共修生を募集する科目【高知学習センター】

基盤科目|伝わるコミュニケーション中国語

科目コード 2514907





【授業内容】
本授業は「つたわるコミュニケーション中国語」をテーマに、初対面の人に対しての自己紹介や簡単なコミュニケーション等に使う表現、また、お店で商品を購入するときの表現、レストランで料理をオーダーするときの表現、時間表現、タクシーを利用するときの表現、さらには苦情を訴えるとき、物をなくしたときに使う基礎的な実用的な中国語を中心に学習します。学習者が自発的に中国語を使うように、授業中実践的な活動を行います。

【授業テーマ】
第1回 教科書第1課~第3課(自己紹介、指示詞、レベルチェック)
第2回 教科書第4課~第5課(数量詞、存在を表す表現)
第3回 教科書第6課~7課(レストランで料理を注文、ホテルチェックインに関する表現)
第4回 教科書第8課~9課(時間を尋ねる表現、タクシーに乗るときの表現)
第5回 教科書第10課(店での試着と支払いに関する表現)
第6回 教科書第11課(苦情を訴える表現)
第7回 教科書第12課(紛失届に関する表現)
第8回 総合復習、発表

【学生へのメッセージ】
既習の初級文法を生かして、中国語初級会話、また、中国へ行かれた時に実際に使える簡単な会話を学習しますので、授業中において、意欲を持って積極的に授業に取り組まれること、練習に参加されることを望みます。

【成績評価の方法】
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。

【受講者が当日用意するもの】
教科書、中日辞書、鉛筆、ノート

【教科書】
・1年生のコミュニケーション中国語(劉穎/白水社/\2,376/ISBN=9784560069318)

【参考書】
・Why?にこたえるはじめての中国語の文法書(相原茂 他/同学社/\3,392/ISBN=9784810203271)

【その他(特記事項)】
この科目は2009~2015年度「共通科目:外国語」、2008年度以前「共通科目:外国語」に該当します。
中国語のピンイン並びに基礎文法をよく復習しておいてください。

学習センター 高知学習センター
学習センター
コード
39A
クラスコード K
科目名 伝わるコミュニケーション中国語
科目区分 基盤科目:外国語
ナンバリング 110
担当講師 リン スイホウ
林 翠芳
(高知大学・教授)
日程
実施時間
2018年12月15日(土)第1時限 10:00~11:25
2018年12月15日(土)第2時限 11:35~13:00
2018年12月15日(土)第3時限 14:00~15:25
2018年12月15日(土)第4時限 15:35~17:00
2018年12月16日(日)第1時限 10:00~11:25
2018年12月16日(日)第2時限 11:35~13:00
2018年12月16日(日)第3時限 14:00~15:25
2018年12月16日(日)第4時限 15:35~17:00
実施会場 高知学習センター
募集定員 若干名
受付期間 10月24日~授業開始前日(授業開始前日が月曜日の場合は前々日)まで
連絡先 高知学習センター(TEL:088-843-4864)

導入科目|日本語の探究

科目コード 2514915





【授業内容】
外国人が日本語を学ぶとき、なぜ文字の種類が多いのか、敬語の習得が難しいといったことが問題になります。そこには、私たちが普段気づいていない日本語の問題が隠れているのですが、この講義では、特に日本語の変化をキーワードに、「さまざまな日本語」「敬語の変化」「文字と音」について考えます。なぜ日本語の難しさが生じたのか、という問題を解く鍵をお見せしたいと考えています。

【授業テーマ】
第1回 日本語を外から見ると・・・
第2回 日本語の歴史
第3回 さまざまな日本語-方言・標準語の成立-
第4回 さまざまな日本語-位相語・役割語-
第5回 敬語の変化-3分類から5分類へ-
第6回 仮名文字と日本語の音1
第7回 仮名文字と日本語の音2
第8回 漢字をめぐる問題

【学生へのメッセージ】

【成績評価の方法】
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。

【教科書】
授業当日にプリントを配付します。

【参考書】
・日本人の知らない日本語(蛇蔵&海野凪子/KADOKAWA/\1,026/ISBN=9784040670188)
 あくまでもテーマを知るための参考書です。購入の必要はありません

【その他(特記事項)】
この科目は2009~2015年度「共通科目」、2008年度以前「共通科目」に該当します。

学習センター 高知学習センター
学習センター
コード
39A
クラスコード K
科目名 日本語の探究
科目区分 導入科目:人間と文化
ナンバリング 220
担当講師 イワキ ヒロユキ
岩城 裕之
(高知大学・准教授)
日程
実施時間
2018年11月24日(土)第1時限 10:00~11:25
2018年11月24日(土)第2時限 11:35~13:00
2018年11月24日(土)第3時限 14:00~15:25
2018年11月24日(土)第4時限 15:35~17:00
2018年11月25日(日)第1時限 10:00~11:25
2018年11月25日(日)第2時限 11:35~13:00
2018年11月25日(日)第3時限 14:00~15:25
2018年11月25日(日)第4時限 15:35~17:00
実施会場 高知学習センター
募集定員 若干名
受付期間 10月24日~授業開始前日(授業開始前日が月曜日の場合は前々日)まで
連絡先 高知学習センター(TEL:088-843-4864)

専門科目|健康栄養学

科目コード 2514796





【授業内容】
戦後日本の食生活は大きく変化しました。それに伴って疾病構造も変化しています。健康と食生活のかかわりを疾病構造の変化をもとに食に関する情報を抽出します。健康情報について栄養学の知識を取り入れながらエビデンスを講義します。後半では自分の食生活で何を改善したら良いのかを知っていただくために料理カードを使用した演習を取り入れます。これからの食生活に役立つ実践的な内容となっています。

【授業テーマ】
第1回 明治以降の料理書籍からみる食生活スタイルの変遷
第2回 疾病構造の変化と食生活の変化を既存のデータから読み取る
第3回 知っておきたい栄養素の知識(基礎)
第4回 知っておきたい栄養素の知識(料理への活用)
第5回 これまでの文献からみる栄養素と疾病の関係
第6回 健康情報のエビデンスについて
第7回 食生活バランス度診断(自分の食生活をチェックする)
第8回 将来の健康維持増進に向けた対策

【学生へのメッセージ】
自分の食生活で何を改善したら良いのかを知っていただくために料理カードを使用した演習を取り入れています。一方的な受講にとどまらず、意見を出し合うなど積極的な姿勢で臨んでください。

【成績評価の方法】
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。

【教科書】
授業当日にプリントを配付します。

【その他(特記事項)】
この科目は2008年度以前「 専門科目:生活と福祉 」に該当します。

学習センター 高知学習センター
学習センター
コード
39A
クラスコード K
科目名 健康栄養学
科目区分 専門科目:生活と福祉
ナンバリング 320
担当講師 アラマキ レイコ
荒牧 礼子
(高知県立大学・准教授)
日程
実施時間
2018年12月08日(土)第1時限 10:00~11:25
2018年12月08日(土)第2時限 11:35~13:00
2018年12月08日(土)第3時限 14:00~15:25
2018年12月08日(土)第4時限 15:35~17:00
2018年12月09日(日)第1時限 10:00~11:25
2018年12月09日(日)第2時限 11:35~13:00
2018年12月09日(日)第3時限 14:00~15:25
2018年12月09日(日)第4時限 15:35~17:00
実施会場 高知学習センター
募集定員 若干名
受付期間 10月24日~授業開始前日(授業開始前日が月曜日の場合は前々日)まで
連絡先 高知学習センター(TEL:088-843-4864)

専門科目|発達心理学

科目コード 2514800





【授業内容】
本講義では、「自己」をテーマに、主として青年期から高齢期までの発達プロセスについて解説します。1日目は “青年期” を中心に、自己概念や道徳性がどのように発達するのかを、理論なども紹介しながら解説します。2日目は “青年期から高齢期” までの幅広い発達段階に着目し、アイデンティティ(自分らしさ)がどのように確立され、その後の人生においてどう変化していくのかについて考えます。

【授業テーマ】
第1回 自己ってなに?:自己の捉え方における発達的変化
第2回 思春期における身体的変化と自尊感情
第3回 道徳性の発達
第4回 道徳性を高める要因とは?
第5回 アイデンティティ(自分らしさ)とはなに?
第6回 アイデンティティの確立
第7回 成人期・中年期における自己発達:仕事と家庭のバランスから
第8回 高齢期の自己発達:高齢期の諸特徴と自己の再構築

【学生へのメッセージ】
本講義を通して、たとえ答えは出なくとも、「自分とはなにか?」という自己についての一歩深い問いについて考えてもらえたらと思います。

【成績評価の方法】
成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行います。

【教科書】
授業当日にプリントを配付します。

【その他(特記事項)】
この科目は2008年度以前「 専門科目:発達と教育 」に該当します。

学習センター 高知学習センター
学習センター
コード
39A
クラスコード K
科目名 発達心理学
科目区分 専門科目:心理と教育
ナンバリング 320
担当講師 ワタナベ ヒトミ
渡邊 ひとみ
(高知大学・講師)
日程
実施時間
2018年12月01日(土)第1時限 10:00~11:25
2018年12月01日(土)第2時限 11:35~13:00
2018年12月01日(土)第3時限 14:00~15:25
2018年12月01日(土)第4時限 15:35~17:00
2018年12月02日(日)第1時限 10:00~11:25
2018年12月02日(日)第2時限 11:35~13:00
2018年12月02日(日)第3時限 14:00~15:25
2018年12月02日(日)第4時限 15:35~17:00
実施会場 高知学習センター
募集定員 若干名
受付期間 10月24日~授業開始前日(授業開始前日が月曜日の場合は前々日)まで
連絡先 高知学習センター(TEL:088-843-4864)

専門科目|都市を社会学的にとらえる

科目コード 2514818





【授業内容】
この授業では、私たちが暮らす「都市」という集落について社会学的に把握しようとする場合の様々な視角について学びます。「そもそも都市とは何なのか」、「都市で暮らすことの魅力とは」、「どのようにして都市をとらえることができるのか」、「都市はどう変わってきているのか」といったテーマについて、できるだけ身近な話題と関連づけながら論じていきます。

【授業テーマ】
第1回 近代大都市は「発見」された:都市社会学の誕生
第2回 都市空間はどのようにかたちづくられるか:同心円地帯モデルとその検証
第3回 都市の生活とは(1):生活様式としてのアーバニズムとコミュニティ問題
第4回 都市の生活とは(2):都市的生活様式論
第5回 町内会という地域組織
第6回 都市社会のしくみ:都市類型と社会構造
第7回 都市とグローバリゼーション(1):世界都市仮説
第8回 都市とグローバリゼーション(2):工業都市と日系人

【学生へのメッセージ】
できるだけ入門的な内容を予定していますが、参考書に挙げた文献などで社会学についての基礎知識を習得されているとより理解しやすくなると思います。都市社会学に関連する放送授業(「都市社会の社会学('12)」「都市と地域の社会学('18)」など)と重なる内容を少なからず含んでいます。

【成績評価の方法】
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。

【教科書】
授業当日にプリントを配付します。

【参考書】
・社会学入門(森岡淸志編/放送大学教育振興会/\2,700/ISBN=9784595316319)
・移動と定住の社会学(北川由紀彦・丹野清人/放送大学教育振興会/\2,700/ISBN=9784595316326)

【その他(特記事項)】
この科目は2008年度以前「 専門科目:社会と経済 」に該当します。

学習センター 高知学習センター
学習センター
コード
39A
クラスコード K
科目名 都市を社会学的にとらえる
科目区分 専門科目:社会と産業
ナンバリング 320
担当講師 キタガワ ユキヒコ
北川 由紀彦
(放送大学・准教授)
日程
実施時間
2018年11月06日(火)第1時限 10:00~11:25
2018年11月06日(火)第2時限 11:35~13:00
2018年11月06日(火)第3時限 14:00~15:25
2018年11月06日(火)第4時限 15:35~17:00
2018年11月07日(水)第1時限 10:00~11:25
2018年11月07日(水)第2時限 11:35~13:00
2018年11月07日(水)第3時限 14:00~15:25
2018年11月07日(水)第4時限 15:35~17:00
実施会場 高知学習センター
募集定員 若干名
受付期間 10月24日~授業開始前日(授業開始前日が月曜日の場合は前々日)まで
連絡先 高知学習センター(TEL:088-843-4864)

専門科目|土佐の自由民権をよむ

科目コード 2514826





【授業内容】
明治維新がおきて今年で150年。維新後、新聞や雑誌という新しいメディアが普及し、庶民の社会生活に大きな影響を及ぼします。そのひとつは、自由民権運動の隆盛であります。あるいは、自由民権が新聞を育てたともいえます。全国から高知にあついまなざしが注がれた時代の、土佐の自由民権活動家たちが生み出した出版物に目を通して、自由民権の興隆を近代日本の国家建設だけでなく、世界史という大きな枠の中でとらえていきます。

【授業テーマ】
第1回 文明開化と自由民権
第2回 あたらしい読者と筆禍
第3回 植木枝盛と「出獄追記」1
第4回 植木枝盛と「出獄追記」2
第5回 植木枝盛と「民権自由論」
第6回 明治時代の新聞をよむ1
第7回 明治時代の新聞をよむ2
第8回 考察と議論

【学生へのメッセージ】
明治時代の新聞を読むというのは、慣れない表現と言葉と接する作業であると同時に、150年まえの人々の実生活、またその思想と時代背景に直接触れる機会である。広い視野を持って、19世紀の高知、日本、世界へのタイムスリップはいかが。

【成績評価の方法】
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。

【教科書】
授業当日にプリントを配付します。

【その他(特記事項)】
この科目は2008年度以前「 専門科目:人間の探究 」に該当します。
平成28~29年度に開校したセミナーと内容が一部重複しています。

学習センター 高知学習センター
学習センター
コード
39A
クラスコード K
科目名 土佐の自由民権をよむ
科目区分 専門科目:人間と文化
ナンバリング 320
担当講師 ヨース ジョエル
Joos Joel
(高知県立大学・教授)
日程
実施時間
2018年12月08日(土)第1時限 10:00~11:25
2018年12月08日(土)第2時限 11:35~13:00
2018年12月08日(土)第3時限 14:00~15:25
2018年12月08日(土)第4時限 15:35~17:00
2018年12月09日(日)第1時限 10:00~11:25
2018年12月09日(日)第2時限 11:35~13:00
2018年12月09日(日)第3時限 14:00~15:25
2018年12月09日(日)第4時限 15:35~17:00
実施会場 高知学習センター
募集定員 若干名
受付期間 10月24日~授業開始前日(授業開始前日が月曜日の場合は前々日)まで
連絡先 高知学習センター(TEL:088-843-4864)

専門科目|南極観測から技術と環境を考える

科目コード 2514850





【授業内容】
南極観測隊での越冬経験や観測データをもとにして、観測隊業務の意義や成果、極地で生き抜くための工夫や地球環境計測で使われている科学技術について講義します。  また環境観測を行うデモンストレーション実験器具を、身近な材料で作ることにもチャレンジしてみたいと思います。

【授業テーマ】
第1回 南極観測の歴史。冒険から観測隊へ、そして特殊な環境での衣食住の開発現場への変遷
第2回 南極観測隊のお仕事とは。業務内容とその意義
第3回 南極の生き物と自然
第4回 環境観測の話とデモンストレーション実験器具の検討。何を作るか考える
第5回 デモンストレーション実験器具の製作1
第6回 デモンストレーション実験器具の製作2
第7回 デモンストレーション実験
第8回 全体の振り返りと身近で行える環境学習について検討する

【学生へのメッセージ】
南極の自然や生物から地球全体の環境問題までを、身近な問題として考える機会にしてもらうことを願っています。一緒に考えて行きましょう。

【成績評価の方法】
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点と成果物の評点を総合的に判断して行います。

【受講者が当日用意するもの】
調べもの学習のためにインターネット端末を利用します。授業時には数名に一台程度準備しますが、お手持ちのPCタブレット、スマートフォンなどを持参していただけると助かります。

【教科書】
授業当日にプリントを配付します。

【その他(特記事項)】
この科目は2008年度以前「 専門科目:自然の理解 」に該当します。
デモンストレーション実験器具作製の際には学生教育研究災害傷害保険などに加入していることが望ましい。

学習センター 高知学習センター
学習センター
コード
39A
クラスコード K
科目名 南極観測から技術と環境を考える
科目区分 専門科目:自然と環境
ナンバリング 320
担当講師 シバ ハルヤ
芝 治也
(高知工業高等専門学校・教授)
日程
実施時間
2018年11月17日(土)第1時限 10:00~11:25
2018年11月17日(土)第2時限 11:35~13:00
2018年11月17日(土)第3時限 14:00~15:25
2018年11月17日(土)第4時限 15:35~17:00
2018年11月18日(日)第1時限 10:00~11:25
2018年11月18日(日)第2時限 11:35~13:00
2018年11月18日(日)第3時限 14:00~15:25
2018年11月18日(日)第4時限 15:35~17:00
実施会場 高知学習センター
募集定員 若干名
受付期間 10月24日~授業開始前日(授業開始前日が月曜日の場合は前々日)まで
連絡先 高知学習センター(TEL:088-843-4864)

専門科目|海の生態系:その常識と非常識

科目コード 2514842





【授業内容】
海の生態系では、皆さんがこれまで学校で習ってきたような、植物プランクトンから始まる通常の海の食物連鎖(“常識”)だけでなく、あっと驚くような生き物や特殊な生態系(“非常識”)がいくつも存在します。講義では、まず「海の常識」の概略をお話ししたあと、黒潮が海の砂漠と呼ばれていること、海洋深層水の真相,あるいは深海底から噴き出る熱水鉱床の生態系の話など「海の非常識」について紹介します。

【授業テーマ】
第1回 海の生態系、有機物生産、黒潮の正体
第2回 海洋深層水の真相
第3回 海洋微生物とは?微生物食物連鎖の話
第4回 ウィルスと細菌で赤潮防除?
第5回 毒を作る海洋生物、薬を作る海洋生物
第6回 海底熱水鉱床とは?超好熱細菌は地球の生命の起源?
第7回 サンゴ礁生態系で繰り広げられる大バトル
第8回 南極海の独特な生態系

【学生へのメッセージ】
普段はほとんど聞くことがなく、なじみの薄い海洋微生物の生態を中心に、海の常識と非常識の話をします。この講義を履修することで得られた知識は、きっと誰かに話したくなるはずです。ぜひ受講して下さい。ただし、すべての講義は一つの物語のようになっているので、ぜひ第1回目の講義の最初から、最後の講義の終わりまで、欠席することなく通しで聴いてほしいと思います。

【成績評価の方法】
成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行います。

【受講者が当日用意するもの】
マーカーペン

【教科書】
授業当日にプリントを配付します。

【その他(特記事項)】
この科目は2008年度以前「 専門科目:自然の理解 」に該当します。

学習センター 高知学習センター
学習センター
コード
39A
クラスコード K
科目名 海の生態系:その常識と非常識
科目区分 専門科目:自然と環境
ナンバリング 320
担当講師 フカミ キミオ
深見 公雄
(高知大学・教授)
日程
実施時間
2018年12月15日(土)第1時限 10:00~11:25
2018年12月15日(土)第2時限 11:35~13:00
2018年12月15日(土)第3時限 14:00~15:25
2018年12月15日(土)第4時限 15:35~17:00
2018年12月16日(日)第1時限 10:00~11:25
2018年12月16日(日)第2時限 11:35~13:00
2018年12月16日(日)第3時限 14:00~15:25
2018年12月16日(日)第4時限 15:35~17:00
実施会場 高知学習センター
募集定員 若干名
受付期間 10月24日~授業開始前日(授業開始前日が月曜日の場合は前々日)まで
連絡先 高知学習センター(TEL:088-843-4864)

総合科目|研究成果の社会実装

科目コード 2514877





【授業内容】
研究機関ばかりでなく民間企業や個人が考えたり、思いついたりした方法やモノを社会に具体的なカタチとして実現して行くことを社会実装といいます。社会実装の目的はカタチを創ることだけではなく、それが実際に機能して行くことにあります。さらにそれが成長して行くようであれば成功と言えます。この授業では具体的な事例をもとにして、調査・研究から社会実装について学習します。

【授業テーマ】
第1回 社会実装について
第2回 枯れない油田の構想構築
第3回 グリーンエネルギープロジェクト構想
第4回 グリーンエネルギー研究所設立 Ⅰ(計画)
第5回 グリーンエネルギー研究所設立 Ⅱ(資金調達)
第6回 プラント建設から運転開始
第7回 クラスターの必要性・機能創造
第8回 地域の自立へ

【学生へのメッセージ】
「地域再生」や「地方創生」と言う言葉が一般的に使われ始めました。政府はこれらのことばを地方で実現させてゆく政策を積極的に推進しています。持続可能で発展するエンジンの構築が求められています。

【成績評価の方法】
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。

【受講者が当日用意するもの】
ノート、筆記用具、電卓

【教科書】
授業当日にプリントを配付します。

【参考書】
・ジオパーク・マネジメント入門(永野正展/オーム社/\2,700/ISBN=9784274208973)

【その他(特記事項)】
この科目は所属コースのコース科目に該当します。

学習センター 高知学習センター
学習センター
コード
39A
クラスコード K
科目名 研究成果の社会実装
科目区分 総合科目: 
ナンバリング 420
担当講師 ナガノ マサノブ
永野 正展
(高知工科大学・特任教授)
日程
実施時間
2018年11月10日(土)第1時限 10:00~11:25
2018年11月10日(土)第2時限 11:35~13:00
2018年11月10日(土)第3時限 14:00~15:25
2018年11月10日(土)第4時限 15:35~17:00
2018年11月11日(日)第1時限 10:00~11:25
2018年11月11日(日)第2時限 11:35~13:00
2018年11月11日(日)第3時限 14:00~15:25
2018年11月11日(日)第4時限 15:35~17:00
実施会場 高知学習センター
募集定員 若干名
受付期間 10月24日~授業開始前日(授業開始前日が月曜日の場合は前々日)まで
連絡先 高知学習センター(TEL:088-843-4864)