14 附属図書館の利用方法 | 学生生活の栞 大学院 | 視覚障がい者の方へ

視覚障がい者の方へ

視覚障がい者のためのHP情報
ホーム > 学生生活の栞 大学院 > 14 附属図書館の利用方法

14 附属図書館の利用方法

14 附属図書館の利用方法

 

附属図書館は、学習・研究を支援する設備と資料を用意しています。資料は附属図書館へ来館して利用することもできますし、来館せずに利用できるサービスもあります。

 

附属図書館の建物は、大学本部キャンパス(千葉県千葉市)内にあり、広々とした快適な環境の中で学習や調査・研究を行うことができます。

1階の映像音響資料室には、放送大学の全ての開講中放送授業のCD、DVDが備えられており、個人ブースで視聴することができます。2階には、図書および雑誌のバックナンバー、3階には新着雑誌等があります。

附属図書館が所蔵する図書は約35万冊、雑誌タイトル数は約2,000です。

附属図書館では、これらの資料が利用できるだけでなく、文献の調査や利用に関するさまざまな質問に答えています。

附属図書館の利用には、学生証が必要です。

 

(1)開館時間

月曜日から金曜日 9時から18時30分

土曜日・日曜日・祝日 9時から20時

 

(2)休館日

年末年始 12月28日から1月4日

館内整理日 1・7月を除く毎月第4月曜日(当該日が祝休日にあたるときは翌日)

※開館時間、休館日等に変更がある場合は、その都度附属図書館ホームページ(http://lib.ouj.ac.jp/)や掲示等でお知らせします。

 

(3)貸出冊数および期間

ホームページ(http://lib.ouj.ac.jp/)でご確認ください。休学者は貸出を受けることができません。

 

(4)館内施設の利用

附属図書館の資料を使って調査・研究するための研究個室やサイレントルーム、自分のパソコンを使用できるパソコン利用室、グループでビデオなどを視聴できるグループ視聴室、ゼミなどでの討議ができる演習室が利用できます。

 

(5)電子資料の利用

附属図書館のホームページから、本学が利用契約している電子ブック、電子ジャーナル、データベースなどの豊富な電子資料を利用できます。

これらは、キャンパス内(附属図書館および学習センター)から利用可能ですが、一部は、自宅等キャンパス外からでも利用できます。キャンパス外から利用する際には、附属図書館ホームページの「リモートアクセス」機能をご利用ください。利用時のログインID、パスワードはシステムWAKABAのログインID、パスワードと共通です。

 

(6)その他のサービス

附属図書館のホームページでは、附属図書館の使い方に関する情報を提供するほか、学部、大学院の主任講師が選定した参考文献リスト等、学習を支援するさまざまな情報を掲載しています。学術情報を探すためのガイドブック「リブナビ」「リブナビプラス」も利用できますのでご活用ください。(http://lib.ouj.ac.jp/libnavi.html)また、放送大学OPAC(http://catalog.ouj.ac.jp/)からは、現在貸出中の図書の確認や、返却期限の確認・延長ができます。

 

サービスの詳細は附属図書館ホームページをご覧ください。

URL: http://lib.ouj.ac.jp/

※附属図書館の利用全般についてのお問い合わせは、附属図書館カウンター(電話043‐298‐4302)へ平日の開館時間内にお願いします。

 

*****

(注)放送大学機関リポジトリとは

放送大学機関リポジトリManapiO(まなぴお)では、放送大学で生産された学術成果を収集・蓄積し、広く公開しています。

「放送大学研究年報」等の大学の刊行物、貴重書、博士学位論文、教員の発表した学術論文などを掲載しています。

https://ouj.repo.nii.ac.jp/

*****

ページの先頭へ