学長メッセージ 地域貢献への取り組み 科目群履修認証制度
(放送大学エキスパート)
面接授業
(スクーリング)
地域貢献活動をする
学生の紹介
鳥取学習センター 平成30年度 URL:https://www.sc.ouj.ac.jp/center/tottori/
プロジェクト名:メンタルヘルス公開講演会の開催
1.プロジェクト概要

鳥取学習センターでは、10月21日(日)鳥取市駅南庁舎会議室において、在学生及び一般の方々を対象とした公開講演会を開催した。講演は、社会的に関心の高い「メンタルヘルス」を題材とし、当学習センター所属の客員教員を中心として計3名の講師の方々に専門的で興味深いご講演をいただいた。講演会は6時間の長時間であったものの、参加者の方々は、精神科医、社会保険労務士、臨床心理士の専門的見地による社会の実情・対応方法等を聴講するとともに、講演に組入れられたグループワークに熱心に取組んでいた。また、演習においては、補助員による実演も行なわれ、理解しやすく充実した講演会であった。

*実施体制(主催、共催、後援等)
主催:鳥取学習センター

*事務局体制(人数等)
鳥取学習センター:3名

2.プロジェクトの成果
本講演会には、当学習センター在学生及び一般の方々約40名の参加者があった中で、一般の方々の割合が高いという特徴があった。参加者の方々は、社会的に関心の高い、あるいは直面している「メンタルヘルス」について、強い関心を持っているものと推察できる。高等教育機関として、社会的な課題に対し専門的な情報発信を行うことにより、地域貢献に参画するとともに放送大学を知っていただく良い機会になったものと思慮する。
3.プロジェクトの課題
社会的に関心の高い講演会を企画しても、参加者が少ないことを危惧している。
この企画の実施に当たり、ちらし、ポスター、新聞、HP等を活用し県内市町村などに広く広報したところであるが、参加者は定員に満たず、他の事業等も含めどのような広報活動が効果的であるか検討していきたい。併せて、講演会の開催時期及び日程についても、今後の課題である。
4.今後の展開計画
今後も引き続き、学生及び地域の方々に関心のある公開講演会を計画し、放送大学鳥取学習センターの存在をアピールするとともに入学生増加の足がかりとしていきたい。
5.参加者の感想
・昨年「今日のメンタルヘルス」の科目を学んだので、今日の中村先生の講演ではさらに理解を深めることができて良かったです。浦木先生の演習の時間が短くなり残念でした。もっとたくさん演習したかったです。
・日常生活で何となく聞き逃している事柄についてはっきりと理解、認識ができました。今までの経験も踏まえてこれからの人生・人間関係を暖かく豊かに送って行こうと思いました。
6.写真
放送大学鳥取学習センター公開講演会
「心豊かに生きるために ~メンタルヘルスの視点から~」
日時:平成30年10月21日(日)13:00~17:00
会場:鳥取市役所駅南庁舎地階第5会議室
写真
中村講師(講演1)
写真
グループワーク
写真
門脇講師(講演2)
写真
浦木客員教員(演習)
写真
補助員(リラックス呼吸法、肩のリラックス法)
 
写真 写真
浦木客員教員

▲ページの先頭へ