生活と福祉コース

生命、生活、社会をつなぐ学問を学ぼう

生活と福祉コースは、3つの『life』について学ぶコースです。3つの『life』とは、生命(いのち)、生活(くらし)、人生です。多くの分野が該当します。生命の不思議、遺伝子や健康や病気についてから、生活と福祉に関係する事項や法律・制度、家族や人間関係や人生のあり方について学ぶことが出来ます。また、看護師特定行為研修制度に対応する講義も提供しています。

身の回りの事象で誰もが経験する事柄を手がかりとしながらも、学問的な興味や関心を持って、学習から研究へと進んでください。さらに、最終学年には、「卒業研究」(選択科目)で論文を書くこと、また、このコースを卒業したら大学院で研究することなどにも、ぜひチャレンジしてください。

授業科目ピックアップ

レジリエンスの諸相-人類史的視点からの挑戦(’18)

レジリエンスとは危機や逆境に対して柔軟に適応あるいは回復する力のことをいいます。近年では、災害からの復興力や、感染症への対応力としてのレジリエンスに注目が集まっています。災害や感染症に限らず、現代社会が直面するさまざまな課題や危機にどのように向き合っていくべきかを考えるために、レジリエンスは重要な概念です。この科目では、人類史的時間をたどり、また、遺伝子レベルからヒト、社会、地球レベルまでを視野にいれたレジリエンスの諸相を検討します。

健康長寿のためのスポートロジー('19)

スポートロジー(Sportology)は、新しい学問で、スポーツ(Sport)に学問を意味する(ology)をつなげた造語です。スポーツにより、心身の健康を保持増進して、健康で活力に満ちた長寿社会を実現させるための学問です。

認知症と生きる(’21)

発症前の予防から看取りまでの個人のライフヒストリーやそこに影響を及ぼす支援者や社会の在り方を、時系列的に理解し、歳をとるとなりやすくなる認知症になっても、認知症と共に生きるために必要なことを、先駆的な取り組みをしている実践家の言葉を知ることによって学習します。

子どもの人権をどうまもるのか(’21)

人口構造と家族構造の変化の中で、わが国の子どもを取り巻く環境も変化し、多くの新たな問題が生じています。講義では、子どもの人権をまもるための社会的方策と具体的な実践について述べ、子どもの貧困、虐待、保育、障がいのある子どもへの支援、ひとり親家庭や若者の問題など関連する分野にも視野をひろげ多角的に子どもの問題を取り上げます。子ども家庭福祉関連施設や機関の現状、働く人々が抱える問題、歴史的考察、国連の動向や先進諸国の取り組みなどを紹介しながら、われわれが取り組むべき課題と解決策について、受講者とともに考えていきます。

授業科目案内

学びのケース紹介

ケース1

子育て後の学び直し

看護短大卒業後に勤めていた病院を退職したあと、子育てが落ち着き、大学で本格的に看護や医療の勉強をしようと考え、今後は大学院への進学も視野に入れている。

職業:パート・アルバイト
性別:女性
年齢:40代

学位を取得したい方におすすめの科目
苦手な基礎医学系科目を学びなおす
  • 人体の構造と機能('18)

  • 疾病の成立と回復促進('21)

心理・社会的な広い視点で看護や健康をとらえなおす
  • 健康と社会('17)

  • 健康への力の探究('19)

  • 社会福祉への招待('16)

大学院での研究を見据えて科学的な方法や研究の基礎を学ぶ
  • 社会調査の基礎('19)

  • 生活環境と情報認知(’20)

ケース2

学位取得によるキャリアアップ

学位を取得してキャリアアップしたい。

職業:ヘルパー
性別:男性
年齢:20代

学位を取得したい方におすすめの科目
社会福祉を体系的に学びたい
  • 社会福祉―新しい地平を拓く(’22)

  • 人間にとって貧困とは何か(’18)

  • 地域福祉の課題と展望(’22)

  • 子どもの人権をどうまもるのか(’21)

  • 高齢期の生活変動と社会的方策(’19)

  • 社会福祉実践とは何か(’22)

  • 社会保障の国際的動向と日本の課題(’19)

看護を深く学びたい
  • 看護学概説(‘16)

  • 基礎看護学(’16)

  • 在宅看護論(‘17)

  • 認知症と生きる(’21)

様々なテーマを総合的に受講したい
  • 社会福祉と法(‘20)

  • 死生学のフィールド(’18)

  • レジリエンスの諸相(‘18)

大学院の紹介

生活と福祉コースには大学院もあります。より知的探求をしたい方、社会人になってから取得を目指す方におすすめです。幅広い年齢の方が入学をされています。

教員一覧

石丸昌彦の顔写真
石丸 昌彦 教授
精神医学/精神保健学/臨床死生学/死生学

愛媛県出身。転勤族の息子として福岡から山形まで転々とし、おかげで全国各地の事情や方言に詳しくなりました。法学部を卒業したものの気が変わって医者を目ざし、当初は考えもしなかった精神科臨床を経て今は大学教員、まことに人生はわからないものです。

詳細情報へ
井出訓の顔写真
井出 訓 教授
老年看護学/認知症ケア

札幌は石狩川河口近くの茅屋に居を構え、夏はオフロードバイク 、冬はスノーボードに現を抜かしながら、肩肘張らずに「晴れ時々仕事」「全て楽しんだもん勝ち」がスタンス。夏の暑い日に飲むキンキンに冷えたソーヴィニヨンブラン、メンチカツ、松島花が好き。

詳細情報へ
大曽根寛の顔写真
大曽根 寛 特任教授
福祉政策/社会福祉法制

東京都出身。社会福祉やリハビリテーションの領域を政策学の側から分析することを中心的なテーマにしています。学生さんがこの分野を選択するときは、福祉やリハビリテーションの現場と接点を持ちながら学習することをお勧めします。

詳細情報へ
川原靖弘の顔写真
川原 靖弘 准教授
環境生理学/健康工学/認知科学

群馬県出身です。大学では、生理/生態学・メカトロニクス・環境情報学を専攻する研究室に所属していました。人の行動や生理情報および環境の変化を記録し,時空間情報として,ウェルビーイングの視点から生活に応用する研究をしています.

詳細情報へ
下夷美幸の顔写真
下夷 美幸 教授
家族社会学/家族政策論

生活保障の観点から、家族と国家の関係を問う研究をしてきました。家族というプライベートな領域で生じる問題が、その背後にある社会の制度・政策とどのように関わっているのか、という問題関心から、家族政策の研究を進めています。

詳細情報へ
関根紀子の顔写真
関根 紀子 教授
運動生理学/運動生化学/体力医学

秋田県出身。教育学部保健体育科修了後、博士課程では工学部情報工学科へ進み,医用工学を学びました。現在専門としている運動生理学分野に戻ってくるまでの間に経験した数々のことが、今現在の自分の研究に生きています。一つも無駄なことはなかったなと思います。

詳細情報へ
田城孝雄の顔写真
田城 孝雄 教授
内科学/公衆衛生学/地域医療学

急速な社会の高齢化による介護の問題や、地域の医療崩壊の危機を乗り越えることが出来るように、保健・医療・介護・福祉に関する課題・問題について、理性的、合理的に考え、自分が住んでいる地域社会(コミュニティ)で自律的に行動できる市民・専門職を育成することに貢献したいと考えております。

詳細情報へ
戸ヶ里泰典の顔写真
戸ヶ里 泰典 教授
基礎看護学/保健医療社会学

神奈川県川崎市出身。大学では看護を、大学院では健康社会学を学びました。今は健康生成論の立場で何が健康をつくるのか、すなわち健康要因の探求と、病いや障害とともに生きる人々の生活・人生と支援のあり方について研究をしています。

詳細情報へ
奈良由美子の顔写真
奈良 由美子 教授
リスクマネジメント学/リスクコミュニケーション論

都市銀行勤務、大阪教育大学助教授等を経て現職。生活の安全・安心に資することを目標に、現代社会におけるリスクと生活について研究しています。

詳細情報へ
山内豊明の顔写真
山内 豊明 教授
臨床看護学/臨床アセスメント学

医療看護実践場面における状況把握と臨床における推論、すなわちアセスメントを中心に研究を進めています。さらにそれらの成果を広く還元できるような教育研修体制の構築や整備に尽力したいと考えています。

詳細情報へ
山田知子の顔写真
山田 知子 教授
社会福祉学

私は仕事をしながら博士課程に進学し博士号を取得しました。仕事と両立させながら大学で学ぶことの大変さはよく知っています。忍耐強く強靭な精神力で乗り切ってください。学問とのすばらしい出会いを大切に。

詳細情報へ
吉村悦郎の顔写真
吉村 悦郎 特任教授
栄養学/生物無機化学/分析化学

福岡県出身です。大学では分析化学と生物無機化学を専攻しました。”食”だけにとどまらず私たちの身の回りの生活で生じていることは、化学をベースに考えるとより深い理解に繋げることができる考えています。

詳細情報へ