学長メッセージ 地域貢献への取り組み 科目群履修認証制度
(放送大学エキスパート)
面接授業
(スクーリング)
地域貢献活動をする
学生の紹介
茨城学習センター 2021年度 URL:https://www.sc.ouj.ac.jp/center/ibaraki/
プロジェクト名:パートナーシップでよりよい未来環境を!!
1.プロジェクト概要

本学習センターに所属する社会人学生たちは、既に長年自発的に社会貢献に取り組んできている。中でも本学公認のサークルである「未来環境クラブ」はSDGs(持続可能な開発目標)を中心とした推進活動を行っている。一昨年度は、茨城大学地球変動適応科学研究機関、いばらき自然エネルギーネットワーク及び筑西市養蚕公民館「エコの会」との共催で茨城県立図書館ギャラリーホールにて、パネル展示、自然エネルギー活用機器展示及び実演を実施した。昨年度は一昨年度の活動を基礎にSDGsへの積極的な取り組みとして環境カルタを制作し、市民センターや教育機関に寄贈し、持続可能な社会の実現や啓発に活用いただくことを計画していた。絵札原画の作成を茨城県立水戸第二高等学校教育デザイン部の協力を得て同校の生徒たちに制作いただくことになっていたが、新型コロナ感染症流行のため、休校や授業実施の後学期への繰延べ等があり、制作が間に合わず、計画を断念するに至った。しかしながら原画については水戸第二高等学校で美術の時間に同校の先生の指導により制作され、質の高い絵ができあがっている。しかも読み札1枚当たり平均3点、計143枚の絵が用意された。今年度は原画を精選し、絵札と読み札の揃ったカルタの完成を期す。また同時に制作した環境カルタの意義やSDGsや環境問題を解説したパンフレットを作成し、小中学校を始め公的期間での活用に役立ててもらうこととしたい。

▲ページの先頭へ