設立趣旨

設立の趣旨・目的

放送大学学園法は、放送大学の設置及び運営に関し必要な事項を定めることにより、大学教育の機会に対する広範な国民の要請にこたえるとともに、大学教育のための放送の普及発達を図ることを目的として制定されました。

放送大学学園は、同法に基づき設立された学校法人であり、放送大学を設置し、放送による授業や、全国各地の学習者の身近な場所において面接による授業等を行うことを目的としています。

放送大学には学部及び大学院を置き、次のように目的を定めています。

  • 各専門分野における学術研究を通じて新しい教養の理念を追求し、放送を活用して大学教育を行い、併せて広く生涯学習の要望に応えること(放送大学学則)

  • 生涯にわたって学ぶ意欲を有する学習者に対し、学術の理論及び応用を教授し、その深奥を極め、又は高度の専門性が求められる社会的役割を担うための深い学識及び卓越した能力を培うことによって、文化の進展並びに社会と地域の発展に寄与すること(放送大学大学院学則)

シンボルマークについて

放送大学シンボルマーク
  • 知識を吸収し、集約し、人格形成され、外に向かって上昇していくことを表す。

  • 多数の人々が教育をうける機会を表す

  • 白は知識の吸収を、ブルーは人格の形成を表す。

(制作 永井 一正氏)