学長メッセージ 地域貢献への取り組み 科目群履修認証制度
(放送大学エキスパート)
面接授業
(スクーリング)
地域貢献活動をする
学生の紹介
青森学習センター 平成30年度 URL:https://www.sc.ouj.ac.jp/center/aomori/
プロジェクト名:下北ジオパークにおける歴史・伝統・文化についての講演会開催
1.プロジェクト概要

青森学習センターは、下北ジオパークに協力して2回の講演会(2015年、2016年)を開催し、昨年は学長裁量経費により、ジオパークをサポートする人材の育成を目的とするシンポジウムを開催した。
今年度は、更なる下北ジオパークの活動の持続的発展と地域貢献に寄与するため、下北地域をフィールドとする民俗学者をお招きして、下北の中心のむつ市で講演会を開催する。
前回のシンポジウムで大森先生(放送大学)から、ジオパークの対象は地球科学の分野に限定されるものではなく、その土地の歴史、文化、伝統まで含むべきものであるとの教えを受けたことから、弘前大学の協力を得て、研究の連携協定を持つ国立歴史民俗博物館の教授、小池淳一先生に講演の内諾を得ることができた。小池先生は、青森県史編纂民俗部会長として県史編纂に携わった方で、最適な方に講演をしていただけるものと考えている。講演題目は「下北半島の民俗 --- 伝説と信仰の世界 --- 」を予定している。
ジオパークというと、とかく地球科学的な分野が対象と考えられるが、歴史や文化などを対象として含めることにより、知名度の高い恐山などを利用して、更にジオパークの認知度を上げることができるのではないかと考えており、この講演会がそのきっかけになればと考えている。

写真
チラシPDF
写真
チラシPDF
写真
チラシPDF
写真
パンフレットPDF
写真
パンフレットPDF

▲ページの先頭へ