奨学金制度について

放送大学の学生に対する奨学金制度として、以下の2団体からの奨学金の応募を受けています。

独立行政法人 日本学生支援機構貸与奨学金

教養学部全科履修生及び大学院修士全科生、大学院博士全科生に対して貸与される奨学金です。
日本学生支援機構では、学力が優秀でありながら経済的理由により、修学困難な学生に対し、奨学金を貸与しています。
この奨学金は貸与ですので、原則として満了後に返還する義務が生じます。

このことについて、日本学生支援機構ウェブサイト「これから奨学金の返還を始める皆さんへ(動画)」新規タブで開くを事前に御確認することをお勧めします。

また、提出書類・添付書類について、記載不備・不足が生じますと日本学生支援機構に提出できない、又は日本学生支援機構から書類不備による不採用・採用取消し等が決定されることがあります。申請書類・採用後の提出書類については提出前によく御確認いただき、不備のないよう御提出願います。
貸与にあたり、連帯保証人及び保証人を指定いただくか、又は機関保証制度への加入が必要となります。
機関保証制度へ加入されると、連帯保証人の印鑑証明書等の提出書類は不要になりますが、保証機関への保証料が必要(通常は振り込まれる奨学金から差し引かれます)となります。
教養学部と大学院で、一部条件等が異なりますので、それぞれについて記します。

教養学部

対象となる学生

全科履修生で、奨学金の申請学期に面接授業を履修し、出席している方。

募集

各学期ごとに募集します。(例年4月下旬、10月下旬)

貸与期間

採用された年度限りです。

貸与額

第一種奨学生(無利子):年1回 88,000円
第二種奨学生(有利子):年1回 2万円~12万円から選択

申請手続き等

奨学金案内の配布や申請方法等については、各学習センターで案内をします。収入状況等申請には条件がありますので、詳しくはその際に配布する、日本学生支援機構「奨学金案内」等を参照してください。

大学院

対象となる学生

全科履修生で、奨学金の申請学期に面接授業を履修し、出席している方。

募集

修士全科生・博士全科生で奨学金の申請学期に研究指導を履修し、出席している方。

貸与期間

各過程の標準終業年限が終了する月まで、継続申請を行うことができます。申請を提出した学生については、大学内及び日本学生支援機構の審査を受けたうえで許可された場合、貸与期間が延長されます。

貸与額

修士課程 博士後期課程
第一種奨学金 50,000円または88,000円 80,000円または122,000円
第二種奨学金 月額 50,000円・80,000円・100,000円・130,000円・150,000円のいずれか

※第一種奨学金では、2種類の月額から選択できます。

申請手続き等

奨学金案内の配布や申請方法等については、学習センターで案内をします。収入状況等申請には条件がありますので、詳しくはその際に配布する、日本学生支援機構「奨学金案内」等を参照してください。

奨学生の在学猶予について

入学前に日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学生であった学生は、日本学生支援機構所定の「在学届」を期日までに所属学習センターに提出するか、インターネット(スカラネット・パーソナル)より手続きすれば、放送大学在学中の返還が猶予されます。スカラネット・パーソナルについては、日本学生支援機構ウェブサイト新規タブで開くよりご確認ください。 対象は、全科履修生、修士全科生、博士全科生に限ります。なお、「在学届」の有効期限は、全科履修生は1年間(年度末となる3月まで)となり、次年度以降も猶予を希望する場合は再度提出が必要です。修士全科生は入学後2年間、博士全科生は入学後3年間返済が猶予されます。(以降は毎年提出が必要になります)
また、既に返還中である場合は、引き落し口座の取り扱いについての注意事項がありますので、必ず日本学生支援機構へお問い合わせのうえ、指示を受けてください。

奨学金の返還について

日本学生支援機構奨学金については、大学・大学院を卒業・修了等の後に返還の義務が生じます。この返還金は新たな奨学生へ貸与する奨学金の財源となりますので、定められた期間内に必ず返還してください。 奨学金を延滞した場合は、延滞金が課され、文書・電話等による督促が行われます。長期の延滞者には民事訴訟法に基づく法的措置がとられることになります。詳細は、日本学生支援機構ウェブサイト新規タブで開くで確認してください。

公益財団法人 北野生涯教育振興会奨学金

公益財団法人北野生涯教育振興会(北野財団)では、生涯学習という観点に立ち、新たに知識を吸収しようとする学習意欲のある社会人を対象に、以下の要件の下奨学援助をしています。

対象となる学生

  • 4月入学の教養学部選科履修生

  • 4月入学の大学院修士選科生

  • 4月入学の大学院修士全科生
    (28歳以上(4月1日現在)、または現在職業に従事し、実務経験3年以上(通算でも可))

給付額等

  • 教養学部選科履修生及び大学院修士選科生
    1名あたり一律年額70,000円です。(返還の必要なし)

  • 大学院修士全科生
    1名当たり一律300,000円です。初年度7月に150,000円を、残りの奨学金150,000円は卒業年3月に開催の「成果発表会」後に支給されます。(返還の必要なし)

給付条件

  • 教養学部選科履修生及び大学院修士選科生
    第1学期末に「状況報告書」及び2学期末に成果をまとめた「論文」の提出があります。

  • 大学院修士全科生
    初年度に「状況報告書」及び修了時に成果をまとめた「論文」の提出があります。

申請手続き

申請手続きやご質問は、直接、北野生涯教育振興会へお問い合わせください。