学長メッセージ 地域貢献への取り組み 科目群履修認証制度
(放送大学エキスパート)
面接授業
(スクーリング)
地域貢献活動をする
学生の紹介
広島学習センター 平成30年度 URL:https://www.sc.ouj.ac.jp/center/hiroshima/
プロジェクト名:広島の豊かな里海を守る人材育成プロジェクト
1.プロジェクト概要

<事業の目的>
環境保全に関する企画立案、制度設計、調査、解析などを行う環境コンサルタント、環境アセスメントの専門家に対する需要が急増している。広島をはじめ瀬戸内地域では、人々の里海であり生活に大きな影響を及ぼす「瀬戸内海」の保全に活躍できる人材が必要である。専門資格としては技術士、調査士、計測士、管理士、カウンセラー等々多種あるが、「放送大学」がこれら資格の取得とキャリアアップに寄与する機会の拡大を図る(事業3年計画平成29-31年度)。

<事業内容>

(1)資格取得に必要な科目提供と履修:コース専門科目、面接授業、公開授業を利用しての必要科目履修と単位取得。

(2)公開講座、公開講演会による情報提供と意見交換・交流。
(3)見学会・実習・研修を通じての現場・現状体験。

平成30年度計画は以下のとおりである。
(1)面接授業:2500272「広島県向島地区海洋生物実習」

2500140「瀬戸内の歴史遺産と文化資源」

2513960「循環型社会と資源・エネルギー」

2513943「魚の教養学」

2514060「海のバイオテクノロジー」(H30年度中国・四国ブロック公開授業)

(2)公開講演会
日時:平成30年12月16日(日)13:30~
会場:放送大学広島学習センター

●「広島湾・安芸灘海域におけるマイクロプラスチック汚染について」
(講師:日向博文、愛媛大学大学院理工学研究科 教授)

●「干潟生態系の現状と保全再生策」
(講師:浜口昌巳、瀬戸内海区水産研究所 生産環境部 干潟生産グル-プ長)

(3)見学会(平成30年12月ー平成31年2月):さとうみ科学館(広島県江田島市大柿町)

▲ページの先頭へ