履修科目案内図 生活と福祉コース

学習の流れとして、原則として基盤科目→導入科目→専門科目→総合科目の順に履修することとなります。

ナンバリングレベル表示
科目区分 初級(10) 中級(20) 上級(30)
総合科目(400) 410 420 430
専門科目(300) 310 320 330
導入科目(200) 210 220 230
基盤科目(100) 110
区分 福祉系 健康系 生活系 共用 400総合 300専門 200導入 コース科目 410 音を追究す (ʼ16) 【人間と文化】 320 族と 高齢社 (ʼ17) 会と 320 物の 化と 多様 (ʼ17) 然と 220 社会統計学入 (ʼ18) 会と 210 社会調 査の (ʼ19) 会と 420  死生 ド(ʼ18)    420   (ʼ18) 410  社会福 祉と (ʼ20) 330  社会保 (ʼ20) 330  社会保障の 国際動 本の (ʼ19) 320  地域福 題と (ʼ22) 320  (ʼ19 320  在宅看護 (ʼ17) 320  看護管 理と 医療安 (ʼ18 320  災害看護 学・ 国際看護 (ʼ20) 320  生活環 境と 情報認 (ʼ20) 320  (ʼ21) 310  公衆衛 (ʼ19) 310  認知 症と (ʼ21) 310  食と (ʼ18) 310  看護学概 (ʼ22 310  基礎看護 (ʼ16) 310  全・ (ʼ20    310  人口減少社 会の (ʼ17) 230  (ʼ18) 310  (ʼ17) 320  (ʼ17) 320  (ʼ18) 320  家族問 題と 家族支 (ʼ20) 320  会の 家族変 (ʼ20) 330  (ʼ19) 330  精神疾 (ʼ20) 410  地域包 在宅医 (ʼ18) 310  (ʼ21) 310  高齢 期の 生活変 動と 社会的方 (ʼ19) 310  社会福祉実 (ʼ22) 220  (ʼ19) 220  社会福祉-新しい地平を拓く(ʼ22) 220  病の 立と 回復促 (ʼ21) 220  眠と (ʼ21) 220  不動産 (ʼ22) 220  病の (ʼ21) 220 生活環境情 報の 表現 (ʼ20) 210  生活経済 (ʼ20     210  健康と社 (ʼ17     210  健康への力の探 (ʼ19) 210  体の 造と (ʼ22) 210  (ʼ16) 210  循環 器の 健康科 (ʼ20) 210  感染 症と 生体防 (ʼ18) 210  健康長 寿 (ʼ19) 100基盤 110  動と (ʼ22 110  然科 (ʼ22 110  遠隔学 (ʼ21) 110  小学校外国語教育教授基礎 (ʼ17 110  法と (ʼ20 110  地理空間情 報の 礎と (ʼ22) 110  治の 識と (ʼ21 110  会と 業の (ʼ21 110  情報 (ʼ22) 110  問題解 決の 進め (ʼ19 110  (ʼ21 110  (ʼ18) 110  国際理 (ʼ19 110  (ʼ18 110  近な (ʼ18) 基盤 外国語科目については別掲 110   (ʼ22 110  演習初 (ʼ20 他コース開設科目ですが、卒業要件上 本コー して取り扱います。

履修科目案内図の見方

ナンバリングレベル表示
ナンバリングはカリキュラムを体系的に示すために用いているもので、数字の小さい方がより基礎的で、大きくなるにつれて専門性が高まるものです。
科目名の前の3桁の数字はナンバリングです。科目コードではありません。共用科目は他コース開設科目のうち、自コースの科目として取り扱うものです。選科履修生と科目履修生の方は、【】内のコース科目として表示されます。資格関連科目については、心理と教育コースのみ注記されています。