履修科目案内図 自然と環境コース

履修科目案内図 自然と環境コース

学習の流れとして、原則として基盤科目→導入科目→専門科目→総合科目の順に履修することとなります。

ナンバリングレベル表示
科目区分 初級(10) 中級(20) 上級(30)
総合科目(400) 410 420 430
専門科目(300) 310 320 330
導入科目(200) 210 220 230
基盤科目(100) 110
区分 宙・ 地球系 命・ 生態系 数理系 共用 400総合 300専門 200導入 コース科目 420 情報技 人間理 (ʼ20) 410 (ʼ16) 間と 410 色と (ʼ17) 理と 410 ルギ (ʼ19) 会と 330 (ʼ22) 320 地球 (ʼ18) 会と 320 (ʼ18) 320 覚の (ʼ20) 理と 310 (ʼ18) 310 食と (ʼ18) 活と 220 算の 学と (ʼ19) 220 社会統計学入 (ʼ18) 会と 210 環境問 方と 解決方法 (ʼ17) 会と 210 感染 症と 生体防 (ʼ18) 活と 210 体の 造と (ʼ22) 活と 420  (ʼ21) 320  球と 境の (ʼ20) 320  生と (ʼ19) 320  陽と 太陽 (ʼ18) 330  (ʼ15) 330  (ʼ21) 320   物の 化と 多様 (ʼ17) 320  微分方程 (ʼ17) 320  統計 (ʼ19) 320  学の (ʼ19) 320  線型代数 (ʼ17) 320  解析入 (ʼ18) 320  正多面 体と (ʼ21) 330  量子化 (ʼ19) 330  場と 時間空 間の (ʼ20) 330  量子物理 (ʼ21) 320  動の (ʼ19) 320  化学反応論 (ʼ17) 320  (ʼ20) 320  動の 物理演 (ʼ21) 310  物理演 (ʼ16) 310  生命分 子と 胞の 科学 (ʼ19) 220  理の (ʼ17) 220 理と 数学 (ʼ21) 220  化学 (ʼ22) 230  (ʼ17) 210  (ʼ18) 210  (ʼ22) 220  初歩からの宇宙の科学 (ʼ17) 210  イナ (ʼ21) 220  生物環 境の (ʼ16) 210  生物 (ʼ18) 220  演習微分積 (ʼ19) 220  入門微分積 (ʼ22) 220  入門線型代 (ʼ19) 310  気象 (ʼ21) 化学結合論-分子の構造と 100基盤 110  動と (ʼ22 110  小学校外国語教育教授基礎 (ʼ17 110  治の 識と (ʼ21 110  問題解 決の 進め (ʼ19 110  国際理 (ʼ19 110  然科 (ʼ22 110  法と (ʼ20 110  会と 業の (ʼ21 110  (ʼ21 110  (ʼ18 110   (ʼ22 110  遠隔学 (ʼ21) 110  地理空間情 報の 礎と (ʼ22) 110  情報 (ʼ22) 110  データサイエンス・リテラシ導入('22) 110  データサイエンス・リテラシ基礎('22) 110  データサイエンス・リテラシ心得('22) 110  (ʼ18) 110  近な (ʼ18) 110  演習初 (ʼ20 基盤 外国語科目については別掲 他コース開設科目ですが、卒業要件上 本コー して取り扱います。

履修科目案内図の見方

ナンバリングレベル表示
ナンバリングはカリキュラムを体系的に示すために用いているもので、数字の小さい方がより基礎的で、大きくなるにつれて専門性が高まるものです。
科目名の前の3桁の数字はナンバリングです。科目コードではありません。共用科目は他コース開設科目のうち、自コースの科目として取り扱うものです。選科履修生と科目履修生の方は、【】内のコース科目として表示されます。資格関連科目については、心理と教育コースのみ注記されています。