学長メッセージ 地域貢献への取り組み 科目群履修認証制度
(放送大学エキスパート)
面接授業
(スクーリング)
地域貢献活動をする
学生の紹介
和歌山学習センター 平成29年度 URL:https://www.sc.ouj.ac.jp/center/wakayama/
プロジェクト名:続 食・遊・学びの子ども居場所づくりで地域で子そだち・子そだて支援―学びは生きる力―
1.プロジェクト概要
写真
チラシPDF
写真
チラシPDF
写真
チラシPDF

地域で子どもが心豊かに自らの力でのびのび育つことができるよう「地域で子そだち・子そだて支援」の創出を目指して取り組む。「子ども居場所づくり」活動の支援を行いつつこれに加え、「子どもの学び」を支援する取り組みを行う。「子ども学び支援」においては、安易に答えを与えるということはせず解決に至る学びのプロセスを重視する。自然との関わりやグループ遊びの中で課題に遭遇しグループあるいは独力で解決する、そのような食・遊・学びのおもしろ野外プログラムを体験する。学びに向き合う気持ちや気力を育て、学びは行動する力、生きる力となることを知るのを狙いとする。

地域リーダー塾(放送大学和歌山学習センター地域コミュニティ支援リーダー塾)の学生を主体に、放送大学客員教員、地域の大学教員・学生、退職教員等の協力を得ながらNPO、民間団体と連携・協力して次のことを実施する。

@ 「子ども居場所づくり」活動の応援を引き続き「子ども食堂」等において実施する。
A 「子どもの学び支援」をテーマとして専門研究者及び経験を持つ地域リーダー塾学生を講師とする公開講演会を開催し、そのあり方等について討論・意見交換をする。
B 食・遊・学びのおもしろ野外プログラムをかつらぎ町新城(和歌山県)において実施する。2014年度放送大学地域貢献プロジェクトにおいて発足した「山村留学の郷新城・美しむらづくりの会」と共同・連携して取り組み、「子ども食堂」等とも協力して行う。
C 地域リーダー塾学生によるハロー地域貢献を随時開催し、活動紹介と参加の呼びかけを行う。
D 「地域で子そだち・子そだて支援―学びは生きる力―」フォーラムを開催し、学び支援のある「子ども居場所づくり」への取り組みを目指す。地域リーダー塾学生も登壇し、発表と討論を行う。
E 報告書を作成して、取り組みの成果を公開する。

▲ページの先頭へ