学長メッセージ 地域貢献への取り組み 科目群履修認証制度
(放送大学エキスパート)
面接授業
(スクーリング)
地域貢献活動をする
学生の紹介
千葉学習センター 平成30年度 URL:https://www.sc.ouj.ac.jp/center/chiba/
プロジェクト名:「伝承のひろば」の地域開催を通じた地域リーダー育成プロジェクト
1.プロジェクト概要

本プロジェクトは、「学習センターの地域リーダー育成支援と地域貢献」を実現することを目的として、学外において複数のイベントを開催するものであるが、同時に「Vision’17」のアクションプラン(7)「学生参加と学びの共同体の実質化」に掲げられている「課外活動を通じて学生同士や学生と学習センター教職員が交流し、地域貢献をする機会をより充実させ、本学学生の自覚と誇りを高める」ことにも寄与するものである。
千葉SCでは宮野モモ子所長が就任した2013年以来、学生と地域社会の幅広い世代との相互交流促進及び地域リーダーの育成を目的として、2013,2014年には学長裁量経費によるプロジェクト「学びのつながり」を、2015年~2017年には所長裁量経費等のSC経費によるプロジェクト「伝承のひろば」を、宮野所長の主導のもとに実施してきた。
この結果、学生の自主的な地域社会との交流実績が学外から評価され、昨年度には両プロジェクトで大きな役割を果たしてきた3つの課外活動サークルなどを核とした学生グループが、2017年度「千葉市放課後こども教室事業」の業務を受託するなど、大きな成果を上げてきたところである。
今回申請するプロジェクトは、これまでの5年間の取り組みの集大成として、2013年以降多面的な相互交流を継続してきた福島県昭和村を現地訪問し、客員教員等による公開講演会、村民との相互交流イベント、小中学校への出前授業、小中学生との音楽交流イベントを開催するものである。
プロジェクトの実施にあたっては、奥会津地方に伝わるさまざまな伝承を双方向で共有すると共に、講師、学生と幅広い年齢層の地域に暮らす人々との交流活動から、伝承への理解を深め、共有できる時と場としてのコミュニティーを形成することを目指す。そのうえで学生が授業や課外活動で深められた教養に基づき、主体的に地域とかかわりを形成することのできるリーダーとして行動できるようにすることを目的としている。さらに、その後のSC内外での事業等において、本プロジェクトの参加で得られた力を発揮することを期待している。

以下、予定しているイベントの概要である。

11/11(日)
公開講演会第1部「住民参加・協働のむらづくり(仮題)」講師 関谷 昇
※ 終了後別会場にて意見交換会
公開講演会第2部「音の紙芝居「奥会津の語り部とともに」(仮題)」講師 横内陽子・兼古勝史
音楽交流会
(1)ピアノ演奏  西澤健治
(2)ヴァイオリン演奏  伊藤 誠
(3)合唱交流会 合唱 千葉SC合唱サークル 指揮 西澤健治、ピアノ 前島あや子 浜中康子

11/12(月)
小・中学生向け出前授業(50分×5講座、30分×4講座を開講)
 1時限(50分)        2時限(30分)
 お話と歌          音クイズ
 俳句            植物学系講義
 折り紙と数学(仮題)     生物学系講義
 昭和村CMづくり      民俗学系講義「俗信」
 楽器に触れてみよう(仮題)
小中学生との交流会
(1)ドラムサークル(打楽器による即興演奏交流)
(2)合唱交流会

▲ページの先頭へ