親ががんになったとき・子どもと家族を支える | 放送大学 - BSテレビ・ラジオで学ぶ通信制大学
ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
サイト共通メニュー
本文
カテゴリ内メニュー
  • 企業(調達関係)・学校関係者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 在学生の方へ

ここからサイト共通メニューです

ここから本文です

研究室だよりVol.22 小林真理子准教授(心理と教育コース・臨床心理学プログラム)
親ががんになったとき・子どもと家族を支える

子どもサポートプログラムについてのポスター発表(日本緩和医療学会2013.6月)。
右側は共同研究者の村瀬有紀子氏(東京医科歯科大学附属病院小児科)。

がんに罹患する人々は年々増加の一途をたどり、その中には子育て世代のがん患者さんも多く含まれています。親の庇護が必要な子どもを育てている最中のがん治療は、どれほど子どもを含めたその家族に衝撃を与えることでしょう。

発達途上の子どもにとって、親ががん患者であることの与える影響は大変大きいと思われます。長期にわたるがん治療のさまざまな段階で、家族に起きている状況を子どもにどう伝え、どう支援していくのかが大きな課題となっています。子どもは大人が思っている以上に敏感に状況を察知し不安を感じてしまう一方、大人が思っている以上に困難を乗り越えていく力を持っています。親のがんという体験を共有するなかで、家族のきずなは深まっていくでしょう。それを可能にするために、ご家族と周囲の人々が連携していくことが望まれます。

私の専門は臨床心理学ですが、これまで数名の共同研究者と共に、親のがんをお子さんに伝えるための絵本を作成したり、伝えた後のサポートの一つとして子どもグループの実践を行ったりしてきました。また、子どもが多くの時間を過ごす学校との連携をめぐっていくつかの調査を実施し、学校における支援に役立てるための冊子を作成し配布してきました。今後、新たな実践や調査も加え、がん患者さんの子どもと家族への支援に関する家庭・学校・医療機関をつなぐ支援リソースの開発を続けていきたいと思っています。2016年度に開講する『心理臨床と身体の病 (’16)』の中で、トピックスとして本テーマも取り上げています。関心がおありの方はご覧ください。

ここからカテゴリ内メニューです

放送大学とは close
  • 放送大学で学ぶ6つの魅力
  • どんな人が学んでいるの?
  • 学習方法は?
  • インターネットを活用した学び方
  • 大学院で学ぶ6つの魅力
目的別に探す open
  • 学位に関係なく、好きな科目だけ履修したい方
  • 大学を卒業したい方[学士号取得]
  • 大学院を修了したい方[修士号取得]
  • 心理学を学びたい方
  • キャリアアップしたい方[現職教員]
  • キャリアアップしたい方[看護師、准看護師]
  • 放送大学で目指せる資格
科目を探す close
  • 授業科目案内(大学・大学院)
  • 科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)
学生の声 close
  • 大学生になろう。
    放送大学で学ぼう。

    10代・20代の大学卒業を目指す方向けの特設サイト

  • 幼保特例制度(2025年まで)
    「特例制度」を利用して幼稚園教諭免許状の取得を目指す

学費(授業料、入学料) close
  • 大学
  • 大学院
ページの先頭へ