学長メッセージ 地域貢献への取り組み 科目群履修認証制度
(放送大学エキスパート)
面接授業
(スクーリング)
地域貢献活動をする
学生の紹介

 

 

 

 

 

学長メッセージ

写真

 放送大学では、これまでも全国50地域に展開した学習センターを拠点として、さまざまな形で地域貢献を推進してきました。
これまでは、本学の特性を以下の3点にまとめ、それを生かした地域貢献事業を推進してきました。

   
1. 全国に展開する知の拠点(50か所の学習センター、7か所のサテライト)
2. 即戦力のある人材(約9万人の社会人学生とそれをサポートする880人以上の学習センター教職員)
3. 強力な教育情報システム(全国に展開する放送授業・面接授業・公開講演会など)

 

 本学の学生の多くは、様々な経歴を持ち、その経歴を生かして地域のリーダーとして活躍中の方々が多数おられます。また、学習センターにおいても、これらの方々の活動を支援し、さらにそれに続く新しいリーダーを養成するために、地域のニーズに応える地域貢献プロジェクトを継続的に実施してまいりました。

 

 私は、平成29年4月に本学の学長に就任し、本学の運営についての基本的な考え方、施策について説明し、大学の内外にご理解をいただくためVision’17を表明しました。
 この中のマスタープランにおいても、これまでの本学の地域貢献活動における取組を踏まえた学習センターの新時代という柱を立てて、「全国に散在する多様な能力を持つ学生と教職員の能力を、放送大学の特性を生かした教育・社会活動に今まで以上に積極的に統合し、総体としての放送大学という価値を付与することにより、各地方において充実した高等教育を受ける機会を確保し、日本全体の均衡ある発展に貢献することが重要な課題」であるとして、地域貢献活動への取り組みの重要性を示しています。

 

 本ページでは、地域貢献プロジェクト及び地域貢献活動を積極的に行っている本学学生を紹介することで、地域活動に興味のある本学学生に対して、学習センターの枠を超えた情報提供を行い、総体としての放送大学というネットワークの持つ価値を付与することによって、個別の地域貢献活動の一層の促進につなげたいと考えております。

 

 人生100年時代を迎える中で、各学習センターの学生の皆さんの中から、他の地域のプロジェクトや学生の活動を参考として、新たな視点で地域に貢献する人々が輩出し、本学が地域の発展にこれまで以上に貢献できるようになることを願っています。

 

 

平成30年3月 放送大学長 來生 新