ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

単位の認定基準(大学院博士後期課程)

基盤研究科目(特論及び研究法)

基盤研究科目は、レポートの審査に合格した者に対して、所定の単位(2単位)が授与されます。
基盤研究科目の成績は、(100点~90点)、A(89点~80点)、B(79点~70点)、C(69点~60点)、D(59点~50点)及びE(49点~0点)の6種の評語をもって表わされ、、A、B及びCが合格となります。

特定研究科目(研究指導)

特定研究科目は、3学年にわたり行われ、博士論文の審査及び口頭試問に合格した者に対して、所定の単位(12単位)が授与されます。博士論文の審査及び口頭試問の成績は、合格または不合格です。
したがって、特定研究科目の単位は、3学年にわたり博士論文を作成するための指導(研究指導)を受け、かつ、第3年次に博士論文を提出し、その審査及び口頭試問に合格してはじめて、12単位が一括して与えられます。

■再履修について
特定研究科目は、上記のとおり、博士論文の審査及び口頭試問に合格した者に対して、所定の単位(12単位)が一括して与えられるので、3学年にわたる研究指導を受けても、博士論文を提出しなかった場合、また、提出しても審査及び口頭試問に合格しなかった場合は、単位が授与されません。
なお、博士論文を提出しなかった場合や、提出しても審査及び口頭試問に不合格となった場合には、特定研究科目を継続して再履修する必要があります。再履修に伴う研究指導料は、博士論文の審査及び口頭試問に合格するまでの間、毎年1年間分(352,000円)が必要となります。

ここからカテゴリ内メニューです

入学案内
  • 電話でのお問い合わせ資料はお電話にてお受付しております。 043-276-5111 受付時間 平日/9:00~18:00 土曜日/9:00~13:00
放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 大学
  • 大学院(修士課程)
  • 大学院(博士後期課程)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close

院内研修のないクリニックに勤務。学ぶことで、焦りや不安がなくなりました

情報収集を徹底し、受験準備わずか半年で大学院に合格

大学を卒業し、大学院へ進学。医療現場で、妊婦さんや家族の心を支えたい

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ