱(※)」または「単位認定試験に係る疑義申請票」(巻末様式14)により申請してください。

※疑義受け付期間中、「質問箱」では単位認定試験に係る疑義のみ受付可能となり、それ以外の質問の受付はできません。

 

【学習センターで疑義を申請する場合】

受験した学習センターの職員に内容を伝えてください。

 

*****

〈疑義受付期限〉

受験票に同封の「単位認定試験受験に際しての注意事項」に記載

*****

 

なお、疑義に対する教員からの個別の回答は行いません。出題ミスがあった場合、下記「コ 出題ミスの対応について」により対応します。

 

コ 出題ミスの対応について

単位認定試験の出題に誤りがあった場合は、誤りの内容および採点の際の対応などについて、システムWAKABA「キャンパスライフ→学内連絡」に掲載するとともに、各学習センターに掲示します。

 

サ 過去の単位認定試験問題・解答等の公表

試験終了後、単位認定試験問題および解答等については、以下のとおり公表されます。

 

*****

〈公表方法〉

システムWAKABA「学内リンク」(トップページ右上)内「過去の単位認定試験問題・解答等」ページに掲載

学習センターに配架

 

〈公表対象〉

試験問題:すべての科目

解答:主任講師の了承があった科目のみ(※)

※解答を公表しない科目については、解答の代わりに解答のポイントなど(または公表しない理由)を掲載します。

 

〈公表期間〉

試験問題:試験終了後(第1学期は7月下旬、第2学期は1月上旬)から約1年間

試験解答:試験終了後(第1学期は8月下旬、第2学期は2月下旬)から約1年間

*****

 

シ 過去の単位認定試験問題・解答等の郵送サービス

「サ 過去の単位認定試験問題・解答等の公表」のとおりシステムWAKABAおよび学習センターで公表されている試験問題および解答等の一式について、有償で郵送するサービスを実施しています。

 

*****

〈申し込み期間〉

【第1学期】

2021年度第1学期分 2022年6月1日(水曜日)から8月1日(月曜日)必着

2021年度第2学期分 2022年6月1日(水曜日)から8月31日(水曜日)必着

2022年度第1学期分 2022年6月1日(水曜日)から8月31日(水曜日)必着※

 

【第2学期】

2021年度第2学期分 2022年12月1日(木曜日)から2023年1月31日(火曜日)必着

2022年度第1学期分 2022年12月1日(木曜日)から2023年2月28日(火曜日)必着

2022年度第2学期分 2022年12月1日(木曜日)から2023年2月28日(火曜日)必着※

※試験問題と解答等を分けて申し込むことはできません。

※当該学期実施分以外については、申し込み受理後、1週間程度で発送します。

※当該学期実施分の発送は、解答等の公表日以降となります。

※公表中の学期分とこれから公表される当該学期実施分を1度に申し込みした場合、当該学期実施分解答等の公表日以降にまとめて発送します。公表中の学期分だけ先に取り寄せたい場合は、2度に分けて申請するか、2回分の返信用切手を同封の上申請してください。

 

〈申し込み方法〉

下記①から③をすべてそろえて、郵送してください。

①「過去の試験問題・解答等郵送サービス申込書」(巻末様式15)

②手数料(1科目あたり300円)分の郵便定額小為替書(※)

③返信用切手(下表参照)

 

*****

申し込む科目の件数:返信用切手

1件:120円

2件:140円

3から4件:210円

5から7件:250円

8から14件:390円

15から30件:580円

*****

 

宛先:〒261‐8586

千葉市美浜区若葉2‐11

放送大学 学生課 単位認定試験係

※同じ科目であっても第1学期分と第2学期分を申し込む場合は、2科目分の手数料が必要となります。

※郵便定額小為替証書の「受取人氏名欄」には何も記入しないでください。

※期間外の申し込みや手数料等が不足の場合、申し込みを受理できないことがありますのでご注意ください。

ページの先頭へ