ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー

放送大学教員免許更新講習

放送大学

ここから本文です

  • ホーム
  • 講習料・講習科目

講習料・講習科目

講習料

各科目(6時間)

6,000円

  • 更新に必要な30時間分を全て放送大学で受講する場合の講習料は,必修領域×1科目+選択必修領域×1科目+選択領域×3科目=30,000円です。

<講習料の例>

  • (1)必修領域6時間(1科目)+選択必修領域6時間(1科目)+選択領域18時間(3科目)を受講 → 30,000円
  • (2)必修領域6時間(1科目)+選択必修領域6時間(1科目)を受講 → 12,000円
  • (3)選択必修領域6時間(1科目)+選択領域12時間(2科目)を受講 → 18,000円
  • (4)選択領域6時間(1科目)を受講 → 6,000円

講習科目

免許状を更新するためには,必修領域6時間と選択必修領域6時間と選択領域18時間の合計30時間以上の講習を受講し,修了することが必要です。(平成27年度以前にも教員免許更新講習を受講された方は、こちらもご確認ください)

  • 選択必修領域の科目は、1科目のみ受講可能です。
  • 選択必修領域と選択領域で科目名のカッコ【】以降が同じものは、内容が同一ですので、重複して申し込みすることはできません。
  • 内容が同一であっても、選択必修領域として履修した科目を選択領域に振り替えることはできません。選択領域として履修した科目を選択必修領域に振り替えることもできません。

必修領域・6時間……1章45分×8章(8章すべての受講が必要です)

TV・・・・テレビ科目,R・・・・ラジオ科目

講習の名称 対象職種
教諭 特別支援学校教諭 養護教諭 栄養教諭
【必修】教育の最新事情(TV)

選択必修領域・各科目6時間……各科目1章45分×8章(8章すべての受講が必要です)

TV・・・・テレビ科目,R・・・・ラジオ科目,I・・・・インターネット視聴のみ

講習の名称 対象職種
教諭 特別支援学校教諭 養護教諭 栄養教諭
【選択必修】スクールカウンセリング(R)
【選択必修】教育政策と学校の組織的対応(TV)
【選択必修】情報社会に対応した学校教育(R)
【選択必修】小学校外国語教育教授基礎論(I)
【選択必修】生徒指導と教育相談(R)

選択領域・各科目6時間……各科目1章45分×8章(8章すべての受講が必要です)

TV・・・・テレビ科目,R・・・・ラジオ科目,I・・・・インターネット視聴のみ

講習の名称 対象職種
教諭 特別支援学校教諭 養護教諭 栄養教諭
【選択】スクールカウンセリング(R)
【選択】教育政策と学校の組織的対応(TV)
【選択】カリキュラム・マネジメントと学校経営(R)
【選択】環境教育の実践(R)
【選択】情報社会に対応した学校教育(R)
【選択】小学校外国語教育教授基礎論(I)
【選択】生徒指導と教育相談(R)
【選択】幼児教育の最新事情と展望(R)

【必修】教育の最新事情 <テレビ科目>

構成 担当講師
第1章 学校の変容と教職の現代的課題 秋田喜代美(東京大学教授)
第2章 社会の変化と教師の役割 陣内 靖彦(東京学芸大学名誉教授)(2015年2月ご逝去)
第3章 教職専門性の発達 今津孝次郎(愛知東邦大学教授)
第4章 子どもの心理的発達に関する課題 無藤  隆(白梅学園大学教授)
第5章 子どもの脳の発達科学 森口 佑介(京都大学大学院准教授)
第6章 子どもの発達障害と特別支援教育 熊谷 恵子(筑波大学教授)
第7章 子どもの生活変化と生徒指導 住田 正樹(放送大学名誉教授・九州大学名誉教授)
第8章 子どもの問題行動と教育相談 伊藤美奈子(奈良女子大学教授)

【選択必修】スクールカウンセリング/【選択】スクールカウンセリング <ラジオ科目>

構成 担当講師
第1章 スクールカウンセリングと教育 倉光 修(放送大学教授)
嘉嶋 領子(臨床心理士・スクールカウンセラー)
香川  克(京都文教大学教授)
坂上 頼子(臨床心理士・スクールカウンセラー・保育カウンセラー)
第2章 教師とスクールカウンセラーとの連携
第3章 緊急支援
第4章 学校になじみにくい子どもたち
1.不登校
第5章 学校になじみにくい子どもたち
2.発達障害など
第6章 困難を抱えた保護者たち
第7章 保育カウンセリング
第8章 スクールカウンセリングの課題

【選択必修】教育政策と学校の組織的対応/【選択】教育政策と学校の組織的対応 <テレビ科目>

構成 担当講師
第1章 教育政策の動向と教育行政の課題 小川 正人(放送大学教授)
第2章 現行学習指導要領と教育課程実施状況 市川 伸一(東京大学教授)
第3章 学校組織のマネジメント 小松 郁夫(京都大学学際融合教育研究推進センター 地域連携教育教育研究推進ユニット 特任教授)
第4章 学校の諸課題と組織的対応 伊藤亜矢子(お茶の水女子大学准教授)
第5章 地域社会・保護者との連携協力と組織的対応 葉養 正明(文教大学教授)
第6章 学校の法律問題 坂田  仰(日本女子大学教授)
第7章 学校における危機管理 渡邉 正樹(東京学芸大学教授)
第8章 社会状況の変化と学校教育の課題 藤田 英典(共栄大学教授)

【選択】カリキュラム・マネジメントと学校経営<ラジオ科目>

構成 担当講師
第1章 2030年の社会と学校の未来-「社会に開かれた教育課程」のマネジメントとリーダーシップ- 天笠 茂 (千葉大学特任教授)
田村 学 (国学院大学教授)
加藤 崇英 (茨城大学准教授)
高橋 浩之 (千葉大学教授)
風岡 治 (愛知教育大学准教授)
星  幸広 (NPO法人千葉危機管理研究支援センター理事長)
浜田 博文 (筑波大学教授)
第2章 資質・能力を基盤とする教育課程とカリキュラム・マネジメント
第3章 アクティブ・ラーニングが求める授業改善
第4章 チーム学校における協働
第5章 健康的な学校づくりと教職員の健康-養護教諭の役割-
第6章 働き方改革と学校事務職員
第7章 学校の安全・安心と危機管理
第8章 コミュニティ・スクールと地域学校協働本部-地域の学校運営への参画-

【選択】環境教育の実践 <ラジオ科目>

構成 担当講師
第1章 環境問題から環境教育へ 概論 河合 明宣(放送大学教授)
岡田 光正(放送送大学副学長)
大島  修(群馬県太田市立沢野中央小学校校長)
中島 啓治(元・群馬県立自然史博物館副館長)
第2章 環境教育の背景と学校教育
第3章 幼稚園・小学校での実践
第4章 小学校・中学校での実践
第5章 環境教育の各種取組み
第6章 環境教育は地域連携で社会教育での実践
第7章 行動する力を高める高等学校での実践
第8章 今,取り組むべきものを考える環境教育の推進

【選択必修】情報社会に対応した学校教育/【選択】情報社会に対応した学校教育 <ラジオ科目>

構成 担当講師
第1章 情報社会の様相 中川 一史(放送大学教授)
川合  慧(放送大学名誉教授)
堀田 龍也(東北大学教授)
第2章 授業におけるICT活用の考え方
第3章 授業におけるICT活用の事例
第4章 情報教育(小・中学校段階)
第5章 情報教育(高等学校段階)
第6章 情報モラル教育
第7章 校務の情報化
第8章 学習指導要領の改訂と教育の情報化に関する諸施策

【選択必修】小学校外国語教育教授基礎論/【選択】小学校外国語教育教授基礎論 <インターネット視聴のみ>

構成 担当講師
第1章 現在の外国語教育についての知識・理解 直山 木綿子(国立教育政策研究所教育課程調査官、文部科学省教科調査官)
粕谷 恭子(東京学芸大学教授)
大城 賢(琉球大学教授)
山田 誠志(国立教育政策研究所教育課程調査官、文部科学省教科調査官)
大里 弘美(比治山大学准教授)
第2章 子供の第二言語習得についての知識・理解(子供の学び方・ことばの学ばれ方)
第3章 子供の第二言語習得についての知識・理解(言語習得)及び、授業実践に必要な知識・理解(英語教授法・英語の学習法)
第4章 授業実践に必要な知識・理解(児童とのやり取りの進め方・授業での英語使用・読み書きの指導)
第5章 授業実践に必要な知識・理解(題材選定・教材の役割・年間指導計画作成)
第6章 授業実践に必要な知識・理解(年間指導計画の作成の仕方・1時間の授業づくり)
第7章 授業実践に必要な知識・理解(授業づくりの実際)
第8章 新小学校学習指導要領における外国語教育の在り方(新教材の在り方・その活用)

【選択必修】生徒指導と教育相談/【選択】生徒指導と教育相談<ラジオ科目>

構成 担当講師
第1章 生徒指導と学級集団 住田 正樹(放送大学名誉教授・九州大学名誉教授)
今津孝次郎(愛知東邦大学教授)
伊藤美奈子(奈良女子大学教授)
伊藤亜矢子(お茶の水女子大学准教授)
第2章 子どもの問題行動と教師集団の対応
第3章 思春期の人間関係
第4章 不登校とその支援
第5章 いじめへの対応
第6章 生徒指導と学校・学級づくり
第7章 情報メディア社会の生徒指導
第8章 生徒指導のサポートネットワーク

【選択】幼児教育の最新事情と展望<ラジオ科目>

構成 担当講師
第1章 幼児教育の質と環境を通した教育 秋田 喜代美 (東京大学大学院教育学研究科教授・附属発達保育実践政策学センター長)
無藤 隆 (白梅学園大学大学院特任教授、文部科学省中央教育審議会幼児教育部会主査、内閣府幼保連携型認定こども園教育・保育要領の改訂に関する検討会座長)
野澤 祥子 (東京大学大学院教育学研究科准教授)
安達 譲(全国私立幼稚園幼児教育研究機構理事)
遠藤 利彦 (東京大学大学院教育学研究科教授)
浅井 幸子 (東京大学大学院教育学研究科准教授)
村上 祐介 (東京大学大学院教育学研究科准教授)
中山 昌樹(全国認定こども園協会理事)
第2章 幼稚園教育要領、保育所保育指針、幼保連携型認定こども園教育・保育要領と改訂ポイントと要録のあり方
第3章 ミドルリーダーの役割と学び続ける組織としての園
第4章 保幼小の連携と接続
第5章 幼児期における心の発達と環境の役割
第6章 日本の幼児教育実践の歴史と子ども理解
第7章 保護者支援・地域子育て支援と地域に開かれた園のあり方
第8章 幼児教育の制度・政策に関する改革動向と課題

放送大学の教員免許更新講習は、
インターネットよりお申込みください。

申込み・支払い方法

ここからカテゴリ内メニューです

講習生専用ページ

講習生専用ページ利用者マニュアル

募集要項必ずお読みください

  • 特長
  • 講習の流れ
  • 受講資格
  • 講習料・講習科目
  • パソコン環境チェック
  • 申込み・支払い方法(受講対象者証明書も含む)
  • 修了認定試験・修了(履修)証明書

講習生専用ページ Demoサイト

よくある質問

文部科学省

放送大学 オープンコースウェア 放送大学の講義の一部を公開しています。

現職のまま「免許状」取得に必要な単位を修得!