ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

旧基準について

旧基準での申請期限

認定心理士の認定基準が、2014年4月1日から改定になりました(新基準)。移行措置として、2019年3月31日 日本心理学会必着分までは、これまでの基準(旧基準)に基づく申請が可能です。旧基準での申請を希望する場合は、2018年度第1学期までに申請に必要な36単位(認定単位)を修得する必要があります。

なお、旧基準での本学担当教員への証明依頼は、返送までに概ね2ヶ月を要することから、2019年1月5日大学本部連携教育課資格取得支援係必着分で受付を終了します。旧基準での申請を希望する場合は、早めに証明を依頼してください。

間に合わない場合は、2019年3月31日までに電子申請で申請してください。電子申請の場合は、本学担当教員の証明は不要です。電子申請について詳しくは、日本心理学会のホームページをご確認ください。

ただし、電子申請の場合でも郵送が必要になる書類があります。全ての書類が日本心理学会に到着した時点で受付完了です。

また、本学を卒業して学士の学位を取得される方は、2018年度第1学期末で卒業できることが必要です(2018年度第2学期の卒業見込みで日本心理学会に仮申請をする場合は、仮申請をするまでに卒業見込み証明書の発行が可能であることが必要です)。

基礎科目(a.b.c領域)

基礎科目は、さらに a,b,c という3種の領域に分かれています。 そして認定にはこれら3領域それぞれから所定の単位数以上を修得し、合計で12単位以上の認定単位数を修得していることが必要になります。

◆a領域:心理学概論

この領域では、心理学を構成している主な領域について、全般的に学んでいるということが要件になります。
認定にはa領域で、4単位以上の単位を修得していることが必要です。
さらに、その4単位のうち2単位以上は基本主題である必要があります(副次主題は必ずしもなくても構いません)。

◆b領域:心理学研究法

心理学の実証的研究方法の基礎を学んでいることが要件です。
b領域にも、4単位以上の認定単位数が必要です。さらにそのうちの2単位以上は基本主題でなければなりません。

◆c領域:心理学実験

心理学の実験的研究の基礎を学ぶために、心理学の基礎実験、実習の経験を持っていることが認定要件です。
この領域だけは、放送授業で履修することが出来ず、必ず面接授業で単位を修得しなければなりません。
複数項目の実験、実習に実験者及び被験者(あるいは回答者)として参加し、その結果についてレポートをまとめた経験を持っていることが認定要件になります。
c領域では3単位以上の認定単位数が必要です。そのうち2単位以上は基本主題でなければなりませんが、どの面接授業が基本主題として認定されるのかは、日本心理学会が最終的に判断します。

また、それぞれの授業の中で同じ実験が重複して実施されてしまう場合があります。科目登録前に必ず講義概要を調べて、以前に受講した実験の授業と、全て実験課題が同じだったということが無いようにしてください。ただし、3単位のうち1、2の実験課題が重複してしまうという程度なら問題ありません。3単位分の授業の中で、基礎的な実験4課題以上含み、観察、調査、検査等を併せて異なる6種類以上の実験を行っていれば、問題はないとお考えください。

日本心理学会での資格審査の際には、b領域、c領域での授業内容が重視されます。そのため申請の際には、b領域、c領域のシラバス(授業概要)の提出が必要になります。

b、c 領域の科目のシラバス(授業概要)
放送授業及び2009年度以降の面接授業シラバス(授業概要)は、放送大学ホームページから印刷できます。

インターネットからダウンロードできない場合や、面接授業の古いシラバスについては、最寄りの学習センターでコピーを入手してください。(古いシラバスはお時間をいただくことがあります。)

選択科目(d.e.f.g.h領域)

選択科目はd~h領域という5つの領域に分かれており、資格取得するには、この5領域の中から任意の3領域以上で、それぞれ4単位以上の認定単位数があり、合計単位数が16単位以上であるということが認定要件です。

さらに、4単位のうち2単位以上は、基本主題で修得する必要があります。5領域のうち最低3領域に、4単位以上の単位があれば、残りの領域に単位がなくても、あるいは1、2単位しかなくても問題ありません。
選択科目の多くは、基本主題として認定されますが、選択科目でも中には副次主題となる科目もありますので、年度別資格取得対応項目一覧などで、必ずご確認ください。なお、できればc領域以外は、できるだけ放送授業で単位修得をしてください。

認定心理士の申請には、合計36単位以上の認定単位数が必要です。基礎科目では12単位以上、選択科目では16単位以上という認定要件がありますが、それだけではまだ36単位には達しません。選択科目は16単位に留まらず、できれば20~25単位程度を履修してください。
また、選択科目の単位は、学部で開設されている科目に加えて、大学院の科目でも申請可能です。どの科目が利用できるかについては、年度別資格取得対応項目一覧などでご確認ください。

その他の科目:心理学関連科目・卒業研究(i領域)

基礎科目、選択科目とは別枠でこのi領域があります。この領域の単位は修得しても、しなくてもどちらでも問題ありません。この領域が設けてある理由は、心理学には様々な研究領域があり、a~h領域までの領域に全てが収まるとは限らないからです。さらに、a~h領域のうちの2つの領域にまたがっていると判断される科目もあるからです。
なお、この領域には基本主題、副次主題という区別はありません。修得単位数が、そのまま認定単位数になります。

ただし、この領域も心理学科目だけしか該当しません。例えば、教育学や社会学などの科目を「内容が近いから」という理由でこの領域に入れることはできません。どの科目が資格取得に利用できるかについては、必ず年度別資格取得対応項目一覧などで確認してください。

さらにi領域には、卒業研究の単位(6単位)のうち4単位分が認定されます。
ただし、認定の対象になるのは、あくまで心理学の卒業研究です。「心理学の卒業研究」というのは、心理学者を指導教員として作成された卒業研究という意味です。指導教員が心理学者でない場合は、資格取得に利用できません。ここで、「心理学者」と判断されるのは、その教員がいずれかの心理学会の会員であるということです。

その他、注意したいこと

認定心理士は日本心理学会が認定している資格です。
資格取得の方法や申請書類については、日本心理学会が発行している「公益社団法人日本心理学会 資格申請の手引き 第4.1版」をご確認ください。
(日本心理学会のホームページはこちら

また、本学の冊子「平成29年度(2017年度)認定心理士資格取得の手引き」も併せてご確認ください。

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 大学
  • 大学院(修士課程)
  • 大学院(博士後期課程)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close

幼保特例制度(平成32年まで)
「特例制度」を利用して幼稚園教諭免許状の取得を目指す

看護系科目でキャリアアップ
院内研修のないクリニックに勤務。学ぶことで、焦りや不安がなくなりました

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ