16番目の授業「考古学・日本の古代中世―世界遺産・北の縄文文化を読み解く」放送大学(BS 231ch)にて12月18日(土)より放送! | 放送大学 - BSテレビ・ラジオで学ぶ通信制大学
ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業(調達関係)・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

  • お知らせ
  • 16番目の授業「考古学・日本の古代中世―世界遺産・北の縄文文化を読み解く」放送大学(BS 231ch)にて12月18日(土)より放送!

大学からのお知らせ

16番目の授業
「考古学・日本の古代中世―世界遺産・北の縄文文化を読み解く」
放送大学(BS 231ch)にて12月18日(土)より放送!

豊かな自然の恵みを受けながら1万年以上にわたり採集・漁労・狩猟により定住した縄文時代の人々の生活と精神文化を今に伝える貴重な文化遺産として、北海道・北東北の縄文遺跡群はユネスコ世界文化遺産に登録された。

農耕・牧畜と同時に定住化するのではなく、狩猟・採取・漁労だけで定住を確立した独自の生活形態。1万年以上も継続し、土器など高度な文化とともに独自の豊かな精神文化を作り出したこと。さらに近年の発掘や分析による多くの成果などを含めて、縄文文化の世界的な価値が高く評価されている。

世界の文化が農耕牧畜へと進む中で、なぜ日本列島では狩猟採取で定住化し、安定的な生活を続けることができたのか。人類の歴史を学ぶ「考古学」「日本の古代中世」の16番目の授業として、三内丸山遺跡の事例を中心に縄文の生活を読み解いていく。


左から
近藤 成一、岡田 康博、早乙女 雅博

出 演:近藤 成一(放送大学教授)、早乙女 雅博(放送大学客員教授)、
岡田 康博(青森県世界文化遺産登録専門監)

担 当:石橋 丈(プロデューサー)

放送日:12月18日(土) 20:15~、1月8日(土) 10:30~

BS放送の放送大学(BS231ch)よりどなたでも無料でご覧いただけます。上記日程以降にも再放送を行います。詳しくは放送大学ウェブサイト「番組表」(https://bangumi.ouj.ac.jp/bslife/)をご覧ください。

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士の学位取得]
  • 大学院を修了したい方[修士の学位取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
学生の声 close
  • 大学生になろう。
    放送大学で学ぼう。

    10代・20代の大学卒業を目指す方向けの特設サイト

  • 幼保特例制度(2025年まで)
    「特例制度」を利用して幼稚園教諭免許状の取得を目指す

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ